【副業】ライターはおススメしないよ!その理由を説明します

どうもカルマです。

副業の一つとして”ライター”の仕事が
あります。

文章を書く仕事に憧れている人は多く
フリーライター”なんて格好いい
響きですよね(笑)

僕もそんな憧れを抱くひとりなんですが
・・・

実情はメリットよりもデメリットの方が
多そうです。

その辺を見ていきましょう!

この記事を読めば
・ライターの仕事とは?
・ライターの仕事をおススメしない理由は?
が分かります。

ライターの仕事とは?

フリーライターなんていうと、
ひと昔前まではスクープ記事を書いて
雑誌社に売りつけるなんてイメージが
ありましたが・・・

インターネットが普及した現代においては
誰もが気軽に出来る副業として人気が
あります。

どの様に仕事を受けるか?というと、
ランサーズクラウドワークスに代表される
クラウドソーシングサービスに無料登録
して、仕事を探す感じになります。

初心者から上級者まで、それぞれのレベル
に応じた案件がありますので、
そういう意味では”誰でも”出来ます。

具体的には↓こんな感じで案件が
ズラズラっと出てきます・・・

報酬形態も文字単価○○円だったり
1記事ごとに○○円とか様々です。

ある程度、テーマが決められているので、
書きやすいと言えば書きやすいかも
しれません。

もし、あなたの仕事内容が気に入って
もらえれば、長期契約を結んでもらえたり
特別単価で仕事が依頼されたりするように
なります。

やりがいはありそうですね?!

ライターの仕事をおススメしない理由は?

なかなかやりがいのありそうな”ライター
の仕事ですが、僕はおススメしません。

一番の理由は、せっかく書いた
あなたの文章が他人の物に
なってしまうからです。

つまり、あなたの文章をあなたの運営する
ブログサイトに投稿すれば、それはあなたの
資産」となって積みあがっていきます。

しかし、記事を売ってしまえば、その時点で
支払われる報酬と引き換えにその記事は
依頼者のものになるということです

そして、その報酬額は大抵格安です。

確かに、ブログサイトに記事を投稿しても
すぐに報酬は発生しません。

サイトが育つまでのタイムラグが
あるためです。

そのため、サイト開設当初は記事を書いても
書いても報酬はゼロなんてことは当たり前
です。

その段階で挫折する人が多い為、
いっそのこと書いたら確実にお金になる
ライター”の方がいい!
と人気が集まるわけです。

でも、ブログ記事を書くのって慣れないと
結構時間もかかるし、大変です。

依頼者の要望にも応えなければなりません。

それだったら、普通にアルバイトした方が
楽に稼げます。

どうしても在宅でしか働けないとか
文章を書くのが楽しくて、それで稼ぎたい
とかなら別ですが・・・。

そもそも文章が書くのが楽しいなら
自分のサイトをコツコツ作った方が
後々大きく稼げる可能性があります。

記事を書く練習になったり、リサーチ能力が
ついたりするかもしれませんが、
それは自分のサイトを作っても同じなので、
あまりコレと言ったメリットが
見当たりません。

やはり資産化」出来ないという大きな
デメリットがありますからね・・・。

また、副業としてお小遣い稼ぎ程度なら
まだしも、物理的にも大きく稼ぐことは
不可能です。

労働型の副業になってしまうので
レバレッジが利かないというのは
痛いですね!

結論としては、クラウドソーシングサービス
は”依頼者”として利用しましょう!
ということです。

あなたのサイトの記事を外注するということ
です。

お金はかかりますが、サイトの成長速度は
早まりますので、収益が出始めたら
外注費に充てるというのは戦略として
アリです。

あなたが頑張っても一日に5記事しか
書けないとしても、外注を使えば、
一日10記事投稿も楽勝で出来ます。

まとめ

ライター”の仕事はランサーズ
クラウドワークスなどで受けられます

報酬は全体的に安いですが、確実にお金に
なります。

②記事を報酬と引き換えに納品するので、
その記事の所有権は失います。

ライター”の仕事の一番のデメリットは
労働型の副業になってしまうのでレバレッジ
が利かない
というところです。

いかがでしたか?

自分の記事が他の人のブログサイトに
載っているのは不思議な感覚です。

純粋に自分の書いた文章がお金に換わると
いうのは嬉しいものです。
試しにやってみるのはいいと思いますよ!

あなたが依頼者側に回った時に
ライター”さんの気持ちが
分かるようになると思うので・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする