【ギブアンドテイク】ギバーが一番成功できる?!(条件付きです)

どうもカルマです。

世の中には、3種類の人間がいます。
ギバー:与える人
テイカー:奪う人
マッチャー:バランス型

の3種類です。

その中で一番成功しやすいのは、
条件付きでギバーの人たちです。

この記事を読めば・・・

・【ギブアンドテイク】ギバーが一番成功できる?!(条件付きです)

が分かります。

【ギブアンドテイク】ギバーが一番成功できる?!(条件付きです)

ギバーとは、自分の持っているお金、知識、
時間、労働力、才能などを惜しみなく他人に
与える人たちのことを指します。

テイカーとは、常に他人から様々なものを
奪うことだけ考えているような人たちを
指します。

マッチャーとは、場面場面でギバーにも
テイカーにもなる人たちのことを指し、
殆どの人がこれに当てはまります。

ギバーは25%、テイカーが20%
マッチャーが55%を占めます。

この中で一番成功する確率が高いのは
ギバーだと言われています。
しかし、逆に一番失敗する確率が高いのも
ギバーなんです。

どういうことなんでしょうか?

テイカーは一時的に成功したように見える
こともありますが、周りを踏み台にして
成り上がっているので信用度がどんどん
下がっていってしまい最終的には必ず
落ちぶれます。

マッチャーはそこそこの結果を残す人も
いますが、全体的に見るとまずまずです。

ギバーは先述の通り成功できるギバーと
失敗するギバーに分かれると書きましたが
実際、2種類のギバーがいます。

それは、「自己犠牲型ギバー」と
WinWin型ギバー」です。
前者が失敗する典型的なギバーで
後者が成功するギバーです。

自己犠牲型ギバーは、とにかく自分の
持っているモノを全て差し出して
しまいます。

10の能力があったら、それを全て相手に
渡してしまい、結果的に自分は0になって
しまいます。
与えるだけ与えてそこで力尽きて
しまうんですね?!

頼まれたら断れない人
採算度外視で仕事を引き受けてしまう人
物事の優先順位をつけられない人

がこのタイプに当てはまります。

これに対し、WinWin型ギバーは、
自分の持っている能力と相手の能力を
かけ合わせてお互いにWinWinの関係
なれる人たちのことです。

お互いに利益を得られるので良好な関係を
続けられることが多く更に成功に近づいて
いきます。

自分の持っているものを活かす方法を
考えられる人、常にブラッシュアップする
ことを恐れない人
がこのタイプです。

人にものを与えると普通の人はお返しを
しなければと思います。
そのお返しももらったものよりも多めに
返そうと思うものです。

これを「返報性の法則」と言います。

但し、これも相手がテイカーの場合は
その限りではありません。
テイカーはもらえるものは骨の髄まで
搾り取ろうとします。
テイカーには近づかない、関わらない
というのが鉄則です。

テイカーの見分け方は難しいのですが、
特徴としては自分より偉い人には
媚びへつらい、自分より目下の人には
厳しく当たる
というものがあります。

一緒に飲みに行った時に、店員に対する
態度などを観察していると分かるかも
しれません。

人を見分ける能力も磨いていかないと
足元をすくわれることになってしまいます。

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする