ブログ書けない時の処方箋~クヨクヨ悩む前に読んでみて!~

どうもカルマです。

アフィリエイトに取り組む際、
あなたのメディアを作るのは必須と
なります。

それはブログであったり、動画であったり
しますが、よく言われているのが
「アフィリエイトは作業を継続さえしていれば
必ず稼げるようになる」という言葉です。

でも、この「継続」って奴は意外に
難しかったりするんです。

継続すれば稼げると分かっているのに出来ない
というのは何故か?考えてみました。

この記事を読めば
「悩みを整理する方法」
「あなたが見ているものは○○で決まる」
「客観視してみよう!~自己嫌悪の正体」
「思い込みを捨てるための思考法」
「ブログ書けない負の連鎖を断ち切る考え方」
が分かります。

悩みを整理する方法

あなたは悩みってありますか?
「なにバカな質問を?」って思うかも
しれません。

そうですよね?!悩みの無い人なんていないと
思います。

どんな大金持ちでも、絶世の美女でもみんな
悩みってあるんです。

人間ってそういうものらしいです。
現状を常に不安に感じ、悩み、それを
乗り越えようとすることで人間は生き残って
これたと言われています。

そうは言われてもやっぱり毎日ささいなことで
落ち込んだり、悩んだりしてしまいますよね。

そんな悩みに対する対処法というか、ちょっと
気持ちが楽になる考え方を今回はご紹介したい
と思います。

実は悩みに対する対処法って結構みんな自己流
なんですよ。学校では教えてくれないし、
日本ではあまりカウンセリングを受ける習慣
もありませんよね?!

自己流でも上手く対処できる人もいるんです
けど、そうでない人も大勢いると思います。
いずれにしても自身のメンタルに向き合う
という行為はとても意味のあることだと
思います

まずは「悩みを整理する方法」です。

あなたにもいろいろ悩みがあると思います。

例えば、ブログ記事を書くことに関する悩み
としては・・・
「ブログ記事が書けない」
「記事が上位表示されない」
「会社が残業続きで記事を書く時間がない」
「こんな下手な記事を書いて大丈夫か?」
などなど・・・

どれもこれも誰でも感じたことのある悩み
ではないでしょうか?

でも、例えば上の4つの悩みを全部クヨクヨ
悩んで「やっぱ、僕はダメだ~」となる前に
悩みを一旦整理してみて欲しいのです。

なんでもかんでも悩むんじゃなくて
「これって本当に僕が悩むことなのか?」
と考えて欲しいのです。

その判断基準となるのが、この悩みが
あなたがコントロール出来るものか?
それとも「コントロール出来ないものか?
ということです。

上の例で言えば
「ブログ記事が書けない」
→なんで書けないのか悩みましょう!
「記事が上位表示されない」
→あなたが悩んでも仕方ない。
でも、試行錯誤は大事。
「会社が残業続きで記事を書く時間がない」
→残業があなた個人のせいでないなら悩む
必要なし。
「こんな下手な記事を書いて大丈夫か?」
→下手かどうかは読者が判断すること。
反応が悪かった時点で改善してけばいいだけ。

こういう風に考えると、実は本当にあなたが
悩むべきことって半分くらいになっちゃったり
するんです。

あなたが見ているものは○○で決まる

よく「目で見えているものが全てじゃない」
とか言いますよね?!

あっ、別に心霊的な話ではないですよ(笑)

同じものを見ているはずなのに、人それぞれ
感じ方って違うものなんです。

いつも不平不満や愚痴ばっかり言っている人
ってあなたの周りにいませんか?

逆にいつもニコニコ幸せそうに笑っている
人もいますよね?!

そんなふたりが同じものを見ても、感じ方
って正反対になっちゃたりするんです。

何が言いたいかというと、人間って物理的に
目に映るものをただ見ているのではなくて、
自分の「意識」というフィルターを通して
ものを見ているということなんです。

つまらない気分で見れば何事もつまらなく
映るし、楽しい気分で見れば何事も楽しく
映るということですね!

だから、あなたがもし今気分が悪い状態なら
そのまま無理して作業を続けるよりも、
一旦気分転換することが最優先するべきこと
ということです。

客観視してみよう!~自己嫌悪の正体~

「よし!今日は休みだから記事を5本は最低
書くぞ!」と決意したのに、
実際はだらだらと過ごしてしまい、
1記事しか書けなくて「僕はダメ人間だ~」
とか自己嫌悪に陥るパターンって誰しも
あると思うんですよ。

この自己嫌悪って感情が実は曲者なんです。

どういうことかと言うと自己嫌悪って
自分はダメ人間だ~って自分を責めて
とても反省しているように見えるけど
実際は本当の反省ではないんです。

上の例で言うと「記事を5本書けなかった」
というのが現実ですよね?
記事も書かずにだらだらしたのが現実。

でもそれを悩んでいるということは
「本当の自分は決めたことはちゃんと実行
出来る真面目な人間なんだ」と思いたい
んですよ。

悩むポーズをとることによって自分で
自分を許す行為が実は自己嫌悪の正体
なんです。

だから、今自己嫌悪に陥っているなぁと
感じたら、意識して自己嫌悪をやめる
ことです。

自己嫌悪しているうちはあなたは
変われません。

あと極端な話ブログ記事が5本
書けなかったからといって
「僕はダメ人間」と人格全否定は
やめましょう(笑)

記事を書けなかったことは事実だけど
それほどのことではありません。

もっと肩の力抜いていきましょう(笑)

思い込みを捨てるための思考法

人間って思いこむ癖があります。

あなたも思い込みってありませんか?
「大人はニュースをみるべきだ」
「大人は就職して毎日働かなければ
ならない」
「仕事は大変で当たり前」などなど・・

でもこの思い込みって奴が結構
心理的足かせになって自らを
苦しめていることが多々あるんです。

思い込むことが全て悪いというわけでは
ありません。

ただ無駄な思い込みで疲れてしまわない
様にあなたにとってその思い込みは
~することで、幸せになれるか?」と
自問自答してみてください。

そうすることであなたの人生にとって
いらない思い込みを排除できるはずです。

ブログ書けない負の連鎖を断ち切る考え方

「毎日ブログ記事1記事書こう!」
と決心したのに、書けなかったとき
あなたは自分を責めるはずです。

でも、自己嫌悪して自分を責めるのは
実は反省ではなく自分を許してしまって
いるということは前述した通りです。

では、こういう時どのように考えれば
いいのかというと、先ずは自分の非を
素直に認めることが大切になってきます。

つまり記事を書けなったのは何故か?
考えてみるのです。

「書くのが嫌だ。面倒くさい。」
「体調が優れない」
「他のことが気になって集中出来ない」
などなど、なにかしら理由が思い浮かぶ
はずです。

「記事を1記事書くと決めたら、何が何でも
書かなければならない」と考えるのでは
なくて

「記事を1記事書くと決めたけど、今日は
書きたくない、面倒くさい」

「記事を1記事書くと決めたけど、今日は
体調が優れない」

「記事を1記事書くと決めたけど、今日は
他のことが気になって集中出来ない」

という具合にしっかりあなた自身の本音
と向き合うことが大事です。

人間の中には「意識」と「無意識」があって
「やるぞ!」と意識しても、無意識レベル
で「やりたくない」と相反する感情が
あったりします。

だから、出来なかった理由を口に出してみる
ということは、とても有効な手段なのです。

こうすることで真の意味で反省して
次に向かえるので、負の連鎖に陥らず
断ち切ることが出来るのです。

まとめ

①本当にあなたが悩むべきことかどうかの
判断はその事柄があなたのコントロール
出来ることかどうかで決める。

②あなたの目に映っているものは「意識」
というフィルターを通して見えたものである

③自己嫌悪の正体は自分を許すこと

④思い込みを捨てるには「~することで、
幸せになれるか?」と考えてみると良い。

⑤出来なった理由から目を背けず、きちんと
反省することが負の連鎖に陥らない秘訣。

いかがでしたか?

簡単に「継続」と言いますが、ロボットでは
ないですから出来ない時もあると思います。
そんな時は肩の力を抜いて、一旦お休みする
のも全然ありだと思います。

長い目で見て「継続」することが成功に
つながる道だと思います。