フリーランスの成功パターンと失敗パターン

どうもカルマです。

サラリーマンの方でフリーランス
憧れている人は多いんじゃないでしょうか?!

どうしても会社勤めだと会社都合で
動かなければならないことが多くなります。

例えば出勤時間なんかもそうですよね?!

フレックスタイム制を採用している会社も
ありますが、それでもコアタイムというのは
あって、完全にフリーというわけには
いきません。

そもそも殆どのサラリーマンはあの理不尽な
通勤ラッシュに疲れ果てていると思います。
僕も経験がありますが、本当に人生において
不毛な時間
ですよね!

フリーランスになれば、通勤ラッシュから
解放されますし、そもそも通勤自体しなくても
いい働き方も選択できます。

通勤以外にも仕事内容や付き合う人まで
あなたに選択権があるのです。

そんな夢のようなフリーランス生活ですが
上手くいっている人と上手くいっていない人で
大きな差があるのも事実です。
今回はフリーランス成功パターン
失敗パターンについて見ていきたいと思います。

この記事を読めば・・・
・フリーランスの成功パターンと失敗パターン
・フリーランスで成功するためのポイントは?

が分かります。

フリーランスの成功パターンと失敗パターン

フリーランスの成功パターン

フリーランスにおいて成功の定義とは何か?

僕はそれは次の3つだと思います。
やりがいのある仕事
十分な収入
自由な時間

どうですか?

この3つが手に入れば言うことなしですよね!

それぞれの程度は個人差があると思います。

この中で何を優先するか?という優先順位も
人それぞれでいいと思います。
やっていて楽しい!と感じる仕事がある程度
安定して取れていて、収入面でも最低限
サラリーマン時代の生活レベルを落とさない
程度あり、働く時間自体も自己裁量で管理
出来る環境になれれば、脱サラする価値は
十分あったと僕は思います。

どうすればこの成功パターンに乗れるか?
は次項以降で見ていきます。

フリーランスの失敗パターン

逆にフリーランスになったのに今まで以上に
働かなければならず、収入もダウン・・・。
しかも不安定・・・。
先が見えない不安で精神的にもキツイ・・・。

こうなってくると何のためにフリーランスに
なったのか分かりません。

でも、こういう状況になるという可能性は
結構高いです。
特に、今の仕事から逃げたいなどの消極的な
理由でフリーランスになった場合
何をやるか
決めずにとりあえず会社を辞めた場合
スキル
や強みが全くない状態でフリーランスになった
場合
などがこういう状況に陥りやすいです。

当たり前と言えば当たり前ですよね(笑)

何事も準備は必要です。
フリーランスとプータローは紙一重なんです。
クラウドソーシングサービスを利用すれば、
確かにスキルが低くても仕事はあります。
でも、誰でもできる仕事は単価が安くなり、
結果的に長時間働く
羽目になります。

クラウドソーシングだけで生計を建てるのは
殆ど無理です。
副業としてとか本業の補助的に利用するのが
正しい使い方です。

フリーランスになるということは会社の庇護下
から外れて個人で社会と対峙していくことに
なるわけで、その覚悟がないと厳しいという
ことです。

フリーランスで成功するためのポイントは?

フリーランスで成功するポイントは次の7つに
なります。
副業として実績を出す
最低1年分の生活費を貯金しておく
自分の強み、他との差別化
ニーズの有無の調査
審査のあるものは済ませておく
家族の協力
フリーランスの生活をしっかりイメージする

一つ一つ見ていきましょう!

副業として実績を出す

サラリーマンとして働きながら、まずは副業
として実績を積みましょう!
フリーランスはサラリーマンとは全く違う
稼ぎ方になります。

フリーランスはあくまで結果に対して報酬が
支払われるという形
なので、この感覚を副業で
実体験するのが大事です。

多分最初から稼げる人は殆どいません。

失敗をして試行錯誤しながら徐々に稼げる
ようになっていくものです。
副業としてなら本業の収入が確保されている
ので、ノーリスクで取り組むことが出来ます。

いくらでも失敗し放題ということです。

この失敗の数々が後の大きな財産になります。

まずは副業で月10万円稼げるように
なりましょう!
さらっと書いてますが、このハードルは結構
高いです。
多くの人がここまでたどり着けず挫折して
やめてしまいます。
逆に10万円稼げたなら、フリーランスとして
やっていく基礎部分がある程度出来ています。

副業は何でもいいです。

ただ働きながらとなると、自宅で出来て
時間を選ばずに出来るウェブ系の仕事になると
思います。
ブログ、ユーチューブ、アフィリエイト、
ライター
などなど。

最低1年分の生活費を貯金しておく

いざフリーランスとして独立するにあたり
最低1年分の生活費は貯金しておいた方が
いいです。

なぜなら、フリーランスとして初期のうちは
実績も信用もないため安定的な仕事はなかなか
取れないからです。
収入が不安定ということです。

その時にお金に余裕がないと精神的に追い詰め
られてしまいます。

また、現実的に現在の生活が立ち行かなくなり
最悪自己破産までいってしまうこともあります。
仕事も選ぶ余裕が無くなり、安い単価で雇い主
の言いなり状態の悪循環に嵌ってしまいます。

貯金額1年分とは言わずは多ければ多いほど
いいです。

自分の強み、他との差別化

自分の強みや他との差別化と言うと難しく
聴こえるかもしれませんが、要はあなたが
何が出来るのか顧客から見て明確にすると
いうことです。

強みと言っても初期段階ではそれほど
ずば抜けた能力は必要ありません。
人より少しはそのことの関して語れる
だったり、興味があるくらいで構いません。

具体的には次の3点を明確にすることで
他との差別化は出来ます。
職業:ライター、デザイナーなど
ジャンル:ウェブ系、出版系など
得意分野:旅行記事、ファッション記事など

なんとなく分かりますか?

つまり、あなたが「ライター」として
やっていくつもりなら、ただ「ライター」と
名乗るのではダメということです。

それよりも例えば「旅行記事専門のウェブ系
記事を書くライター
」とした方が、お客様の
立場からしたらあなたに仕事を依頼しやすい
ということです。

あなたの方にも望む仕事の依頼が来るので
仕事効率の面でもメリットがありますよね!
興味があること」というのが結構ポイント
かもしれませんね?!
人間興味のあることなら勉強も苦には
ならないし、なにより楽しいと思います。

ここはじっくり時間をかけてあなたの強みを
考える時間を作った方がいいです。

ニーズの有無の調査

あなたの強みがある分野でも顧客のニーズ
無ければ、そもそもビジネスとして
成り立ちません。

顧客のニーズがあるかどうか調べる方法と
しては、実際に同業種でどんな分野の人が
稼いでいるのか調べることです。

まずは真似から始めるのがビジネスの基本
です。

世の中に完全なオリジナルなものは殆ど
存在していません。
どんな大企業でもやっていることは、
大抵が既存の商品やサービスの模倣であり、
付加価値をつける程度の真似っこです。
だから、成功している人を真似ることは
何も恥ずかしいことではありません。

あともう一つは生まれたばかりの新しい分野
などに便乗してみるというのもいい手です。
新しい分野と言うのは、最初のうちは規模も
小さく専門家もいないので、上手くすれば
あなたが第一人者になれるチャンスがあります

例えば10年前ならウェブ系の記事を専門に
書くライターは少なく、地位や待遇も低かった
ですが、現在は主流になりつつあります。

この辺を嗅ぎ分ける嗅覚は、もしかしたら
ある程度センスは必要かもしれませんが
そういう視点を持っているだけでもチャンスが
見つけやすくなることは確実です。

審査のあるものは済ませておく

フリーランスの社会的信用はサラリーマンに
比べて低くなります。

たとえ同じ年収だとしてもサラリーマンの
方が信用度は上です。

フリーランスになってクレジットカードを
作ろうと思っても、ショッピング系のカード
すらも審査に通らないということは実際に
あります。
出来れば、クレジットカードや住宅などの
大きなローンなどの審査はサラリーマン時
に済ませておく方がいいです。

家族の協力

家族がいる方は家族の協力も不可欠です。

会社を辞めてフリーランスでやることは
なかなか理解を得られにくいと思います。

どうしてもサラリーマン=安定という図式が
常識となっているためです。
実際はそんなこともないんですがね(笑)

どんな大企業でも簡単に倒産する時代ですし、
リストラなんかもありますし・・・。
むしろサラリーマンの稼ぎ方しか知らない方が
数倍リスクが高いというのが僕の個人的な意見
です。

とにかく家族を説得して協力してもらうことで
あなたも自分のビジネスに集中できるという
ものです。

そのためにも上記のように、まずは副業から
始めてある程度実績を上げておくことは必須
です。

逆の立場で考えれば、そういう裏付けもなく
いくら話されても説得力を感じられないと
思いませんか?!

フリーランスの生活をしっかりイメージする

フリーランスの生活をしっかりイメージして
シミュレーションしておくことは大事です。

在宅で仕事をしていると、気づいたら1日
誰とも会話しなかったなんてことや独り言が
やたら増えたりすることはあるあるです。

家族がいれば、少し違ってくるかもしれません
が、基本的に仕事に関して相談する上司も
いなければ、愚痴を言い合う同僚もいません。

孤独感で精神的に参ってしまう人もいます。
あなたが理想とするフリーランス生活という
ものを予め出来るだけ具体的にイメージして
シミュレーションしておきましょう。

朝起きてから寝るまでの理想の1日のタイム
スケジュールを作ってみるのがいいと思います。

その時点で「あ~。俺やっぱり無理だわ
となるかもしれませんし、具体的に考えると
いうことは必ずやるべきです。

まとめ

フリーランスの成功の定義とは
やりがいのある仕事
十分な収入
自由な時間

を十分に(個人差あり)得ることです。

フリーランスとして成功するための
ポイント
として・・・
副業として実績を出す
最低1年分の生活費を貯金しておく
自分の強み、他との差別化
ニーズの有無の調査
審査のあるものは済ませておく
家族の協力
フリーランスの生活をしっかりイメージする

が挙げられます。

いかがでしたか?

確かにフリーランスで成功することは
簡単なことではありません。
ただ主体的な人生が送れることは
間違いありません。

ま~向き不向きがあると思いますので
万人にはおススメしませんが・・・

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする