【フリーランス】 税金 払っていなかったらどうなる?

どうもカルマです。

フリーランスになったら税金の支払いも
全部あなた自身でやらなければなりません。

ついつい後回しにしているうちに
忘れてしまったなんてことも起こりそうです。

もし、税金を支払わないとどんなペナルティが
待っているのか見ていきたいと思います。

ふーたん
ふーたん
ペナルティ怖~い・・・
仕事を軌道に乗せるのに無我夢中で

忘れそう・・・

カルマ
カルマ

この記事を読めば・・・

・フリーランス 税金 払っていなかったらどうなる?
・国(税務署)は全て把握している

が分かります。

フリーランス 税金 払っていなかったらどうなる?

納税は国民の義務です。

日本に住んで、日本のインフラの恩恵を
受ける以上、税金はちゃんと納めなければ
なりません。

故意でも故意じゃなくても払わないと罰則も
あります。

確定申告が必要な要件は?

会社員であれば、基本的に確定申告は不要です。

年末調整を毎年やっていると思いますが、
会社員はあれが確定申告の替わりになります。

では、確定申告が必要なのは、どんなケース
でしょうか?

以下に当てはまる場合、確定申告が必要に
なってきます。

会社員で年収が2000万円越える人

年収2000万円超える場合、年末調整が
出来ない決まりになっています。

副業収入が年間20万円越える人。

副業収入を正確に把握するために申告が
必要です。

会社以外でアルバイトなどしている人

これも所得額を正確に把握する為です。

フリーランス(個人事業主)の人

フリーランスはあなた自身が会社の役割を
果たさなければなりません。
会社がやってくれていることをあなた自身
でやらなければならないということです。

逆に確定申告が必要ない人はどういう人か
というと以下の通りです。

年収2000万円以下の会社員

会社が代わりにやってくれています。

夫や両親の扶養に入っている人

主婦や学生がこれに当たります。

フリーランスが払うべき税金は?

フリーランスが払うべき税金4種類
あります。

所得税
住民税
個人事業税
消費税
の4つです。

これ以外に支払うべき保険料3種類
あります。

国民年金保険料
国民健康保険料
介護保険料
の3つです。

詳しくは以下記事をどうぞ
フリーランスの税金の目安を分かりやす~く解説します!

税金未払いの場合のペナルティは?

税金を支払っていなかった場合、その理由や
故意性(悪質性)によってペナルティが
課せられます。

脱税

故意に税金を支払わなかったり、ごまかしたり
すると”脱税”と見なされ、特に悪質な場合は
刑事罰に問われることもあります。

罰則として重加算税が課せられます。

通常の税金+税額の35%程度の罰金
となります。

また、無申告や過少申告などが加われば
それらの罰金も加算されていき、結果的に
倍近い金額を払うことになることもあります。

無申告

フリーランスの人はこれが多いです。

「収入があまり上がっていないから・・・」

「面倒くさい」

「やり方がよく分からない」

理由は様々でしょうが、そもそも申告を
していない状態です。

支払うべき税額が50万円まで15%
50万円以上20%の罰金があります。

過少申告加算税

申告額が実際の所得よりも少なかった場合、
10%程度の罰金が課せられます。

延滞税

確定申告は本年分を翌年3月15日まで
行わなければなりません。

1日でも過ぎたらダメです。

また、青色申告をしている場合、
青色申告特別控除65万円→10万円
減額されてしまいます。

更に2年連続延滞してしまうと、青色申告自体
が出来なくなってしまいます。

ちなみに、フリーランスの間で
青色申告税務調査が入りやすい」
という都市伝説的な噂(笑)がありますが
そんなことはありません。

税務調査はあくまで数字がおかしい場合に
行われます。

青色申告の方が節税効果が高いので
おススメです!

ふーたん
ふーたん
ちゃんと払います!
その方が絶対にいいよ!
カルマ
カルマ

国(税務署)は全て把握している

国や税務署に隠れてこっそり収入を得ることは
基本的に不可能です。

インターネットビジネスでも現金払いの
日雇いバイトでも全て筒抜けです。

国や税務署が何も言ってこないのは、
様子を見ているか、泳がされているだけです。

数年後にいきなり税務調査が入って、複数年分
の税金+罰金を何百万円も請求されたなんて
話もあります。

恐ろしいですね~(笑)

もし、あなたが税金を払い忘れていたことに
気づいたなら、自己申告した方がいいです。

まだ、理由など説明すれば聞いてくれますし
相談に乗ってくれる場合もあります。

しかし、税務調査が入ると、かなり厳しく
詰められますし、言い逃れは一切出来ません。

まとめ

フリーランスで無申告は多いのですが、
数年は様子見をしてくれるケースも
あるようです。

「忘れているのか」
「確定申告するべきことを知らないのか」

など性善説で考えてくれるんですね。

でも、これが3年過ぎると
「3年も個人事業主をやってきて確定申告
を知らないのは不自然」
→「故意の脱税、悪質」と判断され
多額の罰金を請求されるパターンが多い
ようです。

ふーたん
ふーたん
どこで見てるんだろう?
手の平の上で遊ばれてるんだね
カルマ
カルマ

何が言いたいかというと、国や税務署が
何も言ってこないからと言って税金から
逃れられたと思ったら大間違い
という
ことです。

成人した全日本人は納税の義務があり
年収2000万円以下の会社員と
夫や両親の扶養に入っている人
以外は
全員確定申告をしなければならない
いうことです。

収入がゼロならゼロで申告すれば、
保険料などが安くなる場合もあるので
やはり誰でも確定申告はするべきです。

では!この辺で終わりにします。

*******************************

只今、僕が師事しているYOUさんが
主催するオンラインサロンに永年無料で
参加することが出来るキャンペーンを
行っています。

有料級のとても有益で使える情報が、
YOUさんの口から聞くことが出来る
かもしれません。

登録はメルアドを入力するだけで
済みますのでお気軽にどうぞ!

******************************
【オンラインサロン】
入会費3000円?今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

①月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
②年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
③6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
④月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」。
⑤1日50人を安定して集客する方法
⑥コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
⑦世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
⑧半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
⑨リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
⑩初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

登録はこちら⇓⇓⇓

Free Life Project  ~『仕事=楽しい』が世界に広がっていく~






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする