生きがいがある人の方が長生きできる?!健康との関係は?

どうもカルマです。

”人生において生きがいは大事なのか?”

確かに”生きがい”が無くても、普通に
生きていけるし、むしろ生物としては
人生の意味を考えることよりも子孫を
残すことの方が重要
という考え方もあります。

しかし、せっかく生まれてきたのだから
何かしら自分の人生の意味を持たせたいという
気持ちも分かります。

悩ましいですよね~(笑)

ふーたん
ふーたん
生きがいは「食べること」・・・
いいんじゃない(笑)
カルマ
カルマ

この記事を読めば・・・

・生きがいがある人の方が長生きできる?!
健康との関係は?
・大事なのは健康寿命!

が分かります。

生きがいがある人の方が長生きできる?!健康との関係は?

アメリカと日本の共同研究によって、所謂
生きがいを持っている人の方が寿命も
健康寿命も長くなる傾向があることが
分かりました。

具体的には心疾患系の病気脳梗塞など
血管系の病気の発症リスクが明らかに差が出る
ということです。

生きがいの有る人ので心疾患系の病気
発症率は、無い人に比べてー17%
脳梗塞に至ってはー50%という研究結果が
出ています。

肌間では感じていましたが、実際に具体的な
数字で差を見せられると驚きますよね?!

確かに既婚者よりも独身の方が短命だという
データも見たことがあります。

約5億人のデータを分析したという
米ルイビル大学も、既婚者と独身者の
平均余命には男性8~17年女性
7~15年の差が生じると発表しています。

これは一概に”生きがい”のみが関係している
わけではないと思いますが、独身者の方が
生活リズムが乱れがちだったり、食事など
健康に気を遣わない傾向
があるということです。

家族や子供が”生きがい”となっている人も
いますし、生きがいとまではいかなくても
生活の張り”や”自制する理由”に
なっているという自覚を持っている人は
多いんじゃないでしょうか?!

ふーたん
ふーたん
確かに!
一人だとダラダラしちゃう・・・
”生きがい”って必要なんだね!
カルマ
カルマ

大事なのは健康寿命!

人生100年時代」と言われている
昨今ですが、見落とされがちなのが
健康に生活できる「健康寿命」の方です。

健康寿命も徐々に延びているわけですが
男性で平均72歳女性で平均74歳
なっています。

70歳定年時代が近づいている現在、
殆ど一生働き続ける感じになってます。

悠々自適な老後”なんて言葉は数年後には
死語になってそうですね?!

これからはいかに健康寿命を延ばして
いけるか?!
が幸せな人生を送る上で
欠かせない課題になってきます。

そのためにも”生きがい”を見つけることは
重要になってきます。
生きがい”が生活の活力になり活動的
ポジティブ思考になることで健康にも繋がる
からです。

ふーたん
ふーたん
ポジティブ~!
(笑)
カルマ
カルマ

まとめ

生きがい”を持っている人の方が寿命や
健康寿命が長いという科学的な研究結果が
発表されました。

健康寿命」をいかに延ばしていくか?
が人生を幸福に終える為のカギになります。

いかがでしたか?

臨終の間際に「いい人生だった・・・」と
思える人生にしたいものです。

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする