【フリーランスの税金】経費に計上して節税しよう!

どうもカルマです。

フリーランスになって節税する際の
ポイントとなるのが”経費”の計上
ですが・・・

何が経費として認められて
何が認められないのか?

その辺が曖昧だと不安じゃないですか?

今回は、経費の種類と考え方について
見ていきたいと思います。

ふーたん
ふーたん
領収書、経費で落とせるのって
なんか格好いいよね!
自分でビジネスをやっている
実感が沸く瞬間かもね?!
カルマ
カルマ

フリーランスの税金、経費に計上して節税しよう!

経費とは?

経費の定義ってそもそも何だろう?

経費」というのは、あなたのビジネスに
必要な費用
のことです。

逆にそれ以外の費用は「私費」と言います。

この経費をしっかり計上することで
節税効果が望めます。

どういう事かというと・・・

収益-経費-青色申告特別控除など
=所得

という式が成り立ちます。

そして、この「所得」の部分に対して
税金が掛けられるという仕組みに
なっています。

例えば、年間の収益が300万円だったと
して、必要経費が100万円かかったなら

300万円(収益)-100万円(経費)
-65万円(青色申告特別控除)=135万円

となります。税金が課税されるのは300万円
に対してではなくて135万円に対してと
なります。

経費の重要性が分かりましたか?

経費に出来る14項目

経費に計上できるモノは14項目
分けられます。

それぞれどういうモノがあるのか
見ていきましょう!

地代家賃

ビジネスを行うオフィスの家賃や駐車場代、
レンタルオフィスの費用などがこれに該当
します。

自宅兼オフィスの場合は、仕事に使う部屋の
面積の割合や時間の割合をあなたが申告
して、認められればその割合の分が経費として
計上出来ます。

水道光熱費

オフィスの水道光熱費は経費として
計上出来ます。

自宅兼オフィスの場合は、家賃と同じ考え方で
その割合分だけ計上出来ます。
基本的に家賃の割合と同じ割合になります。

但し、水道、ガス代に関しては算出が難しい為
通常は電気代のみ適用されます。

広告宣伝費

あなたのビジネス拡大の為に広告をうつ
ことがあると思いますが、これは経費
として計上出来ます。

支払い手数料

例えば銀行の手数料などは支払手数料として
経費計上出来ます。

旅費交通費

取引先やビジネスに関する移動の際にかかる
交通費は経費として計上出来ます。

領収書が取れるものは取っておきましょう。

スイカなどのICカードの利用は利用履歴が
残るので便利ですが、私用との区別をする為に
メモや出金伝票を残しておくといいです。

新聞図書費

ビジネスに関係する書籍などの購入費は経費
として計上出来ます。

自宅の新聞や趣味の書籍は対象外です。

通信費

郵便料金や固定電話代、携帯電話代、
インターネット利用の際のプロバイダー契約代
ブログをやるならレンタルサーバー代や
ドメイン料金などもこれに含まれます。

接待交際費

取引先との飲食代がこれに含まれます。
この経費が多過ぎると、税務署も突っ込んで
くるので、私用との区別をする為にもメモや
領収書は必ずセットにしておきましょう。

外注工賃

あなたのビジネスにレバレッジを利かせる為に
仕事を外注する場合、外注費は経費に出来ます。

租税公課

税金関係ですね。

個人事業税以外にも固定資産税不動産所得税
自動車税なども経費に出来ます。

ビジネスと私用が混在する場合は、割合を
考えなくてはなりません。

給料賃金

従業員を使う場合は、給料は経費に出来ます。

諸会費

オフィスを構える場所の自治会費などや
業界団体の会費などがこれに含まれます。

消耗品費

文房具やプリンターのインク、用紙代など

減価償却費

10万円以上の業務に使うモノを
減価償却費として耐用年数で割った金額を
経費として計上出来ます。

例えば、パソコンや車などですね。

品目ごとに耐用年数は決まっています。
例えば、パソコンなら4年という具合に
です。

ふーたん
ふーたん
いろいろ経費で落とせるのね!
うまく使えばかなり節税できるよ!
カルマ
カルマ

経費申請に領収書は大事!

経費申請領収書やレシートは大事です!

とりあえずなんでも領収書をもらう癖を
つけましょう。

フリーランスになると仕事とプライベートの
区別が曖昧になりがちです。

経費申請する際に経費になるかどうかは
考えればいいです。

詳しくは以下記事を参考にしてください
【副業】確定申告の経費って領収書がないとダメなの?レシートじゃダメ?

領収書が出ない場合の対処方法

メモや出金伝票を活用しましょう。

出金伝票は、何でも書くのではなく
予め使いどころを決めておくといいでしょう。

例えば、セミナー参加費などです。

いつ」「誰に」「いくら払ったのか?
メモする癖をつけましょう。

経費申請するかどうかの判断基準は?

経費とはビジネスにかかる費用ということなので
結構曖昧な部分も出てくると思います。

自宅兼オフィスのフリーランスの人なんかは
特にそうだと思います。

実際、それを経費として認めるかどうかは
税務署の担当者によっても変わります。

大事なのはあなたが自信を持って
説明できることです。

判断するのは人間なので、はっきり言って
絶対の正解はありません。

あと申請を受理されたから経費が認められた
というわけではないということは覚えて
おいてください。

税務調査は後からおかしなところがあれば
来るかたちになっています。

確定申告は青色申告で!

確定申告白色申告青色申告の2種類
あります。

青色申告の場合、複式簿記による記帳が必要で
難しいと思われがちですが、白色申告でも
収支内訳書は作らなければならないので
もう少し頑張って青色申告にしましょう!

今は、青色申告用のソフトもありますので
それほど難しくはありません。

青色申告すれば、青色申告特別控除を受けられ
65万円も控除することが出来ます。
白色申告のままだと控除額は0円です。

青色申告用ソフトとしては
MFクラウドFreeeが評判いいです。

どちらもクラウド型(ネット上に保存)なので、
どこでも作業が出来ます。

初心者にも分かりやすい使い勝手とサポートも
しっかりしているので、分からないことなどは
すぐ電話やネールで質問出来ます。

まとめ

フリーランスの特権として経費を使えるという
ことがあります。

経費の種類としては
地代家賃
水道光熱費
広告宣伝費
支払い手数料
旅費交通費
新聞図書費
通信費
接待交際費
外注工賃
租税公課
給料賃金
諸会費
消耗品費
減価償却費

の14種類があります。

何が経費で何が経費でないか?は後で
仕訳ければいいので、何でも領収書や
レシート
をもらう癖をつけましょう。

ふーたん
ふーたん

領収書やレシート捨てないようにしなきゃ!

それとこまめに帳簿をつけることだね!
カルマ
カルマ

確定申告青色申告でやることを
おススメします。
65万円の控除はでかいです!

今回はこの辺で終わりにします。

*******************************

只今、僕が師事しているYOUさんが
主催するオンラインサロンに永年無料で
参加することが出来るキャンペーンを
行っています。

有料級のとても有益で使える情報が、
YOUさんの口から聞くことが出来る
かもしれません。

登録はメルアドを入力するだけで
済みますのでお気軽にどうぞ!

******************************
【オンラインサロン】
入会費3000円?今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

①月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
②年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
③6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
④月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」。
⑤1日50人を安定して集客する方法
⑥コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
⑦世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
⑧半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
⑨リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
⑩初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

登録はこちら⇓⇓⇓

Free Life Project  ~『仕事=楽しい』が世界に広がっていく~






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする