【副業】確定申告のやり方 ヤフオクなどネットオークションの場合

どうもカルマです。

最近はネットを使った副業で収入を得ている人も増えてきています。

そこで気になってくるのが、税金ですよね?!

会社などの給料と違って、ネットで稼いだ収入はあなたが確定申告しなければ”脱税
になってしまいます。

でも、なんでも全て申告しなければならないわけでもないようです。

その辺りも見ていきたいと思います。

この記事を読めば・・・
・ネットオークションで確定申告が必要なケースは?
・確定申告で経費の計算方法は?
・副業の確定申告はいくらから?

が分かります。

ネットオークションで確定申告が必要なケースは?

ネットオークションでは、お客さんの入札で価格を決めるので、意外に高値で売れたり
するのが醍醐味ですよね?!

ネットオークションでモノが売れた場合気になるのは「これって税金かかるの?
ってことです。

基本的にネットオークションで得た収益は「事業所得」となります。

但し、モノの種類によっては非課税となるモノがあります。

それは「生活用動産」と呼ばれるものです。
生活用動産」とは「家具や衣服など生活に通常必要なもの」と定義されています。

以下のモノは課税されますので注意してくださいね。

一個又は一組の価格が30万円を超えるもの
貴石
半貴石
貴金属
真珠
べっ甲製品
さんご製品
こはく製品
ぞうげ製品
七宝製品
書画
骨董品
美術工芸品

確定申告で経費の計算方法は?

ネットオークションを本業としている人、副業でお小遣い稼ぎでやっている人・・・
様々だと思いますが、これは税金とは関係ありません。

あくまで税金は収益に対してかけられるので、本業、副業は関係ありません。

但し、上記の通り「生活用動産」は非課税となります。

確定申告の際、税金がかかるのは正確には「収入」に対してではなく「所得」に
対してです。

つまり、「所得」=「収入」-「経費」ということなので、「経費」を引いて
実際に手元に残った「所得」に税金がかけられるというわけです。

経費」とはどういうものかというと、例えば、運送料であったり梱包資材費
オークション手数料インターネットの通信費なども含まれます。

但し、インターネットの通信費などは全てではなく、どの程度その事業に
使用しているかの割合によって決まります。

これはどうやって決めるかというと、基本的にあなた自身が決めるわけですが、
税務署で説明を求められたときに論理的に納得される説明ができるように
準備しておく必要があります。

また、ネットオークションの売り上げは、銀行に振り込まれることになると思うので
通帳は生活用の通帳と別に用意した方がいいでしょう。

副業の確定申告はいくらから?

副業の確定申告が必要な所得額は明確に決められています。

これは、もちろんネットオークションの所得額も含まれます。

副業で年間所得20万円以上」が確定申告の必要性の有無のボーダーライン
となります。

ちなみに、本業の場合は「年間38万円以上の所得」について税金がかかります。

これは基礎控除額が38万円の為です。
38万円以下の所得は税金を免除されるという意味ですね。

話を戻すと、副業でも年間20万円以上の所得があれば、自ら申告しないと”脱税”
になってしまうということです。

”脱税”は立派な犯罪なので・・・
念のため・・・。

ちなみにネット上の収益などの情報は税務署に完全に把握されているので
ごまかそうと思っても無理です。

もし、会社が”副業禁止”でバレるとマズイ場合は、会社にバレずに確定申告する方法が
ありますので以下記事をご参照ください。

【副業】会社にバレない金額はいくら?バレない方法は?

【副業】バイトの税金対策出来る?

まとめ

①ネットオークションで税金が
かかるのは・・・
一個又は一組の価格が30万円を超えるもの
貴石
半貴石
貴金属
真珠
べっ甲製品
さんご製品
こはく製品
ぞうげ製品
七宝製品
書画
骨董品
美術工芸品

などになります。
家庭の不用品や服などの「生活用動産」と呼ばれるものは非課税となっています。

②確定申告が必要な「所得額」は副業の場合、年間所得20万円以上
本業の場合、年間所得38万円以上となっています。

「所得」=「収入」-「経費」となっています。

いかがでしたか?

お金を稼ぐことと税金は切っても切り離せません。

その辺の知識は、しっかり押さえておきましょう。