ストレス解消にクラッシック音楽がおススメな理由

どうもカルマです。

突然ですがクラッシック音楽
ハマっています(笑)

ストレス解消に効果的と知り、聴き始めた
のですが、予想以上の効果を実感しています。

この記事を読めば・・・

・ストレス解消にクラッシック音楽がおススメな理由
・何から聴いたらいいの?

が分かります。

ストレス解消にクラッシック音楽がおススメな理由

クラッシック音楽を聴くとリラックス時に出る
α波という脳波が活発に出ることが分かって
います。

つまり、科学的にもリラックスすることが証明
されているんですね?!

有名なところでは、モーツァルトがいいと
言われています。

美しいメロディやリズムにゆったりと身を
任せているだけで気分が落ち着いてきます。

僕は実はJ-POPも大好きなのですが、
クラッシック音楽の楽器だけのメロディも
歌詞が無い分、逆に想像力を掻き立てられて
聴いていて楽しく感じます。

素人っぽい意見ですみません(笑)

でも、最初は誰でも初心者・・・。
物怖じはしません(笑)

クラッシック音楽は元々人間が心地良いと
感じる音の組み合わせを計算して作られて
います。

心が落ち着いたり癒されるのはそのためも
あるんですね?!

通勤時に聴いていると、気持ちが落ち着いて
整理されてくるのを感じます。
仕事帰りに聴くと一日の疲れがスッと
癒されていきます。

何から聴いたらいいの?

クラッシック音楽と言っても何から
聴いていいのか?見当もつかないですよね?!

僕もそうでした。
とりあえずモーツァルトのベスト盤みたいのを
聴いてみて、思ったよりもかなり良かったので
しばらくはそれを聴いていました。

そのうち他の有名な作曲家の曲も聴きたく
なって、ショパン、ベートーヴェン、バッハ、
ブラームス
など思いつく限りダウンロード
アップルミュージック)して聴くように
なりました。

アップルミュージック便利です!
「初めての~」「癒しの~」
「クラッシックベスト50」
など
初心者のかゆいところに手が届く曲目リストが
目白押しです。

アップルミュージック

こんな感じで徐々に作曲家や曲名を覚えて
きて、クラッシック音楽の歴史にも興味が
湧いてきたり、楽しんじゃっています。

純粋に音楽を楽しむ感覚であまり難しく考える
必要はありません。
思ってたよりもクラッシック音楽のハードル
低いな~というのが正直な感想です。
奥は深そうですが・・・。

聴くときのコツですが、その時の気分にマッチ
した曲を聴くのがいいです。
さみしい時にはさみしい曲
楽しい時には楽しい曲
悲しい時には悲しい曲
のんびりしたい時にはのんびりした曲

何故なら最初から今の気分とかけ離れた曲を
聴くとギャップでストレスを感じるからです。

そうして心を落ち着けてからいろいろな曲調の
ものを聴くと気分を変えることが出来ます。

個人的にクラッシック音楽を聴き始めて
本当に良かったと実感しています。
これからどんな曲と出会えるのか楽しみで
なりません。

おススメですよ~!

では!

この辺で終わりにします。

ストレス解消に音楽が効果的なのはなぜ?

*******************************

只今、僕が師事しているYOUさんが
主催するオンラインサロンに永年無料で
参加することが出来るキャンペーンを
行っています。

有料級のとても有益で使える情報が、
YOUさんの口から聞くことが出来る
かもしれません。

登録はメルアドを入力するだけで
済みますのでお気軽にどうぞ!

******************************
【オンラインサロン】
入会費3000円?今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

①月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
②年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
③6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
④月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」。
⑤1日50人を安定して集客する方法
⑥コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
⑦世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
⑧半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
⑨リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
⑩初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

登録はこちら⇓⇓⇓

Free Life Project  ~『仕事=楽しい』が世界に広がっていく~






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする