【脱サラ】農業収入と税金のお話

どうもカルマです。

今回は農業で得た収入にかかってくる税金
ついて見ていきたいと思います。

また、確定申告の際の注意点なども併せて
見ていきます。

この記事を読めば・・・

・【脱サラ】農業収入と税金のお話
・確定申告は青色申告がおススメ
・新規就農で気をつけなればならないポイントは?
・法人化した方がいいの?メリットは?

が分かります。

【脱サラ】農業収入と税金のお話

農業で得た収入の扱い方は?

農業で得た所得は基本的に「事業所得」に
分類されます。

まだ試作的な出荷で継続性が無い場面では
雑所得」に分類することも可能ですが、
メリットはありません。

事業所得」の方が「雑所得」よりも
所得税の面で優遇されるからです。

農業における経費とは?

農業における「経費」として計上出来る
項目はしっかり把握しておきましょう。

大きく分けて6種類に分類されます。

税金、保険料など

固定資産税、減価償却資産税

自動車税、重量税(軽トラなど仕事用車両)
自賠責保険料
*交通違反の罰金は対象外

その他任意保険料

*住民税、所得税対象外

栽培関係

種苗費、肥料費、素畜費、飼料費

農薬費

農具費

栽培補助関係

修繕費(農機具や自動車、建物など)

動力水道光熱費(ガソリンなど)

作業用衣類費

減価償却費

10万円以上の機械などは一括で経費計上
しないで何年かに分けて計上する

・・・減価償却

具体的には・・・

建物、トラクターなどの農業機械
軽トラなどの自動車

牛豚などの動物

事務用のパソコン

などなどです。

人件費、その他雑費

人件費

土地代(ローン)、貸借料

その他雑費(事務用品、梱包用品など)

通信費(電話、インターネットなど)

研修費

農業研修費

町内会費

協会費

仕事関係の冠婚葬祭費

確定申告は青色申告がおススメ

確定申告の際、青色申告白色申告
2種類があります。

節税の観点からも青色申告を
おススメします。

青色申告と白色申告・・・何が違うの?

青色申告と白色申告とは提出する紙の色
の違いからこういう名前になっています。

青色申告

手続きが面倒で提出書類が多いのと複式簿記
による帳簿の記帳が必要ですが、控除額が
大きく、節税効果も高いので農業を事業として
やっていくのであれば一択です。

白色申告

手続きが簡便というメリットはありますが、
節税効果などは殆どありません。

今は、簡単に青色申告が出来るソフトなど
もあるので、青色申告で申告することを
おススメします。

新規就農で気をつけなればならないポイントは?

農業の特徴として、開業してもすぐに所得を
得られるわけではありません。

作物などの種を植え、育成し、収穫して
はじめて収益生まれます。

収益化まで半年~1年以上のタイムラグがあり
その間は無収入です。

その間の生活費はもちろん事業費、税金など
準備しておく必要があります。

法人化した方がいいの?メリットは?

法人化のメリットはいろいろあります。

対外的な信用力が上がる

借り入れの際の枠も大きくなる

社会保険への加入が義務づけられている
⇒保険料の額が給料基準になるので
(国民健康保険は前年収入基準)負担が減る
ケースもあります。
収益が少ないうちは助かるはずです。

赤字の繰り越し個人だと3年法人だと
9年出来る

節税効果が高い
⇒例えば、あなたの給料も経費計上出来ます。
個人の場合は、あなたの取り分全額が
課税所得額になってしまいます。
また、家族を役員として給料を経費計上する
ことも可能です。

農地継承がスムースに出来るようになる
⇒農地を個人所有にしていると相続する際に
手続きが面倒になってしまいます。
法人の資産としておけば、土地自体の所有権
の移動が起こらないのでスムースです。

まとめ

農業で得た所得は基本的に「事業所得」に
分類されます。

農業における「経費」として計上出来る
項目はしっかり把握しておきましょう。

③確定申告の際、青色申告と白色申告の
2種類があります。
節税の観点からも青色申告
おススメします。

④農業の特徴として、開業してもすぐに所得を
得られるわけではありません。
その間の生活費はもちろん事業費税金など
準備しておく必要があります。

⑤法人化のメリットはいろいろあります。
特に信用面節税面などでメリットが
大きいです。

農業をやる際の税金に関するポイントは
わかりましたでしょうか?

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする