【脱サラ】成功するか?失敗するか?その理由とポイントを解説します

どうもカルマです。

「脱サラ」して、
自分のやりたい仕事をしたい
子供のころからの夢を叶えたい
現状から抜けだしたい

そんな思いを抱えて夢見ている人は
結構多い気がします。

実際に、サラリーマンとして働く
ということは、当然あなたのやりたい事を
やっていればいいというわけでもなく

例えば、ノルマがあったり
様々なプレッシャーがあったりして
毎日ストレスをため込んでいる人も多いと
思います。

また、時間的にも最低8時間以上は会社に
拘束されるわけで、下手すれば1日の
半分以上を会社に捧げなければなりません。

上司や同僚との関係がうまくいっていないと
かなりつらい状況と言わざるを得ません。

人生の大半を占める”働く時間”を
充実させたい、本当にやりたいことをしたい
と願うのは健全な考え方だと思います。

「転職」も一つの選択肢ですが
どんな会社でも不満はつきものだし
最終的には、あなたが理想とする働き方を
実現する為には”自分で会社を作る”
しかないでしょう。

今回は脱サラして起業する際に成功する為の
ポイントと逆に失敗しやすいポイントに
ついて見ていきたいと思います。

この記事を読めば・・・
脱サラ成功するか?失敗するか?
その理由とポイントは?

脱サラ成功しやすい職種は?
脱サラに適した年代は?
が分かります。

脱サラ成功するか?失敗するか?
その理由とポイントは?

脱サラの成功率は決して高くありません。

いや、むしろ低いと言っても
いいくらいです。

起業の生存率を数字で見ると・・・
1年後・・・40%
5年後・・・15%
10年後・・6%
20年後・・0・3%
30年後・・0・02%
となっています。

なかなか厳しい現実が分かると思います。

起業して1年6割が会社を潰しています。
10年後には100社中6社しか生き残れ
ません。

起業すること自体は、思っているより
ハードルは低いですが、本当の勝負は
起業してからということですね!

起業することがゴールではなくスタートだと
いうことです。

脱サラを成功させるためのポイントとしては
起業前の準備をしっかりする
初期投資を抑える
資金を蓄える
成功しやすいジャンルで勝負する
許容範囲内で失敗をして改善していく
といことがあります。

一つ一つ見ていきます。

起業前の準備をしっかりする

ただ現状から逃げたいとか
「なんとかなるさ」的な甘い楽観主義で
起業すると、失敗する確率が高いです。

何事も準備というものは必要です。

基本的な知識、業界の情報を勉強したり
事業計画を綿密に練ったりするのは
当たり前です。

公共の補助金などがあれば問い合わせて
みるのも大切です。

ジャンルにもよりますが、単身で現在ある
企業等と互していかなければならないので
あなたの強みや特異性を最大限に発揮
出来なければ勝負になりません。

この辺が出来ていない人が多いの為
1年で6割もの人が脱落していくのです。

初期投資を抑える

事業がまだどう転ぶか分からないのに
初期費用をガンガンかけるというのは
愚の骨頂です。

オフィスを一等地に構えたり、インテリアに
凝ったり、大量に人を雇ったりするのは
やめましょう。

オフィスは、リアル店舗で場所が重要な場合
(飲食店など)を除き、どこでもいいわけ
です。

なんなら自宅兼オフィスでも全然OKです。
机とパソコンさえあればOKなら自宅でも
出来ますよね?!

また、最初のうちはとにかく自分1人で
やってみるということです。

人を雇うのは徐々に必要に応じてでいいと
思います。

資金を蓄える

サラリーマンをしながら、少しずつでも
お金を貯めておきましょう。

お金はいくらあっても困るものでは
ありません。

すぐに収益が生まれるわけでは無いと
思うので、最低でも1年くらいは事業収入が
無くても生活出来る資金はあった方が
いいです。

また、副業などで別に収入源を確保しておく
のもいいと思います。

お金が回らなくなって倒産するのが
殆どなので1円でも多く資金を準備
しましょう。

成功しやすいジャンルで勝負する

成功しやすいジャンルとは個人でも
企業と互していけるジャンルということです。

あまりに大手企業が独占している様な
ジャンルでは個人の力ではどうにも
なりません。

資格などを取って自分の強みを最大限に
するのも、場合によっては必要なことです。

許容範囲内で失敗をして改善していく

行動を起こすことで、当然様々な失敗を
経験すると思います。

失敗を経験として生かせば、どんどん成長
していくことが出来ます。

許容範囲内での失敗は恐れず
おおいにするべきです。

それらの失敗から学ぶことが
いざという時の対応力だったり、
引き出しの多さに繋がっていき
生き残る為に必須なことに
なっていきます。

脱サラ成功しやすい職種は?

