集中力が続かない悩み解決! 勉強がはかどる9つのコツとは?

どうもカルマです。

テストや資格試験などのために
勉強しなければならないのに、
なかなか集中できないというのは
結構あるあるの悩みですよね?!

今回は、集中して勉強がはかどるコツを
9つご紹介したいと思います。

この記事を読めば・・・

・集中力が続かない悩み解決! 勉強がはかどる9つのコツとは?

が分かります。

集中力が続かない悩み解決! 勉強がはかどる9つのコツとは?

1・睡眠をしっかりとる

必要な睡眠時間は個人差があって
人それぞれですが、大体7~9時間
睡眠時間が必要とされています。

睡眠時間が不足している時の脳の状態は
飲酒した時のようなものだそうです。
これでは集中することなんて
出来ませんよね?!

どうしても必要な睡眠時間が取れない場合は
昼寝や15分ほどの仮眠でも大分脳の機能が
回復することが分かっています。

徹夜で勉強することが、どれだけ非効率か
分かりますよね?!

2・勉強モードのスイッチを作る

勉強を始めてしまえば結構頑張るんだけど
始めるまでが腰が重いんだよね・・・

こういう人は多いと思います。

脳は基本的に面倒くさがりなので、
今やっている行動を変えたがりません。

この対策として、勉強に取り組む際に
何かスイッチのようなものを決めると
すんなり上手くいきます。

一番簡単なのが、場所を移動する
いう方法です。
カフェでも図書館でも塾の自習室でも
構いません。
その場所は勉強する場所と決めてしまえば
すんなり勉強モードになれます。

これ以外にも例えば、コーヒーを一杯
飲んだら勉強すると決めてしまうとか
もあります。

3・勉強時間を決める

勉強時間を一日のスケジュールの中に予め
組み込んでしまうというのも有効な方法です。

時間が空いたらやろう
出来ればやろう

のような感じだと、大抵できません(笑)

例えば、21~23時は勉強時間と
決めてしまえばいいのです。

4・音楽を聴く

音楽を聴きながら勉強するというのも
有効な手段です。
日常の雑音というのは意外に気になる
ものです。

モチベーションが上がるような音楽
作業音楽クラシック
などがおススメです。

但し、音量は小さめにして音楽に
気を取られないようにしなければなりません。

5・休憩をこまめに挟む

人間の集中出来る時間には限界があります。
子供なら45分~60分程度
大人でもマックス90分です。

休憩をこまめに挟むことで、途切れた集中力
を回復させることが出来ます。

6・適度に身体を動かす

脳を活性化する為に身体を動かすというのは
有効な方法です。

伸びをしたり、立ち上がって部屋の中を
歩き回ったり、軽いストレッチをしたり
するといいです。

僕も暗記する時など歩き回って、
声を出しながら憶えます(笑)

7・誘惑物を遠ざける

スマホ漫画などの誘惑物はすぐ手の届く
場所に置かない方がいいです。

人間は弱いものです(笑)

スマホも機内モードにして、SNSの着信音など
で気が散らないようにした方がいいです。

また、部屋もなるべく整理整頓しておいた方が
脳の働きが良くなることが分かってます。

散らかっていると知らず知らずに気が散って
しまうんですね?!

8・目標設定を明確にする

勉強の目標はたてた方がいいです。
ただ漫然と勉強するよりもやることが
分かっていた方が集中出来ます。

出来れば、月間目標、週間目標、
今日の目標
まで落とし込んでおいた方が
いいです。
目標は具体的であればあるほど集中力が
上がります。

9・苦手な科目は別に対策する

苦手な目標がある場合は、別に対策を
たてた方がいいです。
自己流でやるとどうしても上手くいかない
ことが多く、次第にあまりやらなくなって
しまったりもします。

勉強なら熟や学校の先生、仕事に関する
勉強なら上司、先輩に教えてもらうのが
いい方法だと思います。
人間は分からないことが分かるようになる
とやる気が出ます。
逆に分からないままだとやらなくなって
しまいます。

まとめ

勉強がはかどる9つのコツ
睡眠をしっかりとる
勉強モードのスイッチを作る
勉強時間を決める
音楽を聴く
休憩をこまめに挟む
適度に身体を動かす
誘惑物を遠ざける
目標設定を明確にする
苦手な科目は別に対策する

いかがでしたか?

ただ「頑張るぞ!」という意気込み
だけでは、なかなか集中力を保つのは
難しいことが分かったと思います。

上記の9つのコツを踏まえた上で
頑張ってみてください!

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする