鬱になりやすい考え方とは?

どうもカルマです。

物事の受け止め方によってメンタルに
与えるダメージは全然違ってきます。
今回は、こういう考え方をしていると
メンタル崩壊して鬱になりやすいよ!

という考え方について見ていきます。

「僕は大丈夫!」という人に限って
知らず知らずのうちにメンタルに負荷を
掛けているかもしれません。
チェックしてみてください!

この記事を読めば・・・

・【危険!】鬱になりやすい考え方とは?

が分かります。

【危険!】鬱になりやすい考え方とは?

物事を何でも悪く捉える

何かあった時の捉え方というのは、
考え方の癖のようなものなので
見直してみる必要があります。

何でもネガティブに捉えがちの人は
要注意です。

例えば・・・
今回のコロナ禍の外出自粛の捉え方にしても
ただただ先々の不安、コロナに感染する不安
などを抱えて引きこもり状態の人と
この機会をチャンスと捉えて、今まで時間が
無くて先延ばしにしていた勉強をしたり、
家族との時間に充てようと割り切った人とでは
メンタル面で全然違うと思います。

ただなんでもポジティブに捉えよう!
と言っても、ネガティブな考え方をする人から
したら、そんなことは分かっているよ!
そんな簡単にポジティブになれたら
苦労しないよ!
と思うかもしれません。

ネガティブな考え方をする人の特徴として
何か悪いことがあった時にその時だけじゃなく
未来も悲観しがちということがあります。

それはそれと切り離して考えられない
傾向があります。
全て、自分の運の悪さや運命のせいで
どうせこれからも上手くいかないに違いないと
思い込んでしまうのです。

そういう考え方の対処法として、
物事を俯瞰して客観的に見てみる
ということを意識してみてください。
これを”メタ認知”と言います。

物事がどういう構造で起こったのか?
また物事は最終的には運にも左右されること
どうしてもあなた自身でコントロール
出来ない部分もあること

などをしっかり認識することが大事です。

今回上手くいかなかったからといって、
これからもずっと上手くいかないなんて
考え方はナンセンスだと分かると思います。

完璧主義

物事を何でも完璧に仕上げたいという気持ちが
強すぎるのも問題です。
何故なら、人間はミスをするものだし、ミスも
あなた自身でコントロール不能な部分で起きる
こともままあるからです。

その度にメンタルにダメージを受けていたら
あっという間に病んでしまいます。

完璧主義の人は子供のころから失敗すると
怒られるという環境で育った人に多いようです

学校のテストで悪い点を取ると怒られたり、
常に何事にも優等生であることを求められ
続けてきた人が完璧主義になりやすいと
いうことです。
もともと優秀な(優秀だと思われている)人
なんですね?!

この考え方を改める方法としては、普段から
自分の弱い部分をさらけ出すこと
を意識して
やってみてください。
その際の注意点として卑屈になり過ぎないこと
です。
あくまでネタくらいの感覚で、
こんな失敗しちゃったよ~(笑)
俺バカだな~(笑)
と笑い飛ばすくらいが
ベストです。

気持ちがスッと軽くなりますよ!

空気を読み過ぎる

その場の空気を読み過ぎたり、
相手の顔色ばかり窺うような癖がある人は
要注意です!

空気を読み過ぎる人は相手のちょっとした
表情の変化にも敏感に反応して、先回りして
考える癖があります。

実際、人の考えなんてその時の気分や
様々な要因で変わるものだし、全て目の前の
人間のせいというわけでもありません。

朝イチで夫婦喧嘩をして、それを引きずって
機嫌が悪いだけかもしれません。
それは相手も無自覚な場合が多々あります。

「空気を読み過ぎだな」と自覚がある人は、
相手がはっきりと口にするまでは勝手に相手の
感情を決めつけないということ
を心がけてみて
ください。
簡単に言うとあえて判断しないということ
です。

周りに相談しない、自分で抱え込む

何か悩みや迷ったことあった時に、自分で全て
抱え込む癖のある人は要注意です!
一人でいくら悩んでも解決できなかったことが
人に相談したらすんなり解決出来たなんてこと
は結構あります。

人間はどうしても思い込みや偏った視点で
物事をとらえがちなので、時には他者の意見を
聞くというのは大事なことです。
自分では思いもしなかった考え方で物事が
解決することはよくあることです。

まずは、自分はまだまだ未熟だ
知らない事、分からない事だらけだ

謙虚な気持ちを持つことが大事です。
でも、必要以上に自分を卑下はいけません。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
ということわざの通りです。
どんどん周りに頼っちゃいましょう!
頼られて嫌な気持ちになる人はいません。

ネガティブな決めつけをしている

自分に対して・・・
「頭悪いんで・・・」
「要領悪いから・・・」
「不器用だから・・・」
「不細工だから・・・」
「学歴無いから・・・」

みたいなネガティブな決めつけをし過ぎる
のは良くありません。

もちろんどんな人にも得意、不得意は
あります。
でも、それも捉え方で変わってくると
思います。
短所も見方を変えれば長所になると
いうことです

あまり自分を卑下しすぎて悪く捉える
必要もないし、せめて自分だけは自分を
信じてあげましょうということです。

そして、もし今の置かれている環境が
あなたの短所に対して厳しいのであれば
環境を変える
のも一つの手です。

例えば、人とのコミュニケーションが
不得手ならそれが求められない環境を
選べばいいのです。

逆に短所を長所と捉えてくれるような
環境に身を置けば、大分楽になると
思いませんか?

まとめ

鬱になりやすい考え方とは?
物事を何でも悪く捉える
完璧主義
空気を読み過ぎる
周りに相談しない、自分で抱え込む
ネガティブな決めつけをしている

いかがでしたか?

誰しも少しは思い当たるところが
あったんじゃないでしょうか?

気持ちの持ちようで人生は大分楽になります。
間違っても自分で自分の首を絞めるような
ことはやめましょう!

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする