身体のSOS?!無性に○○が食べたくなる理由とは?

飲んだ後にラーメンが無性に食べたくなったり
急に甘いものが欲しくなったり、太ることが
分かってても我慢出来ないことって
ありますよね?!

でも、それは身体からのSOSのサインかも
しれません。

この記事を読めば・・・

・身体のSOS?!無性に○○が食べたくなる
理由とは?
・身体のサインを意識しよう!

が分かります。

身体のSOS?!無性に○○が食べたくなる理由とは?

甘いものが食べたくなる理由

特に疲れている時は、甘いものが
食べたくなります。

これは身体がエネルギー不足に陥っている
サインです。

糖分は素早く体内でエネルギーに変わるので
身体がエネルギーを欲している時に甘いものを
食べたくなるということです。

これは身体的な疲れだけでなく精神的な疲れの
場合も当てはまります。
精神面の回復にもエネルギーが
必要なんですね?!

また、もともと甘いものが好きな人にとっては
ストレス解消に繋がる行為でもあります。

また、甘いものの中でもチョコレートは人気が
あります。チョコレートを異様に欲するのは
マグネシウム不足の可能性も考えらえれます。
マグネシウムは骨の形成に欠かせない栄養素
です。
また、マグネシウムがあまりに不足すると
脳にも良くないことが分かっていてうつ病
発症することがあるともいわれています。

マグネシウムは海藻やナッツ類にも豊富に
含まれているので、食事でも意識して
摂るようにした方がいいでしょう。

しょっぱいものが食べたくなる理由

飲んだ後にしょっぱいものが食べたくなる
のにも理由があります。

アルコールを摂取すると、身体はアルコールを
分解しようとします。
アルコールを分解するのに必要なのが
ブドウ糖」と「塩分」です。

この両方が豊富に含まれているのがラーメンと
いうわけで、これが飲んだ後にラーメンが
無性に食べたくなる理由です。

ブドウ糖を生成するのには「炭水化物」が
必要です。ラーメンは炭水化物の塊なので
身体が求めるというわけです。

少し罪悪感が薄れました?(笑)

また、普段は飲まないラーメンのスープまで
飲み干したくなるのは、アルコールの利尿作用
によって尿とともに体外に放出された
ナトリウム(塩)を補おうとする為です。

酸っぱいものが食べたくなる理由

身体が過度に疲れると、クエン酸回路という
エネルギーを作る回路がうまく働かなくなって
しまいます。

これを正常に戻そうとクエン酸を欲するのが
疲れている時に酸っぱいものが食べたくなる
理由です。

スポーツドリンクやレモン水など部活の後に
飲みませんでしたか?!
あれは疲労回復のために理にかなっています。

辛いものが食べたくなる理由

辛いものを欲するのは精神的に
イライラしていることが原因の
場合があります。

イライラを紛らわすために他の刺激を身体が
求める為と言われています。

ただ、辛い物は胃腸に負担をかけるので
ほどほどにした方がいいです。

身体のサインを意識しよう!

ある特定のものが食べたくなるのは
身体がその食物に含まれている栄養素や
成分を欲しているという理由がある
ことが
分かったと思います。

人間の身体はよく出来てますね?!

そういうことを意識することで、普段から
バランスの良い食生活を心がけたり
太ることへの罪悪感からの過度な食事制限等を
しなくなることに繋がればいいなと思います。

何でも我慢すればいいということでも
ないということです。

では!

この辺で終わりにします。