55歳でセミリタイアを目指すなら?仕事はどのくらいすればいい?

どうもカルマです。

今回は「55歳でセミリタイア」をテーマに
見ていきたいと思います。

医療の発達で年々平均寿命も延び、現在は
男性約81歳女性約87歳となっています

こう見ると老後の生活も結構長いな~と思うかも
しれませんが、実際に身体が健康で独力で自由に
過ごせる健康寿命の平均は、男性約72歳
女性約74歳となってしまいます。

60歳の定年まで働いたとしたら10年~15年
くらいが平均値なんですね?!
年金受給が始まるまで働かざるを得ないとなれば
もう何年も残っていませんよね?!

老後に悠々自適に好きな事をして暮らそうと
思っても、意外にその期間は短かそうです。

可能であれば、少しでもこの期間を延ばしたいと
思いませんか?

この記事を読めば・・・

・55歳でセミリタイアを目指すなら?仕事はどのくらいすればいい?
・55歳の再就職は厳しい
・55歳でセミリタイアする為のポイントは?

が分かります。

55歳でセミリタイアを目指すなら?仕事はどのくらいすればいい?

セミリタイアとは、あなたの現在の貯蓄資産
うまく使いながら、足りない分は少し働いて稼ぎ
人生を仕事中心からあなたのやりたい事中心に
シフトしていく生き方
です。

人生は一度きりですし、後悔なく
生きたいものです。

55歳でセミリタイアすることを
目標とした場合、考慮すべきは
以下の項目です↓

**********************************************************
・貯蓄額
・資産
・退職金
・家の家賃やローン
・子供の学費の有無
・国民年金と国民健康保険料
・どのようなセミリタイア生活を送りたいか?

**********************************************************

特にあなたが思い描いているセミリタイア生活
がどんなものなのか?

これによって必要金額は変わってきますし
本当に人それぞれになってきます。

あくまで必要最低限の仕事で生活していける
のが理想ですから、生活全般を見直して
節約できる部分は節約していくのがいいと
思います。

まずは現在のあなたの月間の支出を書きだして
みてください。

月間の支出から年間の支出を計算し、あとは
余命年数を掛ければ、必要な金額が分かります

月間20万円で85歳まで30年としたら

20万×12か月×30年=7200万円

必要ということです。

けっこうかかりますね(汗)

まぁ、でも現時点でこの金額が手元にある必要
はないので安心してください。

あと若干不透明ですが、年金支給分はココから
差し引かれます。

平成31年度の国民年金支給額は満額で月額
65,008円です。(40年間加入)

これに厚生年金が加算されて、平成31年度の
平均は月額約22万円となっています。

現在は、65歳から支給開始されますが、
この年齢も引き上げられるのは避けられない
流れになっています。

仮に65歳~85歳の年金額を
22万円×12か月×20年=5280万円
と計算すれば、

7200万ー5280万=1920万円
55歳から年金受給年齢まで必要な額と
なってきます。

1年192万円ですね?!

これくらいならなんとか出来そうじゃ
ないですか?

でも、年金制度自体が破綻していると
言われているので、十年後とかだと
ちょっと予想が難しいですね。

55歳の再就職は厳しい

55歳という年齢的にサラリーマンとしては
既に上がりの年齢なので、ここから年収を
アップするような再就職はかなり難しいと
言わざるを得ません。

ハローワークの求人票を見ても、年齢で
制限されてしまうので正社員に戻るのさえも
厳しいでしょう。

しかし、今の時代は在宅でもパソコンが
あれば、稼ぐことは可能です。

ブログでアフィリエイト収入を得たり、
経験を活かした情報発信をしたり、
収入を得る手段はいくらでもあります。

就職するだけが収入を得る道ではないと
憶えておいてください。

もし、情報発信について興味があるなら
シンプルかつ体系的、網羅的に深く学べる
コチラの講座がおススメです。

Free Life Project~『仕事=楽しい』が世界に広がっていく~

55歳でセミリタイアする為のポイントは?

55歳でセミリタイアする為のポイントを
見ていきます。

セミリタイア後の生活を出来るだけリアルに
想像する。

貯金は多いに越したことはありませんが、
それよりも
資産構築に力を入れましょう
だんだん身体の自由が利かなくなる年齢に
差しかかかってくるので、資産の有無は
大きな差を生みます。

人生はどんなに考えても完璧に計画通りに
いくことはありません。

ある程度の思い切りは必要です。
結構なんとかなるものです(笑)
悩んでいるうちに貴重な人生の残り時間は
刻々と減っていってしまいます。

退職金は余剰金として手を付けない方が
安定したセミリタイア生活を送れます。
経済的にも精神的にも・・・。

まとめ

セミリタイア生活をお送りたいと思うなら
55歳という年齢は、本当にラストチャンス
だと思います。

仕事が生きがい!

一生現役でいたい!

そういう人は別ですが、もしあなたが人生で
やり残していることがあるのならば、あとで
後悔しない為にもセミリタイアについて
検討してみる価値はあると思いますよ!

では!