【フリーランスの確定申告】交際費の考え方は?

どうもカルマです。

フリーランス経費で落とせる項目の一つに
接待交際費」がありますが、どのようなもの
なのか?見ていきたいと思います。

フリーランスの場合、接待交際費の上限額は
設けられていません。

いくらでも申告できるということですね?!

ふーたん
ふーたん
ええっ!やったー!
いやいや(笑)早合点しないで。
カルマ
カルマ

フリーランスの確定申告 交際費の考え方は?

飲食代を経費で落とせるのって
いいですよね?!

でも、何でもかんでも認められるのか?
というと当然そうではありません。

やはり、ある程度の線引きはあります。

基本的には「経費」の考え方として
事業に必要なお金」ということがあります。

つまり「事業に必要なお金」であることを
説明できればいいわけです。

例を挙げると・・・

打ち合わせを喫茶店で行った時の飲食費

取引先の方との食事、会食

取引先関係のご祝儀、お香典など
領収書は出ないので、出金伝票で。

これらは「接待交際費」として認められる
と思います。

ただ念のために、その際の相手の会社名、人数
はメモに残しておきましょう。

逆に家族で外食した時の飲食費などは
接待交際費として認められません。

これは私用なので、経費とは区別されます。

最終的に「経費」かどうか判断するのは
税務署の担当者なので、ちゃんと説明をして
納得してもらえるかどうかが鍵となってきます

一応、自分でどちらか判断できない様な
グレーなケースも領収書はもらっておいて
確定申告してみるというのも一つの方法です。

ダメもとで!ということですね(笑)

フリーランスの場合、仕事とプライベートの
線引きがどうしても曖昧になってくるので
上手くこじつけることが出来ないでも
ありません。

何でもかんでも経費で認められるわけでは
ありませんが、ある程度もっともらしい
ストーリーを作れるようになれば、節税には
有利かもしれません。

でも、嘘や作り話はだめですよ(笑)

ふーたん
ふーたん
そういうの得意かも!
やり過ぎ注意だよ!
カルマ
カルマ

今回は短いですが、この辺で終わりにします