リタイア後幸せになりたいなら人間関係を深めよう!

どうもカルマです。

リタイア後は生活環境がガラリと変わります。

環境が変わるのだから、生活態度もそれに
対応して変えていかなければばなりません。

この記事を読めば・・・

・リタイア後幸せになりたいなら人間関係を深めよう!
・もっとも磨くべき能力は「聴く」力

が分かります。

リタイア後幸せになりたいなら人間関係を深めよう!

長年働いて晴れてサラリーマン生活をリタイア
するにあたり、今後の人生を考える上で最も
優先すべき項目は、新しい所属先を見つける
こと
です。

会社という居場所がなくなった今、あなたの
新しい居場所を見つけるということです。

人間には「帰属意識」という欲求があり、
あなたの価値を認めて必要としてくれてる
環境に身を置くことが生きる活力にもなって
きます。

そして、新たにそういう場所を探す際に
最も求められる能力が人間関係を構築する力
となります。

それは何も全く見知らぬ人たちとの交流のみ
を指すものではありません。
奥さん(旦那さん)との関係も現役時代とは
微妙に変わってきますし、友人関係も然りです

そして重視すべきは人間関係の量より質です。

つまり、身近な家族、友人との関係です。

より深い人間関係をどれだけ築いていけるか?
が老後の人生の幸せ度を決めると言っても
過言ではありません。

もっとも磨くべき能力は「聴く」力

人間関係を築いていく上で最も求められる
能力は
「聴く」力です。

具体的には以下の10個のポイントが
あります。

1・話すのをやめる

他の人が話しているときは、話の腰を折ったり
割って入ったりしないで、じっと耳を傾ける
ということを意識しましょう!

2・話を聴く態勢を作る

今していることの手を一旦休め、
聴く態勢に入りましょう。
特に男性は女性と違い「~ながら」が基本的に
苦手です。
リラックスした状態で聴くことに
集中しましょう!

3・話し手に気持ちよく話してもらう

タイミングのいい相槌やリアクションをとる
ことで相手に気持ちよく話をさせることが
大事です。

4・話し手の気の散るような行為はやめる

そわそわしたり、他の作業をしたり、
貧乏ゆすりをしたり、話し手の後ろを見たり、
話し手が話すことに集中できなくなるような
行為は慎んでください。

あなたが逆の立場に立てば、どのような行為が
気が散るか分かると思うます。

5・感情移入をする

話しての気持ちに寄り添うスタンスで話を
聴きましょう!
あなたの先入観や考えは一旦、脇にどけて
おきましょう。

6・辛抱強く聴く

相手の話が終わるまで辛抱強く聴くことを
心がけましょう。
途中で話を遮ったり、あなたの考えを
述べるのは控えることです。

7・偏見を持たない

とにかくフラットな立場で話を聴きましょう。
先入観や決めつけがあると、相手の本当に
伝えたいことを汲み取ることは出来ません。

8・声の調子に耳を傾ける

声の高低、強弱や調子によって相手が伝えたい
話のポイントがどこにあるのか把握することを
努めるようにしましょう。

9・言葉だけではなく話の真意を探る

言葉の表面だけでなく全体像を掴むつもりで
この人は何を言いたいのか?
把握することが大事です。

10・言葉以外のコミュニケーションを見る

ジェスチャーや表情、目の動きなどで言葉とは
また違った意味のメッセージを発している
場合があります。

まとめ

①リタイア後に最も大事なことは新たな
人間関係の構築です。
それは量よりもを重視しなければなりません。

人間関係を構築していく際に、もっとも大事な
能力が「聴く」力です。

③「聴く」力をつける上で意識すべき10個の
ポイントとは・・・
話すのをやめる
話を聴く態勢を作る
話し手に気持ちよく話してもらう
話し手の気の散るような行為はやめる
感情移入をする
辛抱強く聴く
偏見を持たない
声の調子に耳を傾ける
言葉だけではなく話の真意を探る
言葉以外のコミュニケーションを見る

いかがでしたか?

今まで人と話す際に無意識に行ってきたこと
かもしれませんが、もう一度意識してみる
というのは大事なことです。

特に家族など親しい間柄であればあるほど
そういう部分がおざなりになりがちです。

あなたが意識して聴こうとするだけで、話し手に
もその気持ちは伝わります。

相手があなたに接する態度にも変化があらわれて
くると思います。

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする