自信の源泉はどこから湧いてくるの?

どうもカルマです。

自信に満ちあふれている人って
カッコイイですよね?!
そもそも自信がある人とない人は
どんな違いがあるのでしょうか?

今回は「自信」というものがどういうモノで
その源泉はどこにあるのか?
見ていきたいと思います!

この記事を読めば・・・

・自信の源泉はどこから湧いてくるの?
・自信をつける方法

が分かります。

自信の源泉はどこから湧いてくるの?

自信の源泉は幼少期~10代前半に
どれだけ周りから認められてきたか?

という所に源泉があります。

その期間に主に親や教師、周りの大人、
友人などからあなたの存在を肯定的に
受け入れられてきた人ほど自信がある
傾向があります。

では、その時期にまわりからあまり承認
されてこなかった人はどうなってしまうのか
というと、自分のことを必要以上に卑下
したり
他人の評価を異常に気にしたり
自分を実像以上にすごく見せようとしたり

します。
確かにこういう人って周りにいますよね?!
そういう人は子供の時にあまり周りから
認めてもらえてこなかったために「自信」
を育むことが出来なかったということです。

そういう人は一生自分に自信を持てないまま
過ごしていかなければならないのでしょうか?
確かに子供の時に培われた心の芯の部分は
変えることは出来ません。
しかし、大人になってからもやり方次第で
その周りの部分を変えていくことは可能です。

自信をつけていく方法についてステップを
踏んで見ていきたいと思います。

自信をつける方法

上記の通り、自信をつけるには周りの承認が
必要です。
それなので、どうやったら周りから
承認されるようになるのか考える必要が
あります。

ステップ1:環境を見直す

あなたの人格を頭ごなしに否定してくるような
人との付き合いは断った方がいいです。
このような人が身近にいて、毎日のように
否定的な言葉を浴びせられていたら自信を
持つどころの騒ぎではありません。

上司や先輩、もしくは親・・・
大人になって経済的に自立していれば、
自分の生きていく環境は変えることが
出来るはずです。

嫌だからと言ってすぐに逃げることは
ダメな事と教わってきているので、
我慢しなければと思ってしまうかも
しれませんが、あなたを成長させてくれる
厳しさとあなたを駄目にする厳しさは
見極めていかなければなりません。

ステップ2:いろいろやってみる

自信を持つためにはやはりその根拠となる
行動が必要となってきます。
でも、何を頑張ったらいいのか分からない・・
という人も多いと思います。
答えはあなたの好きなことをやればいいと
いう事なんですが、
好きなことが何か分からない・・・
好きなことなんて何もない・・・
好きなことの見つけ方が分からない・・・

こういう人は、先ずは好きなことを
探すのではなくて、嫌じゃない事
探してみてください。

とにかく行動量を増やすことが大事です。
実際やってみたらハマってしまった!
なんてことも全然起きうることです。

そして、ハマれるものが見つかったら
とことん突き詰めてやってみてください。
それが自信の源になります。

ステップ3:周りに認めてもらう

結局、自信というのは周りから認められる
ことでついていくものです。
周りに認められる、受け入れられる
一番の方法は、あなたが周りの人を
認めてあげることです。

あなたが相手を認めてリスペクトすれば、
相手もあなたを無視できなくなります。
相手にとってあなたは心地良い相手だから
です。
具体的な行動としては、意識して周りに
ありがとうという感謝の言葉を
言うようにするといいです。

例えば、上司に叱責された時も・・・
自分のためを思って言ってくれているんだ
ありがたいという捉え方をしていけば、
上司もあなたを認めてくれます。
あなたが常に周りに対してありがたい
というスタンスでいれば、周りもあなたを
生かそうとしてくれます。

人間関係が良好に回り始めれば、あなたの
居場所もでき、自信をもって生活を送ることが
出来るようになります。

まとめ

①自信の源泉は幼少期~10代前半に
どれだけ周りから認められてきたか?

という所に源泉があります。

その期間に主に親や教師、周りの大人、
友人などからあなたの存在を肯定的に
受け入れられてきた人
ほど自信がある
傾向があります。

②自信をつける3ステップ
ステップ1:環境を見直す
ステップ2:いろいろやってみる
ステップ3:周りに認めてもらう

いかがでしたか?

自信というものの正体をはっきりと認識し
行動に繋げていくことが一番大事です

あなたも自信に満ちた人になれると
いいですね!

では!

この辺で終わりにします。