効果的な疲労回復方法とは?

どうもカルマです。

なんとなくダルイな~
疲れが全然抜けない・・・

こんな悩みを抱えている人は
そもそも疲労回復方法が
間違っているのかもしれません。

この記事を読めば・・・

・効果的な疲労回復方法とは?!

が分かります。

効果的な疲労回復方法とは?!

疲労には二種類あります。
筋肉疲労神経疲労です。
筋肉疲労は運動や肉体労働などで
文字通り筋肉が披露している状態です。
筋肉疲労の回復方法はしっかり栄養を
摂って、身体を休めることです。

しかし、神経疲労ではこのやり方は
あまり効果がありません。

サラリーマンの疲れは大体が神経疲労だと
思いますが、疲労回復方法が間違っている
せいで疲れがスッキリ取れないというわけです

人間はもともと動き続けているのが
通常モードなので、例えば一日デスクワークで
机に縛り付けられている状態は逆に疲労感を
感じてしまいます。
これが神経疲労を引き起こします。
そもそも神経疲労とは身体の動きを
コントロールする中枢神経の働きが
上手くいかなくなる為、手足など末端まで
脳の指令がスムースに伝わらず「だるい」
感じてしまう状態を指します。
これは筋肉の疲れとは無関係な疲れです。

中枢神経の疲れの原因として、身体の歪み
あります。
猫背や腰痛、最近ではスマホの見過ぎから
くるストレートネックなどがあります。

神経疲労を回復させる為には
この身体の歪みを直さなければ
なりません。

神経疲労の回復方法を知らないために
筋肉疲労と同じ方法を試みてしまい、
一向に疲れが抜けないと
なってしまっているのです。

神経疲労を感じた時の効果的な回復方法
軽い有酸素運動」を行なうことです。

20分程度の軽いジョギング
30分程度のウォーキング

などが効果的です。

疲れている時に運動なんて・・・

そう思う人がいるかもしれませんが、
これは「動的回復法」という回復方法です。

軽い運動をすることで・・・
身体の歪みが取れる
全身の血行が良くなり、疲労物質を
流してくれる

ストレス軽減作用

という効果があります。

でも、疲れて帰ってきてそれから外で運動
とか考えられない・・・

そんな人もいると思います。

そこでおススメするのが、通勤を運動に
してしまうという
方法です。
自転車で通勤してみたり、少し遠回りして
歩く
という手もあります。
自宅でやれる有酸素運動としては、
お風呂上りなどに軽いストレッチ
するだけでも効果があります。

運動は精神にもいい効果をもたらすことが
分かっていて、「明日も頑張ろう!」という
前向きな気持ちになることが出来ます。

いかがでしたか?

疲れを取る為に動いた方がいいというのは
ちょっと思いつかないですよね?!

でも、その効果は科学的にも証明されています

試してみてください!
きっと効果を実感できると思います。
また、運動を習慣化出来れば・・・・
体型を改善出来たり、筋肉がつくことによって
基礎代謝が上がり太りにくくなったり、
疲れにくくなったりといいことづくめです。

その辺は以下記事で詳しく書いてます
ストレス解消法としての運動の効果とは?絶対やるべき!

また、やはり疲労回復には筋肉疲労であれ
神経疲労であれ「睡眠」が最強です。
その辺は以下記事で解説しています
睡眠は量よりも質を追求しよう!

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする