過去のトラウマはただの言い訳?!

どうもカルマです。

人はどうしても過去に捉われてしまう
ものです。

過去、失敗したことに再チャレンジするのを
ためらったり・・・

「僕は○○だから、出来るわけがない」
過去の境遇などに原因を求めようとします。

でも、この考え方は思い込みであなた自身で
トラウマ的なモノにしてしまっているだけだ
ということです。

この記事を読めば・・・

・過去のトラウマはただの言い訳?!
・時には自分を甘やかすことも必要です

が分かります。

過去のトラウマはただの言い訳?!

両親が離婚したから、家庭の温かみを
知らない
だから、結婚してもうまくいかない

私は一人っ子だから、人見知りだ
周りとうまくコミュニケーションが取れない

過去に恋人に裏切られたから、もう恋愛は
しない
恋愛しても、どうせまた裏切られる

このように人間は過去の出来事に捉われて
現在の行動をためらったり、出来ないと
思い込んでしまうことがよくあります。

しかし、過去にあった出来事と現在の行動には
なんの因果関係もないし、あると思うのは
単なる思い込みか、出来ないことに対しての
言い訳に過ぎないということです。

上記の例で言えば・・・

結婚してもうまくいかないのは、相手との
関係性の問題であって、両親の離婚は
なんの関係もありません。
相手との関係性を改善する手段は残されている
のに、過去のトラウマのせいにするのは
単なる逃げか言い訳でしかありません。

一人っ子だから人見知りというのも
可笑しな話で、ただ単に人との
コミュニケーションが面倒なだけか
そう思い込んで自分の殻に閉じこもっている
だけとも言えます。

また、過去の失恋を引きずって人間不信に陥る
気持ちは分かりますが、冷静に考えれば
過去の恋人とこれからで出会う人は
なんの関係もないわけで、同じ結果になる方が
不自然だということに気づくはずです。

つまり、過去の出来事をトラウマとして
現在や未来の行動を制限するのはどう考えても
非合理的な考え方だということです。

時には自分を甘やかすことも必要です

しかしながら、全ての事柄を合理的に
考えていくのはキツイものです。

時には過去のトラウマのせいにしても
構わないと思います。

一番大事なのは、あなたの心の持ちようを
前向きに保つことです。

逃げること撤退することも選択肢の一つと
して全然ありです。

但し、トラウマは言い訳なんだよな~
と頭の片隅で意識していればいいと
いうことです。

そして、その時出来ることだけを
少しずつやっていけばいいのです。

例えば・・・

人見知りを一人っ子のせいにしてもいいですが
とりあえず「おはよう」と挨拶することだけ
をやってみるとか・・・

まとめ

①人間は過去の出来事に捉われて
現在の行動をためらったり、出来ないと
思い込んでしまうことがよくあります。

しかし、過去にあった出来事と現在の行動には
なんの因果関係もないし、あると思うのは
単なる思い込みか、出来ないことに対しての
言い訳に過ぎないということです。

時には過去のトラウマのせいにしても
構わないと思います。

一番大事なのは、あなたの心の持ちようを
前向きに保つことです。

いかがでしたか?

行動はあなたの思い込みによっても
起こせなくなってしまうことがあります。

自分でブレーキを踏んでしまうんですね?!

でも、そんなことはあなただけではなく
誰にでもある普通のことです。

失敗したり嫌な思いをするのを好む人は
いません。
その気持ちをしっかり受け止めた上でその時
出来る範囲でベストな選択肢を選べばいいと
思います!

では!

この辺で終わりにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする