40代の起業、何をすれば上手くいく?【心得】

どうもカルマです。

今回は40代の起業について
見ていきたいと思います。

40代と言えば会社でも中堅どころで
働き盛りの年齢です。
社会人生活も20年を越え、経験の面
でも脂がのってる世代です。

起業する際の抑えておくべき心得に
ついてまとめました。

この記事を読めば
・40代の起業、何をすれば上手くいく?
・40代の起業のステップは?
が分かります。

40代の起業、何をすれば上手くいく?

40代は難しい世代です。

会社の中では、ある程度出世争いも結果が
見えてきてしまい、収入格差も生まれて
きています。

中間管理職として上と下の板挟みで
苦しんでいる人もいると思います。

また、人生においても半ばを過ぎ、
人生折り返しということで、残りの人生
についても意識しだす時期です。

結婚して子供がいれば、ちょうど思春期
真っ盛りで悩みも尽きないかもしれません。

学費もかかりますよね~?!

人によっては親の健康状態に不安を
覚えたり、介護が必要になったりと
人生の中でも濃い時期じゃないでしょうか?

多分自分の人生を見つめ直す機会も
増えると思います。

そんな40代で脱サラして”起業”を志す
人も多くいます。

今の自分の置かれている状況にある意味
見切りをつけ、人生を大きく転換してやろう
と勝負に打って出る・・・

もしくはやるなら今が最後のチャンスと
自分の夢に真剣に向き合い始める・・・

一度きりの人生ですから、チャレンジする
ことは素晴らしいことだと思います。

ただ、守るべきものが多い40代です。

全てがおじゃんにならないためにも感情に
流されず、クレバーに準備を進めるべきです

具体的には、まず整えるべきものが
3つあります。

一つ一つ見ていきましょう。

お金

あなたがやりたい仕事はどのくらいお金が
かかるのか?具体的に考え、資金を準備
しましょう。

家庭があって子供がいれば、経済的に一番
お金がかかり余裕が無いかもしれません。

そういう場合でも副業をしたり、週末起業
という形でスモールビジネスを起業したりと
手はあるはずです。

インターネットが普及したおかげで
そういう点ではいろいろ可能性があります。

ブログサイト運営アフィリエイトなどは
初期費用もほとんどかからず上手くいけば
大きく稼げるのでおススメです。

やりたいビジネスについて精査

サラリーマンで毎月安定した収入を得ながら
ビジネスの構想を練ったり、実際に市場調査
を行ったり、ニーズがあるか探ったり、その
ビジネスの将来性について考察したりと
ありとあらゆる角度からやりたいビジネスを
精査し、具体的な形にしていくことです。

この準備の質いかんで、起業の成否が決まる
と言っても過言じゃありません。

出来れば、すでにそのビジネスで成功を
おさめている人に師事してアドバイスを
もらえる環境を作ることをおススメします。

客観的にあなたのビジネスを見てくれる
”目”を持つ事は大事です。

成功の秘訣は、「成功者のやり方を徹底的に
真似する
」ことです。

健康

何をやるにも身体が一番の資本です。

サラリーマンならば、体調を崩して会社を
休んでも、お給料はもらえますが、
起業したら働いて収益を生み出さなければ
収入はゼロです。

そういう意味でもより一層の”自己管理
能力が求められます。

運動不足なら、運動する習慣づけをしたり、
お酒、たばこをやめたりして健康状態を
ベストにすることを意識してください。

今までの悪しき習慣を一掃するぐらいの
気持ちが無いとダメです。

40代の起業のステップは?

次に40代の起業がスムースにいくための
ステップについて解説します。

ステップ1 やりたい事を考える

それが本当にあなたのやりたい事なのか?
じっくり考えるべきです。

何故なら、起業して自分でビジネスを
やっていくには、かなりのバイタリティを
必要とするからです。

そのバイタリティの源泉となるのが、
本当にやりたい事”だからです。

まずはどんなやりたい事があるのか?
紙に書き出してみるといいです。

これはビジネスに関わらず、起業すること
で実現したい生活でもいいです。

要はどういう自分に将来なりたいか?
お金を稼いで何をしたいのか?
ということです。

下世話になっても構いません。

あなたの気持ちに正直に本音の部分を
書き出すことが重要です。

ステップ2 具体的にビジネス構想を練る

これはかなり重要な部分です。

金銭面マーケティング面集客手段など
出来る限り具体的に構想を練りましょう。

これをやる時のポイントは2つあって
まず一つ目は「必ずサラリーマンを
やりながらやること

もう一つは「第三者に客観的に見てもらう
こと
」です。

一つ目の「サラリーマンをやりながら~」
というのは、安定した収入、生活を確保した
状態で腰を据えてやってもらいたいからです

なんなら本業の方は半自動運転的に淡々と
こなすだけでもいいと思います。

そして余暇時間を利用して全力で起業準備に
取り組むということです。

二つ目の「第三者に客観的に~」というのは
独りよがりになりがちな計画を冷静な目で
見てもらい軌道修正を行うということです。

この際の「第三者」はサラリーマンでは
ダメです。

あなたが実現したい未来を既に実現している
起業家が最適です。

ステップ3 家族の理解を得る

40代で起業しようとすると、十中八九家族
の反対にあうと思います。

子供がいれば、子供の教育にも関わってくる
ので、安定した収入を捨てるということは
なかなか受け入れてもらえないと思います。

でも、やはりビジネスを自分でやっていく
には、家族の理解は不可欠です。

ある程度、副業的に始めてみて収益を安定
させてから話すと、少しは説得力が増すかも
しれません。

ステップ4 現在の会社を円満に辞められるように根回し

起業の準備の進捗状況に合わせて、会社や
周りにすこしずつ「辞めるかも・・・」
ということを匂わせておくと良いと思います

理由は、別に正直に言わなくてもいいと
思います。

例えば
「両親の面倒をみるために田舎に帰るかも」
「家業を継がなきゃならないかも」などなど

円満に会社を辞めて、そこに余計な
エネルギーを使わなくて済むようにした方が
いいでしょう。

まとめ

①40代の起業にあたり整えるべきものは
お金
やりたいビジネスの精査
健康
の三つがあります。

②40代の起業のステップは
(1)やりたい事を考える
(2)具体的にビジネスの構想を練る
(3)家族の理解を得る
(4)円満退社の根回しをする
があります。

いかがでしたか?

守るべきものが多い40代・・・。
起業をするなら、絶対に成功しなければ
なりません。

その為の準備をあせらず着実に行動に
移していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする