自由な生活の意味とは?

どうもカルマです。

何にも縛られず自由に生きられたら
どんなにいいだろう?!

好きな時間に起きて
好きな時間に寝たい!

満員電車の通勤とか苦痛以外の
何物でもない・・・

そんなことを誰でも一度は思ったことが
あると思います。

今回は自由な生活の意味について深掘り
してみたいと思います。

この記事を読めば・・・

・自由な生活の意味とは?
・考え方を変えることで自由は手に入る?

が分かります。

自由な生活の意味とは?

「自由」と一言に言っても人それぞれ
その意味合いは千差万別だと思います。

なぜなら、どのような生活をしたいかは
人それぞれだからです。

ただある程度自分で稼ぐ手段を持っていて
経済的に余裕がある方がいいことは事実です。

どうしても「お金」「時間」はどちらに
重きを置くかを天秤に掛けなければなりません

普通にサラリーマンをしている人は「時間」
「お金」に替えているわけですから・・・

極端な例を行ってしまえば
無人島で自給自足生活を送れれば、「お金」の
呪縛から逃れることは出来ますし「自由」は
手に入れることが出来ます。
但し、文明の利器の恩恵は受けらなくなって
しまいますし、いろいろ不便な面も出てくると
思います。

でも、ある程度現在の生活水準を保ちたいとか
もっとぜいたくな暮らしがしたいとかで
あるなら、必要な「お金」の計算が必要です。

住む場所一つとってもそうです。
東京に住むのと田舎に住むのでは
家賃も違いますし、日本で住むのと
東南アジアなど物価の安い海外で住むのも
全然生活に必要なお金が変わってきます。

また、独身なら自分の都合のみで決められますが
家族がいれば、子供の教育環境についても
当然考えなければならないだろうし、
高齢な親の介護問題なども絡んでくるかも
しれません。

大事なのはどういう暮らしがしたいのか?
どういう暮らしが現実的に可能なのか?

をまずはっきりさせることです。

考え方を変えることで自由は手に入る?

「お金」と「時間」は切っても切れない関係に
あります。

「お金」をいっぱい持っていれば、あくせく
働く必要はないわけで「時間」も自由に
出来ます。
でも、日々の生活に必要な「お金」も事欠く
状況では「自由だ!」なんて言っていられない
はずです。

つまり、「自由」を手に入れる為には
たくさん稼ぐか
お金がかからない生活をするか

しかないということです。

しかし、たくさん稼ぐ為に「時間」
犠牲にして働いていては「自由」からは
程遠くなってしまいます。
働き方を変える必要があります。

つまり、働いて得たお金を浪費するのではなく
「投資」するという考え方が必要になって
きます。

「投資」とは「資産」を築く手段です。
資産」とは、簡単に言えば
収益を生み出してくれるもの」のことです。

株や不動産などが分かりやすい例です。
また、起業して人を雇うという方法もあります
つまり「お金」があなたの労働の対価以外から
生み出されるようにシフトしていくことです。

最近ではインターネットの普及により
起業のハードルも下がっています。
また、ブログYouTubeチャンネルなどの
開設は無料で出来ますし、自己資金が無くても
広告収入を得ることや情報発信をすることが
出来ます。

また、逆にお金がかからない生活をする
という方法もあります。
支出を抑えるということです。

自分の生活を見直してみて、
無駄な支出はないか?
妥協できる点はないか?

を点検してみるといいです。

こちらの方がすぐに実行出来ますし、
支出を見直すということは稼げたとしても
大事なことなので、すぐにやってみてください

稼ぐことと支出を抑えることを同時進行で
行なっていくことが大事です。

その気になればすぐにでも「自由」
手に入れることが出来ます。

あとはあなたが求めている暮らしとの
綱引きということです。

まとめ

「お金」「時間」を天秤に掛けた時
大事なのは「どういう暮らしがしたいのか?」
「どういう暮らしが現実的に可能なのか?」

をまずはっきりさせることです。

「自由」を手に入れる為には
「たくさん稼ぐか」
「お金がかからない生活をするか」

しかありません。
そして、この二つは同時進行で行っていく
ことが大事
です。

「自由」を手に入れる為には
働き方を見直す必要があります。
自分が働かなくてもお金を生み出す
「資産」を作ることが大事です。

いかがでしたか?

何にも縛られない自由な人生
憧れますよね~!

しかし、
自由な時間を手に入れて何をしたいのか?
考えておくことも実は大事なことです。

そうしないと、人生が空虚なものになって
しまいかねないからです。

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする