【アフィリエイト】広告は何を選べばいいの?ポイントを解説

どうもカルマです。

アフィリエイトは、あなたのブログ記事に
広告を貼ってそこから広告収入を得る
ビジネスモデルです。

では、実際どんな広告を貼ればいいの?

そんな疑問が湧いてくると思います。

今回は、広告を選ぶ際のポイントを
見ていきたいと思います。

この記事を読めば
・アフィリエイト広告は何を選べばいいの?
・グーグルアドセンス広告を貼る
・ASP案件を選ぶ際のポイントは?
・ライバルが強いジャンルは?
が分かります。

アフィリエイト広告は何を選べばいいの?

アフィリエイトというビジネスは、
簡単に言うと、記事を書いて、その記事に
興味を持っている読者が欲しがりそうなモノ
の広告を貼って成約を狙うというものです。

その事からも分かる様に、数多ある広告から
どの広告を選ぶか?がこのビジネスの肝と
なります。

せっかくいい記事を書いても、貼ってある
広告が読者のニーズとマッチしていなければ
全く成約が取れず、報酬が発生しないという
ことになってしまいます。

アフィリエイト広告には大きく分けて2種類
あります。

グーグルアドセンスや楽天アフィリエイトに
代表される「クリック型」広告。

ASP(アフィリエイト サービス
プロバイダー)に登録して、
そこから企業などの広告を仲介してもらう
成果報酬型」広告
の2種類です。

それぞれ見ていきたいと思います。

グーグルアドセンス広告とは?

グーグルが提供しているアフィリエイト広告
サービスです。

「クリック型」広告には他にも
楽天アフィリエイトやアマゾンアソシエイト
などのプログラムがありますが、クリック
単価が倍以上違うので、グーグルアドセンス
一択と言っても良いと思います。

上記の2つは、あくまでアドセンスのサブと
考えても構いません。

「クリック型」広告は、文字通り広告を
クリックされた時点で報酬が発生します。

クリック単価は、ジャンルや時期によって
変動しますが、平均すると20~30円
くらいです。

楽天やアマゾンは商品価格の1%なので
千円のものが売れて10円という感じです。

「クリック型」広告の一番の利点は、
読者の過去の購入履歴や検索履歴などの
データをもとに自動で広告を表示して
くれる
というところです。

初心者が一番悩むであろう広告選択を
やらなくても良いという点では初めて
アフィリエイトに取り組む際には
やり易いと思います。

逆に「クリック型」広告の欠点は
ASPの広告案件に比べて、単価が低い
多くのアクセスを集めないと報酬額が
上がらない
というところです。

それぞれのプログラムに参加するには
あなたのサイトの審査があります。

特にアドセンスは審査が厳しいことで
有名です。
また、審査の待ち時間も長めで
数か月かかるのは普通です。

この段階で脱落していく人も多いです。

また、審査合格して収益化出来ても
規定違反をすれば、ペナルティや
アカウント凍結などもあります。

規定については、しっかり熟読して
頭の中に刷り込んでおかないと
いきなりアカウント停止をくらって
収益がゼロになってしまうこともあるので
注意が必要です。

ASP案件を選ぶ際のポイントは?

ASP(アフィリエイト サービス
プロバイダー)とは企業などの広告主と
アフィリエイターの橋渡しをしてくれる
仲介業者のことです。

A8ネットやアフィB、バリューコマース、
アクセストレードなど数十社あります。

A8ネット
アフィB
バリューコマース
アクセストレード

登録は無料で出来ます。
各社得意分野など特色がありますので
数社登録しておいて広告案件によって
比較検討する感じです。

実際、広告案件はものすごい数があるので
何を選べばいいのか迷うと思います。

そこで、広告を選ぶ際のポイントを6つ
ご紹介します。

ライバルリサーチする

こらはズバリ「真似をする」ということです。

あなたが狙っているジャンルのライバルの記事
をリサーチして貼られている広告を真似すれば
それなりの結果は出せると思います。

報酬の高いものを選ぶ

報酬単価の違いはバカになりません。
1個売れて100円のものと
1000円のものでは、同じ報酬を
得るために十倍の成約が必要になって
しまいます。

有名どころを狙う

一応誰でも知っているようなメーカーの
商品の方が、売れやすいというのは
事実です。

いくらいい商品でもやはり無名の会社の
商品は弱いです。

購入者の立場に立てば分かりますよね?!

成約の難易度を考える

広告の制約条件は大きく分けて
2種類あります。

申し込み案件」と「物販案件」です。

申し込み案件」の特に「無料」登録
成約のハードルが低いので狙い目です。

やはり「無料」は最強です(笑)

無料案件でも報酬が高いものはありますので
狙っていきましょう!

物販案件」はやはりセールスに少しコツが
いるので難易度は高めです。

例えば「アフィリエイトの手順」とか
「自転車のパンク修理のやり方」といった
「手順・やり方」系の記事なら、記事の流れ
の中で必要なものを自然にセールス出来ます

また、あなたが詳しい分野なら
経験を踏まえた記事が書けると思うので
成約を取りやすくなると思います。

「健康食品」等、とりあえず使ってもらって
リピートを狙っているような商品は報酬単価
が商品単価と同等かそれ以上というものまで
あります。

広告を貼り過ぎない

広告をべたべた貼り過ぎるのはダメです。
そもそも記事に集中出来ませんし、
嫌がられます。

人はセールスをかけられるのは基本的に
嫌がります。

記事の頭の部分、記事中(2個まで)、
記事の最後の部分、サイドくらいに
留めておきましょう。

また広告の種類もなるべく「これだ!」
という商品にある程度絞った方がいいです。

というのも、一つの商品をたくさん売ると
特別単価」で売ることが出来たり
するからです。(ASPからお願いされます。)

特別単価」だと報酬が2倍とかも
ありますので、一気に報酬を伸ばすことが
出来ます。

⑥競争が激しい分野は避ける

ライバルが多いジャンルはそもそも記事の
上位表示が難しいので、商品からサイトの
テーマを決める際には避けた方が無難です。

ライバルが強いジャンルは?

株、FXなどの投資案件
クレジットカード
ウォーターサーバー
キャッシュローン
中古車買い取り・販売
引っ越し見積もり
脱毛、育毛
転職・就職
青汁、酵素ドリンク
保険系
出会い系

これらは、超激戦区になっているので
初心者は避けた方がいいです。

まとめ

①広告は大きく分けて「クリック型」と
成果報酬型」の2種類があります。

②「クリック型」ならグーグルアドセンス
一択です。それ以外はサブ的なものです。

③広告選びのポイントは
上手くいっている人の真似をする
報酬の高いものを選ぶ
有名どころを狙う
成約の難易度を考える
広告を貼り過ぎない
競争の激しいジャンルは避ける

いかがでしたか?

広告は1回貼って終わりではなく、常に
いろいろ試してみてべストな状態を探る
ことが大事です。

試行錯誤の連続ということです。

*******************************

只今、僕が師事しているYOUさんが
主催するオンラインサロンに永年無料で
参加することが出来るキャンペーンを
行っています。

有料級のとても有益で使える情報が、
YOUさんの口から聞くことが出来る
かもしれません。

登録はメルアドを入力するだけで
済みますのでお気軽にどうぞ!

******************************
【オンラインサロン】
入会費3000円?今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

①月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
②年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
③6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
④月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」。
⑤1日50人を安定して集客する方法
⑥コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
⑦世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
⑧半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
⑨リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
⑩初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

登録はこちら⇓⇓⇓

Free Life Project  ~『仕事=楽しい』が世界に広がっていく~






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする