フリーランス人口増加!自己実現の時代到来!!

どうもカルマです。

フリーランスの人口が急増しています。
会社に頼らない生き方を出来る時代
ようやく来たんですね?!

終身雇用制度に昔から違和感ありまくりの
身としては嬉しい限りです。

この記事を読めば・・・

・フリーランス人口増加!自己実現の時代到来!!
・フリーランスの現実と悩み

が分かります。

フリーランス人口増加!自己実現の時代到来!!

ランサーズ株式会社が、2018年度
行った「フリーランス実態調査」によると、
フリーランス人口1,119万人となり
全人口に占める割合17%になりました。

17%もいるってすごいですね!?
5~6人に1人ってことですよ!

時代って変わる時はあっという間なんですね

フリーランスの経済規模20兆円を超えて
きました。
この額は日本全体の総給料支払い額10%
にも上るということです。

1,119万人のうち744万人副業として
フリーランス報酬を受け取っています。

副業のフリーランスの経済規模8兆円
迫る勢いです。

政府による働き方改革の推進、インターネット
の普及
により、今までなかなか経済参加
出来なかった主婦層などが働きやすくなった
などの背景があります。

副業を認める会社が少しずつ増えてきたのも
影響しています。

フリーランス個人の平均収入186万円
いうからなかなかのものです。

フリーランス先進国のアメリカでは、
2027年にはフリーランス人口が50%を
超えると推測されています。

しかし、日本も過去4年の成長率はアメリカの
3倍と猛追しています。

もともと日本には”職人”の文化があるので
そういう部分も意外にマッチしているのかな?
という感想です。

自己実現欲求が高い民族なんじゃないかと
思います。

とにかく日本人は本気を出すと優れた能力を
発揮します。

間違いなく日本社会は転換期に差し掛かって
いますね!

フリーランスの現実と悩み

転換期には先駆者として切り開いていく
グループとそれに追随するグループ、
また静観して様子見のグループ、従来の
やり方を変えられないグループに分かれます。

フリーランス時代の到来は人々にどんな恩恵を
与え、逆にどんな悩みを生むのでしょうか?

フリーランスという働き方の一番の恩恵は?

働く場所、時間に捉われず”自由”に働ける
ことを一番の恩恵と答える人が多いようです。

ワークライフバランスがかなり改善されたと
感じる人も多いようです。

日本は長年、会社や仕事が人生において
最優先事項という風潮がありました。

日本人特有の自己犠牲の精神によって
日本が経済大国になったことは疑う余地のない
ことですが、そういう時代もついに終焉を
迎える時が来たのではないでしょうか?!

自由”を一番の恩恵として挙げている人が
多いことからも、そのことは伺えます。

人生においての最優先事項を”家族”や
時間”という人も増えてきています。

個人的には至極健全な考え方だと思います。

逆に二の足を踏んでいる人の不安は?

収入の不安定さ」が一番に来るようです。

会社から”自由”になるということは
その庇護下から抜け出ることを意味しますから
そうなるのは当然の結果と言えます。

でも、今後フリーランス人口の増加
”個人の時代”の到来は避けられない流れに
なってきています。

もう後戻りはできないのです。

早めに踏み切って、成功するまで失敗を
重ねていく
しかないと僕は思います。

そうやって早めに自らの”スキル”を
上げていく努力をしないとジリ貧になって
しまうと危機感を感じます。

では!
この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする