なぜ人は働くのか?

どうもカルマです。

なぜ人は働かなくてはならないのか?

人生の大半の時間を人間は仕事に
費やします。
その時間が本当にあなたの好きなことや
やりたいことなら幸せですよね?!

生きるために働くのか?
働くために生きるのか?

似ているようで大きな違いがあります。

この記事を読めば

・なぜ人は働くのか?
・理想と現実のギャップに苦しんでいる人は多い
・仕事が全てではない

が分かります。

なぜ人は働くのか?

単純に生きるため

単純に日々の生活を維持するため、
食べていくため
に働いている人は
大多数なのではないでしょうか?!

日々、仕事に心の底からやりがいと
充実感を感じている人はとても恵まれて
いると思います。

住居費、水道光熱費、食費、交通費
などなど・・・
普通に日常生活を維持していくのにも
お金はかかります。

まだ少しでも仕事に適正と面白みを
感じられていれば良しとした方が
いいかもしれません。
また、人生に目標があったり、
家族を幸せにしたいなど目的があれば
これもいいと思います。

しかしながら、ただお金のため、
生きるためにのみ仕事をする
には人生長すぎる気がします。

人生を充実させるため

人生の大半の時間を費やす仕事が充実した
ものであるなら、仕事の充実と人生の充実は
同義
と言っても差し支えない気がします。

その為に少しでも興味のあることに関連した
職選び、今従事している仕事に対する姿勢も
重要になってきます。

とりあえず就いた仕事にも何かあなたが
打ち込めそうなものは無いか?
興味を持てそうな部分はないか?

模索していく姿勢は大事だと思います。

それでもどうしても仕事に興味が持てない、
やりがいが感じられないならば、転職も視野に
入れた方がいいかもしれません。

自己実現のため

運よく自分の好きなことで稼げている人は
とても幸せなことです。
ただし、好きなことでやっていくのは、時には
しんどい思いをすることもあるはずです。

それだけその仕事を突き詰めていかなければ
なりませんし、あなたのオリジナリティや
アイデンティティなど総動員する必要が
あるからです。

プロフェッショナルの舞台なので、
逃げ場はないということです。

それが生きがい、生きている実感に繋がると
いう風に考えられるといいのですが・・・。

社会貢献のため

社会のためになる仕事をしたいというのは
素晴らしい考え方だと思います。

そういう風に仕事に対して高い意識を持てる
ということは、充実した人生を歩んでこられた
証かもしれません。

実際、こういう人たちのおかげで
社会は回っているんです。

理想と現実のギャップに苦しんでいる人は多い

仕事に対する高い志があっても、全員が全員
理想の職業に就けるわけではありません。

能力的な問題や家庭環境、社会情勢など
様々な事情によって妥協しながら働いていると
いうのが大多数の実情ではないでしょうか?!

好きなことで稼げるとは限らない

好きなことで稼げたら一番ですが
そうとは限りませんよね?!

逆に稼げたらかなり恵まれていると
考えるべきだと思います。

例えば野球が好きな子が全てプロ野球選手に
なれるわけではありませんし、プロになれても
そこで稼げる人はほんの一握りです。

好きなことで稼ぐ為には
誰よりも○○が好きという強い気持ちと
並大抵ではない努力、そして運が必要です。

仕事の将来性も考えるべき

どんなに好きなことでも将来もちゃんと
見据えていかないといけません。

例えばプロ野球選手でもずっとは
やっていけませんよね?!
いつか引退する時が来るわけです。

それでもある程度その世界で成功して
一財産築ければいいのですが、
それも無理そうなら早めに見切りをつける
ことも必要です。

そういうタイミングや時機を見誤ると
後々の人生を大きく狂わせることに
なってしまいます。

仕事が全てではない

人生の大半の時間を費やす仕事の充実は
人生の充実と同義という話をしてきましたが
どうしてもやりたい仕事に出会えなければ
仕事をいっそ生活の手段と割り切ってしまう
のも一つの考え方です。

手段ですから、なるべく効率化を図って
時短の方向に持っていく努力をしていけば
いいわけです。

本業で稼いだお金で資産運用をし、
不労所得を得る手段を考える

ブログなど積み上げ式の収益方法を
やってみる

自己投資にお金を使い、自分の価値を
高める(時給を上げる)

これらを実行していきワークライフバランス
あなたの理想に近づけていくのです。

少ない時間で十分に稼ぐことが出来れば、
残りの時間は趣味に費やしたり、好きなことを
して生きていけます。

仕事を一番大事にしなきゃいけない
という価値観に縛られる必要はないのです。

あなたの人生なんですから・・・

まとめ

なぜ人は働くのか?
単純に生きるため
人生を充実させるため
自己実現のため
社会貢献のため

実際は仕事に関して理想と現実のギャップに
苦しんでいる人は多いと思います。
誰もがなりたいものになれるわけではありません

好きなことで稼ぐ為には
誰よりも○○が好きという強い気持ちと
並大抵ではない努力、そして運が必要です。

どうしてもやりたい仕事に出会えなければ
仕事をいっそ生活の手段と割り切ってしまう
のも一つの考え方です。

手段ですから、なるべく効率化を図って
時短の方向に持っていく努力をしていけば
いいわけです。

いかがでしたか?

あまり一つの価値観に縛られるのは
良くありません。

何が大事なのか?本質を見極めることが
大事
です。

最終的に幸せな人生が送れたと感じれれば
いいわけですから・・・。

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする