春は何で眠いの?

どうもカルマです。

春眠暁を覚えず

ことわざの通り春って眠いですよね~!
朝も二度寝してしまい、なかなか
起きられません。
日中もあくびが止まらない始末・・・

なんでなんでしょう?
春が眠い理由について調べてみました。

この記事を読めば・・・

・春は何で眠いの?
・眠くならない対策は?

が分かります。

春は何で眠いの?

春が眠い理由は、冬から次第に暖かくなって
身体がリラックスモードになっている為です。

人間は活動モードの時は交感神経が活発で
リラックスモードの時は副交感神経が活発
になります。

冬場も確かに起きづらいですが、温かい布団
から出た途端、外気の冷たさで比較的
シャキッと目が覚めたりします。
これは身体が交感神経優位に切り替わり
臨戦モードになったということです。

これに対し、春になると布団から出ても
外気が暖かいので、この切り替えが
上手く働かない為、目が覚めないと
いうわけです。

気圧の谷の影響もあります。
春になると大陸から「移動性高気圧」
やってきます。そして、その狭間に
「低気圧」もやってきます。
この「低気圧」を「気圧の谷」と言います。

気圧が下がると、血中の酸素濃度が下がり
副交感神経が優位になります。

リラックスモードから
抜けきれないんですね?!

また、春になり昼間の時間が長くなることで
睡眠ホルモンと呼ばれる脳内物質

メラトニンの分泌が少なくなるので
睡眠の質も実はあまり良くありません。

新生活を迎える季節でもあり、慣れない環境
へのストレスから眠りが浅くなる
という側面
もあります。

それらが日中の止まらない欠伸の原因に
なってしまうようです。

眠くならない対策は?

寝具を春物に替える

三寒四温と言うように冬から春への
季節の変わり目は寒くなったり、
暖かくなったり不安定です。

そこで敢えて冬物の寝具ではなく
少し薄手の寝具に切り替えるのがいいです。

その寒暖の刺激ですっきり目覚めることが
出来ると思います。

遮光カーテンを引く

春になると日の出の時刻も早くなります。
その為、太陽の光で半強制的に眠りが浅く
なってしまいます。

遮光カーテンを引くことによって
太陽光を遮ることが出来てしっかり寝れます。

日中、活動的に過ごす

要は疲れて眠りやすくするということです。

仕事でも、運動でもいいので出来るだけ
活動的に過ごして夜は眠気に逆らわず
寝てしまうという方法です。

決まった時間に起きる

決まった時間に起きることで、体内時計
整えることが出来ます。
起きたら必ず朝日を浴びましょう!
それから14~16時間後メラトニン
が分泌される仕組みになっています。

夜も眠り易くなるということです。

起きたら暖かい飲み物を飲む

朝起きて暖かい飲み物を飲むことで
胃や腸が目覚め、交感神経にスイッチが
入ります。

白湯やお茶などがおススメです!

まとめ

春が眠い原因
暖かくなって「交感神経」のスイッチが
入りづらいため

「メラトニン」の分泌が少なく眠りが浅い
「気圧の谷」の影響
新生活のストレスで眠りが浅い

眠くならない対策
寝具を春物に替える
遮光カーテンを引く
日中、活動的に過ごす
決まった時間に起きる
起きたら暖かい飲み物を飲む

いかがでしたか?

春はいい季節なんですけど「眠い」イメージ
がありました。
ちゃんと理由があったんですね!

しっかり対策して春を満喫したいものです。

休日は逆にリラックスモードのまま
うつらうつら過ごすのも体や心を休ませる
のにいいかもしれません。

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする