リタイア生活を満喫する7つのコツとは?

どうもカルマです。

現役時代と全く時間の使い方が変わる
リタイア生活ですが、上手に時間を
使いたいものです。

今回はリタイア生活を満喫するための
7つのコツをご紹介したいと思います。

この記事を読めば・・・

・リタイア生活を満喫する7つのコツとは?

が分かります。

リタイア生活を満喫する7つのコツとは?

朝のスタートは「幸福」なことについて考える


朝一のスタートはあなたの「幸福」に
ついて考える時間を設けてみてください。

ベッドの中ででもいいですし、起き上がって
コーヒーを飲みながらでもいいです。
とにかくそういう時間を意識して作ると
いうことです。

例えば・・・

美味しかった食事のこ
ぐっすり眠れたこと
いい友人に恵まれていること
愛する伴侶がいること
健康状態がいいこと

また、持ち物に感謝するのもアリです

いい車
音質のいいオーディオ
好きな本のコレクション
趣味の道具

などなど・・・。

何でも構いません。
出来れば、日記のようにさらっと書き出して
みるというのもいいと思います。

こうすることで、1日のスタートが
ポジティブな気分で始めることが出来ます。

「遊び時間」を予定に入れる

1日の予定の中に最低1つは「遊びの時間」を
入れましょう。

「遊び」とは純粋に楽しめるもので
生産性とは無関係なものです。

長年の社会人生活の中で「生産性」を
追い求めてきたため、生産性の無いものは悪
刷り込まれてしまっています。

しかし、遊びの重視すべきポイントは
生産性ではなく「経験」にあるということです

経験することそのものが「目的」となります。

童心に還ることが大事です。

ゲームをする
漫画を読む
サイクリングをする
友人とおしゃべりする
運動をする
旅行に出かける
孫や子供たちと過ごす
趣味に打ち込む

などなど・・・

純粋に「楽しい!」と思えることを
必ず1日1つはやることで毎日楽しい気分で
送ることが出来ます。

運動する

運動することの効果は絶大です。

運動することで身体の抵抗力が強まり健康で
いられます。
筋肉が保たれることで、太りにくい体質を
キープでき病気のリスクを減らせます。
また、リフレッシュ効果や抑うつ効果もあり
精神的にもいい効果が望めます。
また、ぐっすり眠れるようになる効果も
あります。

その他にも、外に出ることで人との交流が
生まれたり、仲間が出来ることもあります。

ポイントは「適度な」運動をするということ
です。

ちょっと汗ばむくらい、やや疲れたなくらい
がベストです。

やり過ぎはかえって悪い影響を身体に
もたらします。

運動の効果については以下記事を参照して
下さい
ストレス解消法としての運動の効果とは?絶対やるべき!

健康的な食生活を送る

食生活にも気を遣いましょう。

栄養バランスを考え、身体に悪いものは極力
避けるようにした方がいいです。

但し、あまり神経質になり過ぎないことが
大事です。

時には豪華な食事の時間を楽しむことも
大事ですし、ジャンクフードだって
食べ過ぎなければ大丈夫です。

美味しいと感じること
食事の時間を楽しむこと

に重点を置くことです。

瞑想の時間をつくる

瞑想の効果は絶大です。

精神的に平安が保たれ、取り乱したり
荒ぶることが少なくなります。

精神の安定は「幸せな生活」に直結します。

精神が安定していなければ、趣味も運動も
音楽も食事も何一つ楽しむことが出来ません。

瞑想のやり方については以下記事を参照に
して下さい
マインドフルネス瞑想のやり方 初心者は寝ながらがおススメ

向学心を持つ

いくつになっても「学び」の意欲を
持ち続けるということは大事です。

ボケ防止にも繋がります。
リタイア後は健康面と同じくらい頭の
老化防止
に努めなければなりません。

なにか資格試験に挑戦するのもいいと
思います。

その「資格」が何か役立つか?とかは
考えなくてもいいです。

頭を使うということが目的であって
資格を取ることが目的ではないからです。

寝る前に明日やることを考える

寝る前に明日やることの簡単なリストを作る
ことをおススメします。

箇条書きで3~4つ書き出してみましょう。

ここでポイントは優先度の高い順
書き出すということです。

そして、特に1番上に書いたことだけでも
達成できればよし!
くらいの気持ちで
書くことが重要です。

それは例えば・・・

5キロ走る
部屋の掃除をする
自転車の整備をする
洗車をする
1週間分の買い出しに出かける

こんなもので構いません。

まとめ

リタイア生活を満喫するための7つのコツ
朝のスタートは「幸福」なことについて
考える

「遊び時間」を予定に入れる
運動する
健康的な食生活を送る
瞑想の時間を作る
向学心を持つ
寝る前に明日やることを考える

いかがでしたか?

難しいことは無いと思います。
すぐに実行できることばかりですよね?!

でも、これらのことを心がけるだけで
生活の質は良い方に確実に向かいます。

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする