自信をつけるために実行すべき7つのこととは?

どうもカルマです。

どうにも自信が持てない
自分が信じられない

そんな弱気な気持ちになることは
誰でもあると思います。

今回は自分を信じられるようになる7つの
方法を見ていきたいと思います。

この記事を読めば・・・

・自信をつけるために実行すべき7つのこととは?

が分かります。

自信をつけるために実行すべき7つのこととは?

成功体験を書き出す

人間の脳というのは失敗したりひどい目に
あった記憶の方を鮮明に憶える仕組みに
なっています。
生物として生存のための危険回避には
その方がいいからです。

また、失敗や不満が新しい発明を生み出して
きたのも事実です。

しかし、やはりそれだとなかなかポジティブな
気持ちになれませんよね?!
自信喪失なんてことになりかねません。

そこでおススメするのが毎日、箇条書きで
いいので「できたこと」「達成したこと」
「新しく憶えたこと」
などをノートに
書き出すということです。

成功体験と言えないかもしれない些細なこと
でもいいので書き出してみてください。

例えば・・・
「今日は無駄遣いをしなかった」
「美味しくコーヒーを淹れることができた」
「今、話題になっているニュースについて
考えてみた」
「ブログを書いた」
「ジョギングをした」

などなど・・・

なんでもOKです。

こんなレベルでいいなら結構書けませんか?!

これを続けることで無意識レベルで自分に
自信がついてきます。
また、逆に落ち込んだ時にこのノートを
見返すと元気が出たりもします。

アナログな方法ですが、パソコンやスマホの
メモではなく紙とペンで実際に手を動かした
方が効果的です。

運動をする

毎日でなくてもいいのですが、生活の中に
運動習慣を取り入れることは自信をつける上で
効果的です。

身体が健康になれますし、気持ちもポジティブ
になっていきます。

身体つきも変わってくれば、それもまた自信の
素になります。

ウォーキング、ジョギング、サイクリング、
ストレッチ、ヨガ、筋トレ・・・

なんでもOKです。

ポイントは楽しんでやることです。

見た目に気を遣う

服装や髪型、メイクなど見た目に気を遣うこと
はとても大事です。

見た目を整えることで外に出たり、積極的に
他人と関わる勇気が出たりもします。

見た目なんか関係ない

そう思う人もいるかもしれませんが
やはり、殆どの人との関わりは最初の見た目
引っ張られることは事実です。

見た目を整えることで、最初の一歩を踏み出す
自信が持てたりもします。

継続する

何事も継続するということは難しいことです。

逆に長い期間、継続できていることがあれば
それが自信に繋がったり、心の拠り所に
なったりして心を強く保つことが出来ます。

どんな些細なくだらないことでも構いません。

継続してみる」ことだけを意識してみて
ください。

得意なことを磨く

あなたが「得意だな!」と思うことは
どんどん磨くべきです。

そして、呼吸をするのと同じくらい自然に
出来るようになるまでやりこんでください。

そういうスキルは自信に直結します。

これだけは人には負けない

という気持ちが自信の源だからです。

ハードルを下げる

何か行動を起こす際に、考え過ぎると
動けなくなってしまいます。

自信を持つためには行動を起こすということが
とにかく大事
なので、最初の一歩を踏み出し
やすくするためにも、行動のハードルを下げる
ということがポイントとなります。

例えば・・・

「毎日ブログを書く」

という行動を起こそうとしても、最初から
これは難しいと思います。

そこで、最初は
「毎日とにかくパソコンを開く」
レベルの行動で十分です。

そこから徐々にハードルを上げていけばいいです。

意識して笑う

笑顔は自分も周りもポジティブにする力が
あります。

ポジティブな空気は前向きな発言や行動を
生み出しやすくします。

あなたが笑うことを意識するだけで、今まで
見ていた世界がガラリと変わって見えてきます。

周りを変えることは難しいですが、自分自身を
変えることは出来ます。

”笑顔”を意識することはとても大事です。

まとめ

①自信をつける為にするべき7つの行動
成功体験を書き出す
運動をする
見た目に気を遣う
継続する
得意なことを磨く
ハードルを下げる
意識して笑う

いかがでしたか?

意外に簡単な心掛けで自分に自信を持つことは
出来るようになります。

生きていく上で自分に自信を持つことは大事な
ことです。

是非、実行してみてください!

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする