【脱サラ】失敗するとどうなる?その後の生活は?

どうもカルマです。

今回は脱サラ起業について反対の側面から
見ていきたいと思います。

つまり”失敗”したらどうなるの?
という話です。

最悪の状況を想定しておくことは
大事なことです。

まぁ、あまりそっちに引っ張られ過ぎると
怖くて何もできなくなってしまいますが
・・・。

この記事を読めば
・脱サラに失敗するとどうなる?
・借金の返済について
・脱サラ失敗を避ける方法は?
が分かります。

脱サラに失敗するとどうなる?

意気揚々と脱サラして起業したのに、
すぐに現実の厳しい壁にぶつかって廃業
・・・

実際、よくある話です。

脱サラに失敗すると一体その先の人生は
どうなってしまうのか?

全てが当てはまるわけではないと
思いますが、考えられる状況を
見ていきたいと思います。

借金を背負う

起業するにはお金がかかります。
お金をかけない起業方法もありますが
それはのちほど・・・。

全て自己資金で賄えればまだいいですが
借入などをしていた場合、当然返済の
義務が生じます。

借金の督促財産の差し押さえ
覚悟した方がいいでしょう。

起業したビジネスが上手くいかなかった
場合、その借金はその後の人生に大きな
影響を及ぼすことは間違いありません。

家庭崩壊

安定したサラリーマンの収入が無くなる
ことは、不安なものです。

サラリーマンが本当に安定しているか
どうかは置いておいて・・・。

そういう心に余裕がない状態で、奥さんと
些細なことで口論になったり、関係悪化、
最悪は離婚なんてことになってしまう
こともあります。

また、お金が無くて、子供の教育を
十分に受けさせられないといった事態は
親としては心苦しいものです。

起業の際には、家族とよく話し合って
しっかり理解をしてもらってから
踏み切るのが最善の方法だと思います。

家族の協力は不可欠なものです。

再度、起業する

一度の失敗でへこたれず、再度起業に挑戦
するのも一つの方法です。

というのも、一回目の失敗によりあなたは
多くのことを学ぶはず
だからです。

その失敗を次の起業に生かせれば、成功
出来る確率は上がるはずです。

成功するまで挑戦すれば、途中の失敗は
全て最終的な成功の糧
という考え方です。

ずいぶん前向きな考え方ですが、
現実的にお金が無くなったら起業なんて
出来ないと思うかもしれません。

でも、今の時代お金が無くても起業は
出来ます。

具体的にはブログアフィリエイトなどの
インターネットビジネスです。

再就職する

もう一度、サラリーマンに戻るというのも
一つの手かもしれません。

もしかしたら以前より条件は悪くなるかも
しれませんが、とりあえずは安定的に毎月
収入が入る様になれば少しは落ち着いた
生活が出来るでしょう。

一般に20~30代の若いころの起業失敗は
そのチャレンジ精神を評価される場合も
ありますが、40代以降は逆に計画性が無い
というマイナスイメージでとられがちです。

借金の返済について

起業に失敗して、多額の借金を
背負ってしまったらどうすればいいのか?
見ていきたいと思います。

親類や知り合いから借りる

利息の高い借金をとりあえず返済する為に
身内や知り合いに借りるという方法です。

しかし、その後の人間関係に関わって
きますので、しっかり返済しましょう。

任意整理

これは将来の利息を放棄する代わりに借金を
減額する制度
です。

その際、あなたが債権者を選べるので、現在の
連帯保証人にどうしても迷惑をかけたくない
のであれば、おススメの方法です。

裁判所を介さずに債権者との直接交渉で手続き
可能なので、周りに知られることなく利用
出来る制度です。

家や車などの財産を差し押さえられることも
ありません。

条件としては、定期的な収入があることと
なります。
返済は3~5年でしないといけません。

個人再生

これは借金額を大幅に減額できる制度で、
5分の1程度まで借金を圧縮することが
出来ます。

借金の額が多い人ほどその恩恵を
受けられます。

これも家や車などの財産を取られることは
ありません。

条件としては、住宅ローン以外の借金額が
5000万円以下であることと安定的な
収入があることです。

100万円以下の借金は対象外です。

返済期間は3~5年です。

④自己破産

これは最終手段と言ってもいいかも
しれません。

借金が全額免除される代わりに社会的信用を
失います。

具体的には5~7年ほど新たな借り入れは
出来なくなります。

クレジットカードが作れなくなったり
ローンが組めなくなったりします。
引っ越しも出来なくなります。
長期の旅行もダメです。
20万円以上の財産は全て没収されます。
官報に載り、破産者リストに記載されます。

脱サラ失敗を避ける方法は?

事前準備をしっかりやる

資金の準備マーケティングノウハウの
習得
など、準備しすぎるということは
ありません。

”転ばぬ先の杖”です。

いくら準備をしても、想定外のことは
起こるものです。

楽観主義の見切り発車などもっての外です。

初期投資を最低限に抑える

初期投資額は少なければ少ないほどリスクを
抑えられます。

自分の身の丈に合った起業をすることも
大事です。

副業などで安定的な収入を生み出してお

起業する前に副業として、ある程度実績を
作っておけば先行きも見渡しやすくなります

また、インターネットビジネスのブログや
アフィイリエイトなどで資産的な収入源
作っておくことは保険にもなります。

まとめ

①脱サラ起業に失敗した後に待っている未来
として考えられるのは・・・
借金を背負い返済に追われる
家庭が崩壊する
成功するまで起業する
再就職して細々生きる
などがあります。

②借金の返済方法としては
親類、知り合いに借りる
任意整理
個人再生
自己破産
などがあります。

③起業に失敗しない為には
事前の準備をしっかりする
初期投資をなるべく抑える
副業として実績を出しておく
などがあります。

いかがでしたか?
あらたに起業した会社の生存率は
以下の通りです↓

1年…40%
5年…15%
10年…6%
20年…0・3%
30年…0・02%

最初の1年で6割、10年後には
9割以上の会社が潰れてしまうという
衝撃の数字です。

起業失敗が他人事ではないということが
分かると思います。

最悪の事態も想定内ということに
しておきましょう。

*******************************

只今、僕が師事しているYOUさんが
主催するオンラインサロンに永年無料で
参加することが出来るキャンペーンを
行っています。

有料級のとても有益で使える情報が、
YOUさんの口から聞くことが出来る
かもしれません。

登録はメルアドを入力するだけで
済みますのでお気軽にどうぞ!

******************************
【オンラインサロン】
入会費3000円?今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

①月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
②年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
③6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
④月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」。
⑤1日50人を安定して集客する方法
⑥コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
⑦世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
⑧半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
⑨リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
⑩初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

登録はこちら⇓⇓⇓

Free Life Project  ~『仕事=楽しい』が世界に広がっていく~






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする