アウトプットの重要性!知らずに時間を無駄にしてる?!

どうもカルマです。

本を読んだり、話を聞いたりして
新しい情報や知識を学ぶことを
インプット」と言います。
インプット」することはとても良いこと
ですが、それを活かすためには
アウトプット」がもっと重要になってきます

この記事を読めば・・・
・アウトプットの重要性!知らずに時間を無駄にしてる?!
・アウトプットの方法と回数は?

アウトプットの重要性!知らずに時間を無駄にしてる?!


人生において最も貴重なものは「時間」です。

時間」は取り返しのつかないものだからです。
その貴重な「時間」を使って「インプット
した情報や知識が身につかなければ、その時間
そのものが無駄になってしまいます。

では、どうすればそれらを自分のものに
出来るのか?というと、「アウトプット」する
しかありません。
具体的には、「書く」「話す」「実行する
ということです。

まず、なぜアウトプットしないといけないか?
というと、脳の記憶の仕組みに理由があります。

脳は新しい情報や知識が入ってくると、
一旦「海馬」という部分に記憶します。
しかし、これはあくまで仮の記憶です。
2~3週間以内に「インプット」したものを
アウトプット」しないと、消去されてしまう
のです。

あなたが過去に読んだ本があると思いますが、
その内容について話すことが出来ますか?

もし、出来ないのであれば、インプットは
したけどアウトプットが不十分だったため
記憶から消去されてしまったということです。
本を読んだ「時間」を無駄にしてしまった
ということです。

話を戻して、しっかりインプットした知識が
アウトプットをなされると、記憶が「前頭葉
に定着します。
こうなって初めてその知識を自分のものに
出来たことになるのです。

アウトプット」の重要性が
分かったでしょうか?

アウトプットの方法と回数は?

実際に「アウトプット」するに当たり

大事なのは
方法と回数です。
方法は前述のとおり「書く」「話す」「実行する
ということですが、回数も2~3週間以内に
最低3回は必要
と言われています。

1回じゃ定着しないんですね?!

また、「書く」よりも「話す」方が難易度が高く
記憶の定着率も高いです。
何故なら、完全に理解をしていないとすらすらと
話すことは出来ないからです。

記憶の定着を確かめるためには、ちゃんと言葉で
説明できるか?を実際に声を出して確認してみる
のが有効な方法です。
もちろん「書く」という行為も情報や知識を
整理するという意味では有効です。

ただ、そこで満足せずに更に声に出して説明
してみるとより一層記憶が定着すると
いうことです。

まとめ

インプット」した知識は、一旦脳の
海馬」で仮記憶されますが、2~3週間以内
に「アウトプット」しないと消去されて
しまいます。

②「アウトプット」の方法として「書く
話す」「実行する」というものがありますが
2~3週間以内に少なくとも3回の
「アウトプット」が必要と言われています。

いかがでしたか?

インプット」は頑張っているけど
アウトプット」が不十分という人は意外に
多いんじゃないでしょうか?!

僕自身もめっちゃ心当たりがあります。
もったいないですよね!

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hntdflbpga より:

    Muchas gracias. ?Como puedo iniciar sesion?