「生きがい」と「やりがい」の違いとは?

どうもカルマです

生きがい」と「やりがい」。

似たような言葉ですが、意味が微妙に
違います。

今回は、その違いについて見ていきます。

この記事を読めば・・・

・「生きがい」と「やりがい」の違いとは?
・「生きがい」の見つけ方

が分かります。

「生きがい」と「やりがい」の違いとは?

生きがいとは?

生きがい」とは「生きている意味
生きている証」のような意味です。

生きがいとしていることに取り組んでいる時は
心の底から楽しいと感じ充実した時間を過ごす
ことが出来ます。

あなたにはそんな時間がありますか?

日々の暮らし、仕事に追われ、
生きているだけで精いっぱい
なんて人も多いんじゃないですか?!

でも、人生の時間はこうしている間にも
刻々と進んでいます。
そして、終わりの時は確実に
迫っているのです。

生きがい」がある人生を送りたいと
思いませんか?

自分には生きがいなんて無い
今まで熱中したことも無い
好き嫌い言ってられるほど余裕が無い

こんな「無い無いづくし」の言葉が聴こえて
きそうですが・・・。

誰でも見つけようという気持ちがあれば
生きがい」は見つけられると思います。

やりがいとは?

やりがい」とはあることをやった時に
何か見返りがあって感じる感情のことを
指します。

お金がたくさんもらえる。
褒められる。
上司に認められる。
昇進する。栄転する。
すごいね!と言ってもらえる
笑ってもらえる。
泣いてもらえる。
感謝される。

つまり、他人の評価というものが「やりがい
には大きく関係してきます。

やりがいのある仕事
という言葉がありますが、それは上記のような
他人からの評価があって、初めて成立するもの
です。

もし、上記のものが何もなくても
やり続けることが苦ではないのなら、
その仕事は「
生きがい」なのかもしれません。

「生きがい」と「やりがい」の違いとは?

生きがい」と「やりがい」の違いはとは?
何処にあるのでしょうか?

簡単に言えば、「生きがい」はあくまで
自分本位で「好きなこと」「楽しいこと」です。

極端に言えば、お金にならなかろうが・・・
他人にどう思われようが・・・
一人ぼっちだろうが・・
疲れていようが・・・
時間の無駄と思われようが・・・

好きでやってしまうことを指します。

これとは対照的に「やりがい」には
どうしても他人の評価が必要になってきます。

上記の「生きがい」のような
お金にならない
他人にどう思われても構わない
ひとりで誰にも気づかれなくてもいい
寝る間を惜しんでやりたい
何の生産性もない

このようなことに「やりがい」は感じられない
と思います。
つまり、その行為そのものよりも、
それによってもたらされる様々なリターンに
対して感じるのが「
やりがい」というわけです

別にどちら良いとか悪いとかという話では
ありません。

どちらも人生に張りや喜びを与えてくれる
という意味ではあるに越したことはありません

仕事が生きがい」という人は
羨ましいですね?!

好きなことでお金を稼いで食っていけてる
わけですから・・・。

人生の大半の時間を仕事に費やさなければ
ならないことを考えると・・・
仕事をしている気にならないくらい楽しい
というのは、一番幸福なことかもしれません。

殆どの人はそうではないわけですから・・・。

「生きがい」の見つけ方

そういうわけで「生きがい」が無いという人も
ちょっと自分の胸に手を当てて考えてみる価値
はあります。

僕(わたし)の生きがいってなんなの?

少なくとも無駄なことではありません。

①あなたの気持ちに素直に向き合う

純粋にあなたの「好きなこと」「楽しいこと
は何か?自問自答してみてください。

どんな些細なくだらないと思われることでも
構いません。

結構答えは「過去の自分の中」にあったり
します。

いつも無意識にやってしまうこと・・・
やっていても全く苦にならないこと・・・
心が落ち着くようなこと・・・

誰でも一つや二つあると思います。

生きがい」というと例えば・・
旅行
趣味
マラソンなどスポーツ
美味しいものを食べる
家族団らん
子供(孫)の成長を見る

などなど他人に言いやすいものが
思い浮かぶかもしれませんが・・・

別にあなたが「好き」で「楽しい」なら
何でもいいわけですから
海辺でぼんやり波の満ち引きを見る
プチプチをつぶす
漫画を読む

などでも全然構わないわけです。

要は限られた人生の時間の中で
楽しいと思える時間」を1秒でも多く
過ごすことが出来ればいいわけですから!

②とりあえずやってみる

少しでも「面白そうだな」と思ったことは
とりあえずやってみるということは大事です。

やってみなければ分からないことなんて沢山
あるわけだし、合わなければ止めるのも自由
です。

過去の自分を振り返ると言っても
ひとりの人間の「過去の経験」なんてものは
たかが知れているわけで、新しいものに
目を向けるというのは自然な行為なわけです。

そこで初めてあなたの隠れた才能に気づく
なんてことも十分ありうることです。

自分には才能も何もない」なんて諦めるのは
まだ早いということです。

③ある程度は頑張ってみる

新しいことを始めると最初は目新しくて
新鮮で楽しく感じるものです。

しかし、必ず最初の壁にぶつかります。

そこで止めてしまうのではなくて
もうひと踏ん張りだけしてみてください。

そこで頑張らないと見えないものが
必ずあるからです。

ある程度3か月とか半年とか期間を区切って
挑戦してみるのがいいと思います。

まとめ

生きがい」とは、その行為そのものが
あなたが「好きなこと」「楽しいこと」です。
やりがい」とは、その行為をすることで
他人から得られる評価などに感じる感情です。

生きがい」の見つけ方
あなたの気持ちに素直に向き合う
とりあえずやってみる
ある程度は頑張ってみる

いかがでしたか?

時間」は有限です。
それをどう使うかはあなた次第です!

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする