部下が「指示待ち人間」になっているのは、あなたのせい?!

どうもカルマです。

部下が「指示待ち人間」で困る
言われたことはそつなくこなすんだけど・・・

こういう上司の悩みをよく聞きますが、
実はこれは上司の方にも問題がある場合が
多いようです。

この記事を読めば・・・

・自分で考える経験を積ませる
・部下の意見を否定することはしない
・管理職の仕事は見てあげること
・自分で考えられる集団が最強!

が分かります。

自分で考える経験を積ませる

あなたが部下に指示を出す時、
部下の失敗を恐れるあまり
過剰な指示出しをしていませんか?

確かに部下のミスもあなたの評価に
関わってくるので、その気持ちは
分かります。

確かに指示出しは的確に行わなければ
なりませんが、あまり1から10まで
指示してしまうと部下は考える必要がなく、
楽ちんですが次第に仕事に対する
モチベーションも下がってしまいます。

ただ言われた作業をこなすだけ・・・
という感じになってしまいまうんですね

仕事の指示を出す際には、少し部下に
考える余地を残しておくことがポイントです。

そうすることで部下に考える癖を
つけさせるということです。

部下の意見を否定することはしない

部下に考えさせる際にポイントとなるのが、
部下の意見を否定しないということです。

部下があなたが思っているのと違う仕事の
進め方をしてきた場合も、頭ごなしに
「違う!」と否定するのではなく

「どうしてこのようにやろうと思ったのか?」
質問してみて部下の考え方を探ると共に
あなたの思う方向に誘導していくといいです。

この部分は根気強く行うことです。

ヒントをうまく出しながら、結果的に部下が
自ら正解にたどり着いたようにすることが
大事です。

部下の意見を尊重しつつです・・・。

「なるほど。その意見もアリだね!」
「でもこの部分はもう少し○○なイメージが
いいな~」

という具合に根気強くです(笑)

こういうやり取りは手間もかかるし、
もどかしく思われると思いますが、
それが人を育てるということです。

自分でやった方が早い
部下には任せておけない

なんて言葉は、逆に上司として部下を育てる
という大事な仕事を放棄している
だけです。

管理職の仕事は見てあげること

管理職の仕事は部下の仕事を少し離れた場所
から見てあげることです。
任せると丸投げは違います。

部下に仕事を任せ、重大な失敗を起こさない
ように陰ながらフォローし、部下に仕事の
やりがいを与え「成功体験」を積ませることが
大事です。

自分の考えが認められた
自分の考えが通った

という感覚は部下にとって大きな「成功体験
になります。

こういう経験は仕事に対するやりがいに繋がり
モチベーションを飛躍的に上げてくれます。

自分で考えられる集団が最強!

上記の様な部下の教育を根気強く続けていく
ことで、部下は次第に自ら考えられるように
なっていきます。

その状態になると逆に上司であるあなたは
更に楽になります。
そして本当に見ているだけで
済むようになります。

そして、部下がそれぞれ考えることで
更にいい方法が生まれたり、上司であるあなた
が思っていた以上の成果に結びついたりも
します。

考える脳みそは1つよりも2つ、3つ・・・
と多いに越したことはありません。

まとめ

部下を「指示待ち人間」にしているのは
実は上司であるあなたの仕事のやり方が
まずいせいです。

部下の意見は頭ごなしに否定することは
NGです。

否定されることによって部下は意見を言う
ことをためらうようになります。
逆に意見を聞いてもらえることは部下にとって
仕事のモチベーションに繋がる成功体験
なります。

部下それぞれが考えられる集団を作り上げる
ことが管理職であるあなたの本当の仕事です。

そういう集団が作れれば、あなたも楽になるし
成果も上がりやすくなります。

いかがでしたか?

ついつい目先の仕事をこなすために
あなたが全てやってしまっていませんか?

そのやり方では部下は一向に育ちませんし
あなたの負担はずっと変わりません。
人を育てることは大変ですし、面倒ですが
先々のことを考えればとても大事です。

それこそがあなたの仕事と言っても
いいくらいです。

では!

この辺で終わりにします。