【フリーランス】仕事探しは「営業」の意識ではダメ!

どうもカルマです。

フリーランスにとって最大の悩みは
仕事を探すことだと思います。

仕事を探す「営業」を苦痛に感じている
フリーランスは多いんじゃないでしょうか?!

この記事を読めば・・・

・【フリーランス】仕事探しは「営業」の意識ではダメ!
・フリーランスにとって「紹介」案件は宝!

が分かります。

【フリーランス】仕事探しは「営業」の意識ではダメ!

仕事が欲しいからとガツガツ「営業」を
かけるのはかえって「信用」を減らすことに
なりかねません。

顧客が求めているタイミングや状況をよく見た
上でないと実際仕事には繋がりません。

具体的には・・・
顧客が新しくプロジェクトなどを立ち上げよう
というタイミングであなたの商品やサービスが
役立ちそうな場合

現在、進行しているプロジェクトの外注先に
不満を持っている場合。

こういうケースなら上手く話を持っていけば
仕事に繋がる可能性は高いかもしれません。

つまり、人間関係と一緒で「独りよがり」は
ダメということです。

そして、話を持っていく場合でも、最初から
商売っ気を出してはいけません。
先ずは「相手の話を聞く」ことに徹する
ことが大事です。
その中で顧客が抱える悩みや不満、問題点を
分析
してあなたが出来ることを「提案」して
みるのです。

その際、あなたでは役に立てなそうだと
感じたら、他の人を紹介するなどして
親身になって顧客の利益を考えるという
姿勢が大事です。

目先の利益にとらわれて、何でもかんでも
自分の仕事に結び付けようとするのは
お互いにとって良くありません。

目標設定を「あなた自身の仕事を増やして
利益を多く上げたい
」から「お客様の満足と
利益を最大限上げたい
」とシフトすることが
大事です。

考え方の問題ですが、両者に大きな違いが
あることは分かると思います。

顧客から「信用」を勝ち取ることに目的を
集中させれば、気づいたら仕事が途切れない
状態に持っていけるのです。

フリーランスにとって「紹介」案件は宝!

安定して仕事をとっているフリーランスの
は殆どは「紹介案件」で回しているケースが
多いです。

信用こそ最大の財産」なのです。

もちろん、受注した仕事に全力で打ち込むのは
当然ですが、それ以外にも連絡をこまめに
取ったり、進捗状況の報告やイレギュラー時の
対応などもあなたの信用度を左右します。

先ずは「人間として」基本的な部分が
ちゃんとしているか?が大事です。

また、「紹介」をしていただいた場合は
「紹介者」に対するお礼と結果報告も
忘れないようにした方がいいです。

紹介した方もどうなっているのか?
気になるのは当然ですよね?!
簡単なことですが、その辺に気を遣えるか?
相手の立場に立てるか?というのは後々
大きな差となって現れてきます。

まとめ

仕事が欲しいからとガツガツ「営業」を
かけるのはかえって「信用」を減らすことに
なりかねません。

顧客が求めているタイミングや状況をよく見た
上でないと実際仕事には繋がりません。
先ずは「顧客の話をよく聞く」ことからです。

目標設定を「あなた自身の仕事を増やして
利益を多く上げたい
」から「お客様の満足と
利益を最大限上げたい
」とシフトすることが
大事です。

③安定して仕事をとっているフリーランスの
は殆どは「紹介案件」で回しているケースが
多いです。
信用こそ最大の財産」なのです。

いかがでしたか?

フリーランスになって仕事をとっていく
ということは「人間力」も試されることが
分かったと思います。

「会社」の肩書もなく仕事をしていくと
いうことは「一人の人間」としての成熟度
問われるということです。

では!

この辺で終わりにします。