【フリーランスの税金 】2023年10月 から導入されるインボイス制度とは?

どうもカルマです。

2023年から導入される「インボイス制度
って知ってますか?

これはフリーランスの人に少なからず影響が
ありそうなんです・・・。

どんな制度なのか?
何が変わるのか?
どんな影響があるのか?

さっそく見ていきましょう!

ふーたん
ふーたん
イン・・ボイス・・・???
これから説明するから大丈夫!
カルマ
カルマ

この記事を読めば・・・

・フリーランスの税金 2023年10月 から導入されるインボイス制度とは?
・インボイス制度がフリーランスにもたらす影響とは?
・インボイス制度に対処するには?

が分かります。

フリーランスの税金 2023年10月 から導入されるインボイス制度とは?

課税事業者と免税事業者

インボイス制度の説明に入る前に
フリーランスには2種類あります。

年間売り上げ1000万円を越える
課税業者1000万円以下の
免税業者の2種類です。

この課税業者免税業者の区別が
インボイス制度に大きく関わってきます。

インボイス制度とは?

インボイス制度とは、消費税を納税する際
取引業者の発行する「適格請求書」が必要に
なるという制度です。

そしてこの「適格請求書」は課税業者しか
発行できないものなのです。

適格請求書」に何が書かれているかというと
取引商品の消費税額や消費税率などです。

これは消費増税に伴う軽減税率の影響でも
あって、つまり8%なのか10%なのか
区別する必要が出てきたための制度でも
あるんです。

軽減税率とは、ニュースとでも盛んに報道
していましたが、税金負担の不平等感を
少なくするために考えられた税率
です。

基本的に税金はお金をたくさん稼いでいる人
の方が多く支払う仕組みになっています。

しかし消費税の場合、お金持ちも貧乏人も
同率の税金が掛けられています。

8%と10%の2%の違いですが、
月収20万円の人と100万円の人とでは
感じ方が全然違いますよね?!

だからこの不平等感を少しでも減らすために
日頃よく買う食品、飲料などは8%に据え置き
ましょうということです。

つまり、8%の商品と10%の商品が
混在する状態になっています。

庶民にとってはありがたい軽減税率ですが、
納税の際の手間が一つ増えてしまうんですね。

ふーたん
ふーたん
8%のモノしか買わない!
www
カルマ
カルマ

インボイス制度がフリーランスにもたらす影響とは?

インボイス制度が施行されることによって
フリーランスの人には少なからず影響が
あると言われています。

具体的にどんな影響が出そうなのか?
見ていきましょう。

課税事業者に仕事が流れる

免税事業者は「適格請求書」を発行出来ない
ので、仕事自体が課税業者に流れてしまう
という予測があります。

つまり、フリーランスの二極化が進むという
ことです。

1000万円越えて稼げている人は仕事が
増える可能性があるので逆にチャンスと
言えます。

収入が1000万円以下の人は、更に厳しい
状況に追い込まれるかもしれません。

仕入れ額控除というメリットがはっきり
している以上仕方のないことです。

報酬額が下がる

発注者から「消費税額相当を値引きすれば、
仕事を回すよ」というような値引き交渉が
される可能性があります。

つまり、足元を見てくるということです。

但し、これは法律違反です。
でも、仕事を欲しいあまり自らそういう提案
をしてしまうケースは増えそうですね・・。

悔しいですけど・・・。

クラウドソーシングのシステムや報酬が変わる

クラウドソーシング会社にとっても
免税業者の仕事が取れなくなったり、
発注者の報酬額が減ることは経営自体を
揺るがしかねない事態です。

それを避ける為に、クラウドソーシング会社が
発注者から仕事を一旦受けて、会社名義の
「適格請求書」を発行する形
になっていく
可能性はあります。

いずれにしても、免税業者間の競争は激化して
優秀な業者しか生き残れないかもしれません。

また、仕事を受注できたとしても、
クラウドソーシング会社の手数料などが
今まで以上に取られることになるはずなので
免税業者が受け取れる報酬は少なくなって
しまいます。

ふーたん
ふーたん
きびし~!
自分のことは自分で守らなきゃ!
カルマ
カルマ

インボイス制度に対処するには?

いずれにしても年収1000万円
越えられないのなら、フリーランスとして
やっていくのは厳しい時代になって
いきそうです。

考え方を変えて「年収1000万円を越えて
課税業者になること
」を独立の目標に
掲げるべきだと思います。

あと3年以上あるので、まだ対策は出来るはず
です。

スキルを磨くこと
人間関係を築くこと
ブランディング(あなたの強み、売り出し方)

を考えること

この辺りが重要になってくると思います

まとめ

インボイス制度とは、消費税を納税する際
取引業者の発行する「適格請求書」が必要に
なるという制度です。

適格請求書」は課税業者しか
発行出来ません。

課税業者・・・年間収入1000万円越え
免税業者・・・年間収入1000万円以下

インボイス制度施行で考えられる
フリーランスに与える影響は・・・
課税事業者に仕事が流れる
報酬額が下がる
クラウドソーシングのシステムや
報酬が変わる(下がる)

インボイス制度に対する対処法
スキルを上げる
人間関係を築く
ブランディング

課税業者になる!

いかがでしたか?

弱肉強食のビジネスの世界ですから
正常な流れなのかもしれません。

現在、フリーランスで頑張っている人
は今後更に努力を求められますし、
これから独立しようと思っている人も
これまで以上の覚悟が求められます。

では!
この辺で終わりにします。

*******************************

只今、僕が師事しているYOUさんが
主催するオンラインサロンに永年無料で
参加することが出来るキャンペーンを
行っています。

有料級のとても有益で使える情報が、
YOUさんの口から聞くことが出来る
かもしれません。

登録はメルアドを入力するだけで
済みますのでお気軽にどうぞ!

******************************
【オンラインサロン】
入会費3000円?今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

①月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
②年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
③6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
④月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」。
⑤1日50人を安定して集客する方法
⑥コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
⑦世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
⑧半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
⑨リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
⑩初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

登録はこちら⇓⇓⇓

Free Life Project  ~『仕事=楽しい』が世界に広がっていく~






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする