一貫性に拘る時間は人生にはないよ!

どうもカルマです。

人間は自分が言った言葉に対して
「守りたい」という欲求があります。

しかし、あまりこれに拘り過ぎるのは
かえっていい結果に繋がらないことも
あります。

この記事を読めば・・・

・一貫性に拘る時間は人生にはないよ!

が分かります。

一貫性に拘る時間は人生にはないよ!

一貫性とは?

人は自分の口にした言葉や起こした行動を
貫きたいという欲求があります。

これを一貫性と言います。

例えば・・・
「英検で1級を取って海外留学する」
宣言することで、なんとか実現できるように
行動し始めるということです。

その宣言が大勢の人前で行われれば
その効力も強まります。
ポイントは自発的な行動と少し努力を要する
ことと多くの人に知られることです。

自分の言ったことには責任を持ちたい
有言実行したい
という欲求が誰にでも
あるということです。

これ自体は行動のモチベーションに
繋がりますし、悪いことではありません。

だからコミットメントを取りたがる

一貫性の心理はマーケティングでも盛んに
利用されます。

例えば・・・
「アンケートに答えてください」
と言って、いくつか質問をします。
・・・アンケートに答える(行動)

「あなたは将来どうなりたいですか?」
・・・お金持ちになりたい

「お金持ちになる為にはどうしますか?」
・・・お金の稼ぎ方を勉強したい

「最新のお金の稼ぎ方を勉強できるこの教材
に興味がありますか?」

・・・「はい。興味があります」

「もっと詳しい説明を受けたいのであれば
メールアドレスを入力してください」

・・・メールアドレスを入力する(行動)

この様に最初の質問でお金持ちになりたい
と答えたことで、それ以降の答えもそれに
沿った答えに固定されてしまう
ということが
起こります。

そしてアンケートに答えるメールアドレスを
入力する
という行動が伴うことで、その行動が
間違いでないことを証明するために教材を
買う方向に行動が向かっていくのです。

その為、セールスのテクニックとして
この最初の行動であるアンケートに
興味を持たせ、答えさせることに最も力を
注ぎます。

この行動のことを「コミットメント」
言います。

「約束」という意味です。
「コミットメント」を取ることが購買意欲を
高めます。

一貫性は行動を伴い、それが広く知られ、
努力を必要とし、自発的に行なった
(そう錯覚させた)場合に発動します。

これは誤ったコミットメントを取った場合でも
それを正当化するために発動します。

一貫性の罠にはまらない

物を買うような場合はまだいいですが
「目標」を掲げて、それを周囲の人に宣言した
場合も一貫性は発動します。

これで「目標」に向かって邁進出来れば
いうことないのですが、最悪なのは
「目標」言い訳にしてしまうことです。

例えば、上の例で・・・
英検で1級取って海外留学する
という目標を周囲にも宣言した場合
「英検1級」に何度挑戦しても実力不足で
落ち続け、次第に諦めムードになり
目標自体から目を背け始めるようになったり
もします。

「今は充電期間」などと言い訳をして
行動を先延ばしにしたりもします。

この様に「目標」が現状にそぐわない場合
行動が次第に伴わなくなってきて、
「目標」が「絵に描いた餅」に
なってしまうことはよくあります。

そうならないためにも最初に掲げた「目標」は
常にブラッシュアップしていく
必要があります

あなたの置かれた環境、スキルや情勢は刻々と
変化していくものです。
その変化に合わせて「目標」も微調整が
必要になってきます。

一貫性はかなり強い欲求ですが、「目標」が
成し遂げられないと感じると、自己防衛の為、
「目標」自体を無いものにしたり、
目を背けたりし始めます。

一貫性の反動とも言えます。

まとめ

人は自分の口にした言葉や起こした行動を
貫きたいという欲求があります。

これを一貫性と言います。

②<span class=”bold-red”>一貫性行動を伴い、それが広く知られ、
努力を必要とし、自発的に行なった

(そう錯覚させた)場合に発動します。

一貫性はかなり強い欲求ですが、「目標」が
成し遂げられないと感じると、自己防衛の為、
「目標」自体を無いものにしたり、
目を背けたりし始めます。

そうならないためにも最初に掲げた「目標」は
常にブラッシュアップしていく必要があります

いかがでしたか?

一貫性をうまく発動させることが出来れば
行動のモチベーション維持にはかなり有効です

一貫性の罠にはまらず上手く活用したい
ものです。

では!

この辺で終わりにします。