脱サラしやすい職種を難易度別に
見ていきましょう。

難易度 IT系

難易度が低いというのは、初期費用が殆ど
かからず知識やノウハウを身につければ
誰でも起業できるという意味です。

お金をかけなくてもあなたの努力次第で
出来るということです。

成功をする為には、それなりの勉強、努力
が必要なのは言うまでもありません。

ブログサイト運営、ユーチューバー、
アフィリエイター、プログラマー、
ウェブライター、転売などなど・・・

これからも拡大していくジャンルなので、
可能性は無限大です。

また、インターネットの特性上レバレッジを
効かせやすく初期費用が殆どかからないのに
大きなリターンが見込める可能性があります

そういう意味でも、一番ローリスクで
おススメですね!

現在、IT系企業のサラリーマンならば、
その強みを活かせるかもしれませんし、
そうでなくても、副業として始めて
収益が安定的に出せるようになってから
独立する
という手もあります。

パソコンやスマホとネット環境さえあれば
場所も時間も選ばずに出来るということも
取り組みやすい理由となります。

難易度 フランチャイズ

フランチャイズの大きなメリットは
すでに業務形態が出来上がっており
実績も出している業態であることです。

また、「看板」の力も大きいです。
新しくお店をやるにしても誰もが知っている
チェーン店なら最初からある程度のファンが
ついてますし、お客様の立場から見ても
安心感、信頼性が高いです。

運営や業務に関するマニュアルや仕入れ先、
商品開発など本部のサポートも見逃せない
メリットです。

デメリットとしては加盟金として
ある程度まとまったお金の準備が必要なこと
ロイヤリティが発生すること(サポートを
受けるのだから当然ですが・・・)
あなたの裁量で出来る事が制限されること
などがあります。

ただ、絶対に失敗したくない、出来ないなら
選択肢にいれてみてはどうでしょうか?

難易度 個人商店の開業

飲食店など自分のお店をやってみたいという
人は結構いると思います。

開業には、業種にもよりますがある程度
まとまったお金が必要になってきます。

とにかく参入は出来ますが、競争が激しい
業界なので、この初期費用をどれだけ早く
回収出来るかがポイント
だと思います。

当然、初期費用は抑えるに越したことは
ありません。

”自分のお店”ということで拘りが出てくる
気持ちも分かりますが、利益がでてから追々
お金をかけていくことをおススメします。

1年後には10店舗中6店舗が
閉店してしまうというデータもあります。

ちなみに、5年後では100店舗中残るのは
15店舗、10年後では6店舗ということ
です。

かなり厳しいのが分かると思います。

特に飲食店はほぼ立地で決まると
言われています。

ただ、そういう好条件の物件は普通の不動産
市場には出回っていません。

個人の力では、そういった店舗開発の点に
おいてもかなりのハンデがあるということ
です。

一番重要なのは、固定費と収益の
バランスです。

一等立地でなくても、固定費をいかに抑えて
お金をかけない工夫でお客様にアピール
していくかが個人の戦い方となります。

難易度超高 農業

農業が難しいのは、とにかく最初にお金が
かかるということです。

土地の使用料、機械代、種苗代、また移住が
必要なら住居費なども加算されてきます。

そして、最初に収益が発生するまでの期間が
長いということです。

最低でも1~2年後です。

また、自然相手の仕事の為、天災や作物の病気
などによって収入が必ずしも安定しているとは
いえません。

移住先のコミュニティに上手く馴染めるのか?
という問題もあります。

田舎で農業をしながら、スローライフを夢見る
人も多いですが、実際は作業も過酷ですし、
そんなに甘いものではありません。

僕はおススメしません。

難易度超高 社会事業

NPO団体などの非営利事業は社会的意義は高い
ですが、成功させるのはとても難しいです。


単純に事業に対する対価を貰うという業態では
なく、寄付や補助金を獲得していかなければ
存続が難しくなっています。

その辺りの知識や高度なノウハウがどうしても
必要になってきます。

あなたにすでにある程度の財政的基盤が
無い限り難しいと言わざるをえません。

難易度超高 クリエイターやアーティストなど

これは才能がモノを言います。

本当に稼げているのは、ほんの一握りの人間
だけです。

それだけの才能があなたにあるのか?

また才能があったとしても、そのことを
セルフプロデュースする力も必要です。

運にも左右されると思います。

人生賭けて挑戦するなら、やり直しの効く
若いうちにやりましょう。

脱サラに適した年代は?

これは業種によっても変わってくると
思いますので、一般論的になってしまいますが
見ていきたいと思います。

20代

社会経験も少なく、資金も乏しい、
そういう意味ではハンデはあるかも
しれませんが、反面、怖いもの知らずが
いい方向に働く場合もあります。

また、若くて体力があることや独身ならば
背負っているものが少ない分身軽に動けたり
若いからこそでる斬新なアイデアなど
必ずしもマイナス面ばかりではないと
思います。

とにかく仮に失敗したとしても、いくらでも
やり直しがきく年代だと思うので、どんどん
挑戦してみた方が良いと思います。

特にITの分野では、若くして大成功を
おさめている人もたくさん出ているので
やってみてはどうでしょうか?

30代

結婚して家庭を持って、一番起業しにくい
年代かもしれません。

サラリーマンとしても若手から中堅への
移行期でもあり、同期入社間での競争も
ある程度目に見える形で差がついている
と思います。

将来的にこの仕事でやっていくのか
悩みが深い年代だと思います。
(経験上・・・)

40代

結婚している人も子供もだいぶ大きくなって
手がかからなくなってくる年代です。

ただ教育資金はまだまだかかるので起業する
なら、アフィリエイトなどお金をかけずに
出来るものから始めた方が良いと思います。

サラリーマンならそろそろリストラ対象に
なってしまう人も出てくる年代でもあります

社会的な経験や人脈も十分な年代だと
思います。

但し、その人脈などが会社の看板があって
はじめて成立するものなのかどうかは
客観的に見極める必要があります。

50代

サラリーマン生活の”あがり”もそろそろ
見えてきて、ここでもう一花咲かせたいと
起業する人もいるようです。

また逆に、今後のセカンドライフのために
残りの人生で本当にやりたいことをしたいと
起業する人もいます。

子供も独立して、資金的にも余裕があったり
早期退職金制度を利用してまとまったお金が
手元にあったりして、そういう面では条件が
整っているといえるかもしれません。

ただ、注意して欲しいのは、あなたが今まで
培ってきた経験を活かせる起業
をしないと
失敗する確率が逆に上がってしまいます。

全く畑違いの仕事をするには歳をとりすぎて
いますし、それが逆に大きなハンデとなって
しまいます。

まとめ

いかがでしたか?

脱サラを成功させる準備、心構えとは上記で
述べてきたことと重なる部分もありますが
まとめると・・・

事業計画などしっかり事前の準備をする
初期費用は可能な限り抑える
副業から始める
経験を活かした起業をする
ということです。

インターネットが普及した現代、
起業のハードルは確実に下がっています。

個人に情報発信という武器が与えられた
ためです。

どういう事かというと、テレビや新聞など
の公共のメディアや雑誌などで広告をうって
集客しなければならなかったものが、
今では個人でインターネットを使えば
出来るということです。

しかも全世界を対象にすることも可能です。

どんな大企業に勤めても一生安泰という
時代は幕を閉じました。

終身雇用制度は死語になりつつあります。

若いうちからどんどん挑戦していくことを
おススメします。

*******************************

只今、僕が師事しているYOUさんが
主催するオンラインサロンに永年無料で
参加することが出来るキャンペーンを
行っています。

有料級のとても有益で使える情報が、
YOUさんの口から聞くことが出来る
かもしれません。

登録はメルアドを入力するだけで
済みますのでお気軽にどうぞ!

******************************
【オンラインサロン】
入会費3000円?今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

①月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
②年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
③6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
④月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」。
⑤1日50人を安定して集客する方法
⑥コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
⑦世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
⑧半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
⑨リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
⑩初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

登録はこちら⇓⇓⇓

Free Life Project  ~『仕事=楽しい』が世界に広がっていく~






*******************************

只今、僕が師事しているYOUさんが
主催するオンラインサロンに永年無料で
参加することが出来るキャンペーンを
行っています。

有料級のとても有益で使える情報が、
YOUさんの口から聞くことが出来る
かもしれません。

登録はメルアドを入力するだけで
済みますのでお気軽にどうぞ!

******************************
【オンラインサロン】
入会費3000円?今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

①月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
②年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
③6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
④月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」。
⑤1日50人を安定して集客する方法
⑥コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
⑦世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
⑧半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
⑨リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
⑩初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

登録はこちら⇓⇓⇓

Free Life Project  ~『仕事=楽しい』が世界に広がっていく~






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする