行動にモチベーションはいらない?!

どうもカルマです。

行動をする時の「動機づけ」という意味で
モチベーションが必要と言われています。

しかし、実は行動にはモチベーションは
不要
という話です・・・。

どういうことでしょう?

さっそく見ていきたいと思います!

この記事を読めば・・・

・行動にモチベーションはいらない?!

が分かります。

行動にモチベーションはいらない?!

行動するためにモチベーションを上げようと
躍起になりがちですが、無理は禁物です。

無理をすると行動することが
やるべき事
やらなければならない事

になってしまいます。

やるべき事をやることはめんどくさい
いう気持ちに繋がりやすいです。
つまり、「やらなきゃ」という義務になって
しまうということです。

何か目標や夢があってやり遂げようと
する場合、その行動は長期継続する必要が
あります。

一時的にモチベーションを上げて
頑張ってもダメということです。

では、何が一番大事かというと、
その行動が「好き」という気持ちです。

そしてその行動自体が「好き」という
気持ちから自然発生的に起こされる行動に
していくことです。

そこで何か行動を起こす際に注目すべき
なのは、どうやってモチベーションを
上げていくか?
ということではなく
この行動に自分の好きな部分はあるか?
ということです。

例えば・・・

ダイエットしたいという目標があって
毎日ジョギングしようと決めたとして
なんとか走るモチベーションを上げようと
1週間続けたらご褒美に何か買おうみたいな
方法をとると
、実は長続きしないです。

この方法は”飴と鞭”のやり方ですが、
無意識に「走ること」「鞭」になって
しまっています。

それよりも「走ること」それ自体に
何か「楽しみ」はないか?と探してみると
走ることが苦でなくなったりします。

走るときついけど気持ちいい
少しずつ走れるようになってきた
マラソン大会に出てみようか?!
一緒に走る友達が出来た

などなど・・・

行動自体を「好きなこと」にしてしまうのが
最強ということです!

無理にモチベーションを上げようと
しなくても良いということです。

いかがでしたか?

行動にはモチベーションが必要だと
思っていたのですが、言われてみれば
「好き!」という気持ちで自然体で
行動することが一番
ということなんですね!

では!

この辺で終わりにします。