瞑想と同じ効果が得られるスポーツ3選

どうもカルマです。

脳を休ませ、頭の中をスッキリさせたり、
精神的にもポジティブになれる”瞑想”は
是非日々の生活の中に取り入れたい習慣の
一つです。

実際、その効果は広く認知されていて
世界の超一流企業であるGoogle
ゴールドマンサックスなどが社員研修の
一環としてマインドフルネスを取り入れて
います。

今回は、瞑想と同様の効果が得られる
スポーツを3つ見ていきたいと思います。

この記事を読めば・・・

・瞑想と同じ効果が得られるスポーツ3選

が分かります。

瞑想と同じ効果が得られるスポーツ3選

マラソン

マラソンは他人と競う競技ですが、自分との
戦いという一面もあります。
実際、殆どのマラソン愛好家は周りと競うと
いうよりは過去の自分のタイムを縮めようと
頑張っている人が多いと思います。

この自分との葛藤やひたすら内面と問答を
繰り返す行為が瞑想の「今の自分」に
目を向ける
という部分と共通しています。

苦しいけど・・・
まだいけるのか?
もうひと踏ん張りできるか?
いや、もうリタイアしようか?!
あと何キロあるのかな?
体力はもつかな?

走りながら自問自答を繰り返しています。
そして、次第に踏み出す脚の一歩一歩
ただひたすら走ることだけに集中して
いきます。

ボルダリング

ボルダリングとは壁に取り付けられた突起を
利用して壁をよじ登る競技です。
自分の体重を指先や腕で支えなければ
なりません。
瞬間瞬間に判断を求められ、集中力を養う
ことが出来ます。

ヒルクライム(自転車)

自転車で山道などを走る競技をヒルクライムと
いいます。
ひたすら坂を上り続けていく中で、自分の体力
と筋肉の疲労度、ペース配分、コースの状況等
を考え続けます。

サドルに腰かける位置を微妙にずらして
筋肉にかかる負荷を分散させながら、
時には立ち漕ぎをしながら登っていきます。

自分の身体の状況をつぶさに見つめ続けると
いう部分が瞑想に似ています。

まとめ

瞑想と同じ効果が得られるスポーツ3選
マラソン
ボルダリング
ヒルクライム(自転車)

いかがでしたか?

これらの競技の特徴として主に自分自身との
戦い
であるというのがあります。

そして、これらのスポーツを終えた後の
充足感や多幸感は瞑想に共通するものが
あります。

精神的なストレスの発散や集中力の向上を
実感できると思います。

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする