マインドフルネスとは? 簡単に解説!やり方のポイントは呼吸

どうもカルマです。

マインドフルネス」という言葉を
聞いたことがありますか?

人間はどうしても過去や未来に捉われて
今、現在」に集中出来ません。

マインドフルネスとは「今、現在」に
集中している状態を指します。

瞑想やヨガにも似ていますが、誰でも
何処でも、やり方さえマスターすれば
出来る手軽さが人気を呼んでいます。

実際にグーグルアップルインテル
ゴールドマンサックスなど世界的な
大企業も社員研修の一環としてこの
マインドフルネスを取り入れています。

そして、実際に個々の能力アップや
ストレス軽減などの実感を得ていると
いうことです。

この記事を読めば・・・

・マインドフルネスとは? 簡単に解説!やり方のポイントは呼吸
・マインドフルネスの効果とは?人生豊かに・・・

が分かります。

マインドフルネスとは? 簡単に解説!やり方のポイントは呼吸

マインドフルネスとは?

精神と肉体、どちらも大事です。

肉体を鍛えるのはスポーツをしたり、筋トレを
したりとイメージが湧きやすいですが、
精神を強くするにはどうしたらいいのか?
すっきり答えづらくありませんか?

マインドフルネスとは「今」「この瞬間」
注目するという考え方です。

あなたは「今」「この瞬間」に意識を
向けられていますか?

殆どの人が今のことは上の空で過去や未来に
想いを馳せているのではないでしょうか?!

仕事をしながら・・・
今度の休みは何しよう・・・
とか

歩きながら・・・
昨日のテレビおかしかったな~・・
とか

昼ご飯を食べながら・・・
今日は夕飯は何にしようか・・・
とか

考えてしまいますよね?!

マインドフルネスな心とは、今、目の前の
ことに全力で集中している状態のことです。

スポーツ選手が良く言う
ゾーンに入る」という状態です。

自分のパフォーマンスを最大限発揮できる
状態と言えます。

そして、その時の自分の感情をありのままに
受け入れることも重要です。

良し悪しの判断もしません。

今、僕は焦っているな
今、僕は苛ついているな
今、僕はテンション上がってるな

ただ、自分の感情を客観的に眺めるだけです。

実際にマインドフルネスを実践してみると
精神的にとても穏やかな気分になります。

仏教の”悟りを開く”のお手軽版と
考えてもらうと分かりやすいかもしれません。

日常生活の中にも取り入れやすいことと
宗教色や怪しさ、いかがわしさが皆無なので
誰でも取り組みやすいでしょう

マインドフルネス瞑想のやり方

では、実際にマインドフルネスな状態
なる為の方法を見ていきましょう!

①背もたれのある椅子に背筋を伸ばして
寄りかからずに腰かけます。
頭のてっぺんから糸でつられている様な
イメージです。

②目を閉じるか、半眼で前方の一点をぼんやり
見つめます。

③3秒くらいかけてゆっくり息を吸い、今度は
5秒くらいかけてゆっくり息を吐きます。

呼吸に意識を集中させます。
「吸って~、吐いて~」のみに意識を
集中させます。

多分、他のことが頭に浮かんでくると
思いますがやり過ごす感じで、また呼吸に
意識を戻せばいいです。

時間は最初は5分程度でも大丈夫です。

どうですか?

気持ちが大分穏やかになったと思います。

これがマインドフルネス効果です。

瞑想以外にマインドフルネスに近づく方法

ジャーリング

頭に浮かんだことを紙に書き連ねる方法です。
とにかく難しいことは考えないで思いつく
ことをどんどん紙に書いていくだけです。

5~10分程度やってみてください。
最初はしっくりこないかもしれませんが、
頭の中がスッキリしていることに気づくと
思います。

マインドフルネス・イーティング

食事の際に、テレビやスマホなどを見ずに
ひたすら食べることに集中する方法です。

食べ物の味、匂い、食感など
ゆっくり噛みしめるように時間を
かけて食事に集中します。

こういう時間を持つ事が精神の安定に
繋がるということを実感できると思います。

マインドフルネスの効果とは?人生豊かに・・・

マインドフルネスの効果として挙げられる
のが、次の3つです。

集中力が高まる

マインドフルネスの状態に近づく方法は
集中力を鍛える訓練にもなります。

いつでも集中出来るようになるスキルとも
言い換えることが出来ます。

ストレス解消

雑念を捨てて、自分を客観視することで
冷静に自分自身を見つめることが出来ます。

意外と悩みやストレスがそれ程のものではない
ということに気づけるわけです。

洞察力、直観力、創造力が高まる

頭の中がスッキリすることで思考がクリアに
なります。

脳みそのコンディションをベストな状態に
することが出来ます。

まとめ

マインドフルネスとは「今」「この瞬間」
注目するという考え方です。

マインドフルネスに近づく方法として
瞑想ジャーリングマインドフルネス
イーティング
などがありますが、
共通しているのは、今やっていることに
集中する
ということです。

③マインドフルネスの効果として・・・
集中力が高まる
ストレス解消
洞察力、直観力、創造力が高まる

などがあります。

いかがでしたか?

結局、「未来」は「今、この瞬間」の積み重ね
の結果です。

「今、この瞬間」を軽んじれば、決して
「いい未来」はやってこないでしょう。

では!
この辺で終わりにします。