脱サラ農家離婚の3大原因は?

どうもカルマです。

脱サラして農業をやる!

そう夫が言ったら、あなたはどうしますか?

青天霹靂のような発言だった場合は
混乱しますよね?!

最悪離婚問題にまで発展してしまう
こともあるようです。

今回は、脱サラ農家の離婚原因について
見ていきたいと思います。

あくまで一般論ですので、参考程度に
読んでくれたら幸いです。

脱サラ農家離婚の3大原因は?

脱サラ農家離婚」とググると、様々な悩み
相談が寄せられています。

読んでいくと大体以下の3つの原因がある様に
感じました。

1・夫婦間の話し合い不足
2・経済的な不安定さと見通しの甘さ
3・理想の家族像のズレ

それぞれ深掘りしていきます。

夫婦間の話し合い不足

サラリーマンの夫がいきなり農業をやりたい
と言ったら、妻は驚きますよね?!

「何を夢みたいなこと言ってるの?」
「子供がこれからお金かかるのに・・」
「収入が不安定になるし、失敗したら
どうするの?」
「そもそも農業なんてできるの?」
「農家の手伝いなんかまっぴら!無理!」

まったくごもっともな意見です。

一番悪いのは、農業をやることを決める前に
妻に全く相談をしてこなかった夫です。

でも、逆に妻の方も普段から夫の話を聞いて
あげるような関係性を築いてこれたか?

という見方も出来ます。

もちろん、妻が一方的に悪いと言っている
わけではありませんが、一般的に男性は
女性に比べてコミュニケーション能力が低い
ので、その辺は少し理解が必要かな?!と
思うわけです。

男性は、思っていることを言葉にすることが
苦手な生き物です。
逆に行動することは得意です。

そのため、上手く言い出せず、その一方
行動はコツコツと進めていて・・・

ある日唐突に(夫にとっては唐突でない
農業やりたいんだけど・・」と衝撃の発言を
するわけです(笑)

困ったものです。

多分、言い出す機会は
ずっと伺っているんです。
でも、言い出せないでずるずると・・・。

妻の方にも普段から夫が何か思い悩んでいる
様子はないか?少しだけ気にしてあげた方が
いいのかもしれません。

逆に「何か悩みでもあるの?」
聞き出してあげるくらいじゃないと
男性はなかなか口を開きません。

「何を甘えたことを!」
「夫に構っている暇はない!」

という声も聞こえてきますが・・・

せっかく縁があって結婚したのですから
出来れば別れたくないじゃないですか?!

経済的な不安定さと見通しの甘さ

農業は、自然が相手の仕事です。

その為、天候や自然災害などが収入に大きな
影響を与えます。

台風や地震などによって収入がゼロに
なってしまったなんてニュースでもよく
やっていますよね?!

また、そういうリスクを少しでも避ける
経験”というものが大きくモノを言う
仕事とも言えます。

なんとなく
「田舎でのんびり農業でもやりながら
スローライフを満喫したい」
「無農薬野菜で食の安全を守りたい」

なんて志で出来るものではありません。

それなら家庭菜園や週末に趣味で畑いじり
するので十分です。

まず、初期投資額はそれなりに巨額に
なります。
どの程度の規模でどこでやるのか?
新規就農支援はあるのか?

(正直、これが無い地域での就農は無理・・)
これらの条件によって金額は変わってきます。

また、最初の収穫までの期間は基本お金は
出ていく一方で収入はゼロです。

そして最初の収穫で計画通りの収穫が
見込めるとは限りません。

一種ギャンブルのような要素が無いとも
言えません。

理想の家族像のズレ

農家は基本365日ほとんど休みが
ありません。

”雨の日が休み”みたいな働き方をしている
農家も少なくありません。

決まった休みがなく、もちろん長期休暇も
ない・・・。

もし、あなたの理想とする家族像が
毎年家族旅行をしたり、子供のイベントには
必ず親も参加するような感じだとしたら
農業ではかなり厳しいと言わざるを得ません。

とにかく自然相手なので一時も気が抜けない
わけです。

下手すると収入がゼロになってしまう可能性が
常にあるわけですから・・・。

この辺の考え方のズレは結婚生活の根本を
揺るがしかねない問題
なので、十分な
話し合いとお互いの納得が必要になってきます

まとめ

農業に限りませんが、転職など人生の大転換の
事柄に関しての話し合いは、普段からの
コミュニケーションが出来ているかどうか?

が何より大事です。

これは一朝一夕で出来るものではないので
普段から何でも話し合える関係を築いていく
ことが重要です。

その際は、是非妻の方がリードしてあげて
ください。

”青天の霹靂”発言をされないためにも
・・・(笑)

では!
この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする