ブログとは?仕組みと種類について解説しますね!【超初心者向け】

どうもカルマです。

今回は「ブログってなに?」っていう
初心者向けの記事です。

そもそもブログでお金がもらえるって
意味が分からん・・・

○○でお茶した~とか
○○に旅行した~とか
なんでそんなのでお金がもらえるの?

ブログをあまり読んだりしたことがない人は
その辺りから疑問に思うかもしれません。

僕も最初はそんなイメージを持っていました

この記事を読めば
・ブログとは?
・ブログで稼ぐ仕組み
・ブログの種類は大きく分けて2種類!
・読みやすいブログの書き方
が分かります。

ブログとは?

ブログとは、ウェブログ(WEBLOG)の略で
インターネット上に個人で記事を投稿できる
仕組み
です。

インターネットの世界は、ほぼこのブログの
集まりと言ってもいいくらいです。

何か情報を調べる時にググると・・・・
その対象のホームページや公式ページの他に
個人でその対象についてまとめたり、
レビューしたりという記事にたどり着くと
思います。

それがブログです。

ブログの存在意義は、記事を書いている人の
フィルターを通して、正直な感想なり
考え方が出てくるので、より生の情報や
ユーザー目線の情報が手に入る
という
ことです。

ただ、逆に個人的な意見などもあるので
ユーザーも情報の取捨選択を求められます。

ブログで稼ぐ仕組み

じゃあ、実際どういう風にブログで報酬が
発生するのかというと・・・

簡単に言えば、広告収入ということです。

ブログ記事を読んでて気づくと
思うのですが、様々な商品やサービスの広告
が貼られていますね?!

この広告がクリックされて、商品やサービス
が売れると広告収入が発生するという仕組み
です。

また、クリックされただけで報酬が発生
する仕組みもあります。

前者が「成果報酬型」、
後者が「クリック型」と言います。

芸能人や有名人のブログは、稼ぎ方が
根本的に違って、ブログサービス会社の
専属ライター契約をし、アクセス数に応じて
報酬が発生する仕組みになっています。

この辺が混同されて、分かりずらくなっ
ているのかもしれません。

一般人は、広告で稼ぐというのが
基本スタイルです。

ブログの種類は大きく分けて2種類!

ブログの種類は大きく分けて
2種類あります。

一つ目が「特化型ブログ」というもので
特定のジャンルに絞って記事を書く方法です

これはそのジャンルに興味があるユーザーが
集まってくるので、その記事の内容に即した
商品やサービスを紹介することができます。

もう一つが「雑記ブログ」です。

これは、日記のような内容で、ライターが
実際に体験したことや考えたことを記事に
しています。

そのライターのファンになったユーザーが
おススメされた商品やサービスなどを購入
することで報酬が発生します。

どちらも広告収入を得るということは同じ
なのですが、アプローチの仕方が違うのです

「特化型ブログ」の方は、まず商品、
サービスから逆算して記事を書いていきます

どういう事かというと、売りたいものを売る
為の記事ということです。

こういうブログを書く人をアフィリエイター
と言います。

これに対し、「雑記ブログ」の方は、
ライターの考え方や生き方に共感した
ユーザーに商品などを紹介するという
やり方です。

こういう手法をとっている人をブロガー
いいます。

どちらも広告収入で稼いでいることは
同じでその手法が違うというだけです。

読みやすいブログの書き方

ブログは記事を読んでもらってユーザーの
悩みを解決してあげることに価値がある
わけですが、そもそも読みやすい文章を
書かないと、読んでもらえません。

文章を書くのが苦手!

そういう人もこれから紹介する方法で
文章を書けば、読みやすくて、しかも
説得力のある文章を書けます。

その方法とは、「PREP法」と言います。

つまり
Point結論
Reason理由
Example
Point結論
の頭文字をとってPREP法です。

この順で文章を書くと分かりやすく、
説得力のある文になるということです。

まずはその文章で伝えたい「結論」を
バンっと提示します。

○○は△△である

そして、何故その結論が導き出されるか
理由」を述べます。

なぜなら□□だから・・・

そして、「」をいくつか挙げます。

例えば××、◎◎

最後に、再び「結論」を述べて文章を
しめます。

よって○○は△△である

どうですか?

イメージ出来ましたか?
このテンプレートに沿って文章を書いて
いけば、間違いありません。

その他に気をつける点としては
改行ですね!

大体3行書いたら、改行してスペースを
開けると読みやすくなります。

また、強調したい部分を太字や赤字に
したり、アンダーラインを引いたり
すると
見やすくなります。

最後に、写真などの画像を適度に挟むと
ユーザーはそこで一息つけるので、
先を読んでもらいやすくなります。

大体、見出しごとに1枚画像を挟むのが
適度だと思います。

なんとなく分かりますよね?

文字がぎっしり詰まった文章は、読む前
から読む気が失せますよね(笑)

この辺はいろいろな他の人のブログを
研究してみるといいかもしれません。

あなたが「読みやすいな~」と感じた
ブログの真似っこをすればいいんです(笑)

まとめ

①ブログとは、ウェブログ(WEBLOG)の略で
インターネット上に個人で記事を投稿
できる仕組みです。

②ブログで稼ぐ仕組みは記事に貼られた
広告からの広告収入となります。

③ブログの種類は大きく分けて
特化型ブログ」「雑記ブログ」の
2種類があります。

④読みやすい文章の書き方として
PREP法があります。
Point結論
Reason理由
Example
Point結論
の頭文字をとってPREP法です。
この順番で文章を書くということです。

いかがでしたか?

なんとなくブログのイメージが
掴めたでしょうか?

とりあえず殆どお金もかからず
ブログサイトの立ち上げは出来ますので
やってみてはどうでしょうか?