【副業】会社にバレない金額はいくら?バレない方法は?

どうもカルマです。

今回は副業が会社にバレるとまずい!
という人のために記事を書きます。

最近、副業OKの会社も徐々に増えてきて
いるようですが、いくらそうは言われても
日本の企業風土というものは簡単には
変わらないのが実情ではないでしょうか。

「本業を疎かにしている」というレッテル
を貼られて、会社に居づらくなったり
変な妬みの対象になったりとマイナスに
働く要素は結構ある気がします。

「会社にバレないで済むならバレないに
こしたことはない」といのが大方の本音
だと思います。

その辺の方法についても解説してみます。

この記事を読めば
「確定申告とは?」
「副業が会社にバレるわけは?」
「副業が会社にバレない方法とは?」
が分かります。

確定申告とは?

確定申告とは、翌年の税金支払い額を
決めるために今年の所得税を計算する
手続きのことです。

個人の所得は、1月1日~12月31日まで
の所得金額を申告します。
期間は翌年の2月16日~3月15日までの
1か月間です。

サラリーマンの場合は、年末調整で
この手続きが完了しているため、
確定申告は不要です。

では、会社以外の副業で所得が
あった場合、全部申告しなければ
ならないのか?というとそうではなく
「所得金額が1年間で20万円以上」
の場合、確定申告が必要と決まって
います。

ここで勘違いしがちなのが、
所得≠収益(売り上げ)ではない
ということです。

所得=収益-経費が正解です。

例えば、アフィリエイトで収益がある
場合、独自ドメイン取得費やレンタル
サーバーの契約費などは経費にできる
可能性があります。

現在はわざわざ税務署に足を運ばなくても
ウェブ上で全て手続きを進めることも
出来ます。

副業の所得が20万円以上ある場合は
必ず確定申告は行ってください。

税務署はインターネット上の収益も
全て把握しています。そういう専門の
部署があったりもします。

マイナンバー制度の導入によって
税金逃れや申告漏れは見逃されることが
なくなったと思ってください。

副業が会社にバレるわけは?

副業が会社にバレる理由として一番多い
ケースが、本業と副業の合算された所得に
基づき翌年の「住民税」が計算されること
によって去年とのずれや同じ給与の同僚
とのずれに気づかれることがあります。

就業規則の解雇事由に副業がある場合は
副業がバレると最悪解雇されてしまう
可能性があります。

ただ、法律的には個人の副業は禁止されて
いないので、労働基準局に駆け込めば
解雇は回避できる可能性が高いです。
そのあと会社でどういう扱いを受けるか
までは責任は持てませんが・・・

じゃあ確定申告しない方がいいのか?
というと、しなきゃダメです。

脱税とみなされて会社の方にもその旨が
伝わってしまいます。
脱税は犯罪ですから、解雇事由に
なりますね?!
そうなったら最悪です。

では、どうすればいいのか?は後で説明
します。

次に副業が会社にバレるケースとして多い
のが、自分で言っちゃうパターンです。

副業で儲かったことをついつい同僚に自慢
して会社にチクられるケースです。

お酒の席でつい・・というのが多いよう
ですよ(笑)
気持ちは分かりますが、バレたくなければ
気を緩めちゃダメです。

こっそり稼ぎたいなら口にはチャックです!

ちなみに副業でも会社が終わった後に他の
会社でバイトするケースは確実に会社に
バレます。
例えばファミレスでバイトするとかですね
給与明細が出る時点でアウトです。

では、現金支給の場合はバレないのかと
いうとバレます。
日雇いのバイトなら大丈夫だろうと
思うかもしれませんが事業者はいつ誰に
いくら支払ったかを報告する義務がある為
あなたにお金が支払われたことは税務署
に把握されています。

副業が会社にバレない方法とは?

確定申告しても副業が会社にバレない方法
はあります。

まずは確認をして欲しいのですが、
あなたが住んでいる役所の「住民税担当課」
に電話をして「普通徴収」をやっていいるか
確認してください。

「普通徴収」を受け付けていない市町村も
あるので、その場合は諦めましょう。

その確認が出来たら、確定申告の際に記入
する「第二表」の「自分で納付」にチェック
を入れてください。

デフォルトは「特別徴収」で給与から天引き
です。「自分で納付」にチェックすることで
「普通徴収」となり、自宅に納付書が
送られてきて自分でコンビニなどで支払う
ことが出来るようになります。

つまり、住民税を会社が払う分と自分が払う
分に分割できるということですね?!
これなら会社にバレることはありません。

でも、もう一押し役所に確認の電話を
することが結構大事かもしれません。

電話をして正直に「会社にバレたくないので
普通徴収でお願いします」というだけです。
役所もこれは違法なことではないので、
普通に受け付けてくれます。

なぜ、このような一押しをするかというと
どうしてもミスが起きるからです。
結局、処理するのは人間なので、完璧は
ありません。
この電話をすることでミスを未然に防ぐこと
が出来ます。
タイミング的には確定申告処理の真っ最中の
3月がいいと思います。

まとめ

①副業で年間の所得が20万円以上になったら
確定申告をしなければならない。

②副業でも給与所得の場合は確実にバレます。
日払い現金払いのバイトでも事業者に申告
義務がある為バレます。

③インターネットビジネスなどでの個人所得
の場合は確定申告の際に「自分で納付」に
チェックを入れることで普通徴収扱いと
なり、納付書で支払うことができるように
なります。
これなら会社にバレません。

いかがでしたか?

とにかく副業で20万円以上稼いだら、
確定申告は行いましょう。
会社にバレない方法はあるのでちゃんと
やりましょうね!

無申告で脱税なんてことになると、悪質な
場合は逮捕されることもありますから
忘れないようにしましょう。