叱っても部下のモチベーションを下げない 5つの方法

どうもカルマです。

部下のため、良かれと思って
叱ったのに嫌われたり、パワハラだと
言われたり、辞めてしまったり・・・

なかなか部下を叱るのも難しいと
思います。

この記事を読めば・・・

・叱っても部下のモチベーションを下げない
5つの方法

が分かります。

叱っても部下のモチベーションを下げない5つの方法

ポイント1:普段からコミュニケーションを良く取っておく

誰でも人間、怒られて嫌な気分にならない
人はいません。
これは絶対です。

そこで大事になってくるのが普段からちゃんと
コミュニケーションを取っているかどうか?

ということです。
部下とは年も離れていて共通の話題がないとか
何を話せばいいか分からないなんて悩んでいる
上司の方も多いかもしれませんが、何も難しく
考える必要はありません。

相手に合わせようとするから難しく感じるだけ
です。
人間同士のコミュニケーションに歳は
関係ありません。

先ずは相手の話をよく聞く。
普段から何を話しているかを気に掛ける。

これだけです。

折に触れて、そういう話に触れてあげれば
部下も自分のことを気に掛けてくれてると
感じますし、気に掛けてくれる人の期待には
応えたいと思うものです。

また、仕事でもさりげなくフォローして
あげたり、あなたが上司として頑張っている
姿を常に見せ続ける必要があります。

部下は見ていないようで上司の仕事を
よく見ています。

常に見られているという意識を持って
自分を律していかなければなりません。

結局、人間同士しっかり信頼関係が築けて
なければ、たとえ正しいことを言ったとしても
相手には響きません。

先ずは信頼関係を築く

これは大事なポイントです!

ポイント2:頭ごなしに怒らない

部下のミスを見て頭にカーッと血を昇らせて
頭ごなしに怒鳴りつけるというやり方は
あまり上手くありません。

部下に悪意があった場合や怠慢な勤務態度で
ミスした場合は時にはガツンと言うことも
必要ですが、その場合でも感情に任せて怒る
のではなく、冷静にならなければなりません。

つまり、演出として怒鳴るのはいいけど
カーッとして怒鳴るのはNGということです。

そんなことを言っても上司も人間だから
頭に血が昇ることもあると思います。
そういう場合は、一旦時間を置くことを意識
してみてください。

そして、先ずはミスした原因や経緯を部下に
考えさせ、話させること
が大事です。
そうすることで、部下の考え方も分かるし、
今後同じようなミスを起こさないための
アドバイスが出来たり、対策もうてます。

人間、頭ごなしに怒られると耳を塞ぎたく
なります。

そのため、そのあとに何を言っても聴く態勢に
なっていない
ので、伝わらないということに
なってしまいます。

ここでも相手の話をまずは聞く
ということが大事なポイントになってくると
いうことです。

ポイント3:認めるところは認めてあげる

部下の話を聞いた上で、
先ずは部下の努力した点
頑張った点などはしっかり認めてあげる
ことが大事です。

そうすることで部下は心を開いて
上司であるあなたの話を聞く態勢に
なります。

相手が聞く態勢にならなければ、その後
何を話しても伝わることは無いし、時間の無駄
になってしまいます。

ポイント4:「行動」を叱る

叱る時に気を付けたいのは、ミスそのものや
その行動について叱る
ということです。
絶対ににやってはいけないのは、部下の人間性
生い立ち家族など仕事と関係のないこと

責めることです。

「お前みたいな性格じゃダメだ!」
「コミュ障じゃないの!?」
「親の顔が見てみたい」
「そんなやり方で今まで通用したの?」

こんな言葉を吐いた時点で、部下は心を
閉ざしますし、辞めてしまうかもしれません。

はっきり言って、これらはパワハラです。

ポイント5:フォローをする

仕事を任せたら、決して丸投げにはせず
しっかり目的やり方を教えます。
そして、節目節目で進捗状況にも目を配ります

もし、ミスをしそうなら先回りをして
未然にミスを防いだり、フォローすることを
惜しまないことが大事です。

とにかく部下に「成功体験」を積ませることが
何よりも大事です。

部下が一人前になってくれれば、結果的に
あなたの負担が減ったり、あなたの評価が
上がったりします。

まとめ

叱っても部下のモチベーションを下げない
5つの方法

普段からコミュニケーションを
良く取っておく

頭ごなしに怒らない

認めるところは認めてあげる

「行動」を叱る

フォローをする

いかがでしたか?

上司と部下といえども仕事を離れれば
人間対人間です。

お互いにリスペクトしあえる関係というのが
理想ですよね?!

相手の気持ち、立場を尊重する
相手の話をよく聞く

お互いにこのことを意識することが
とても大事なことです。

では!

この辺で終わりにします。