【脱サラ】起業してみたけど、収入ゼロの恐怖・・・

どうもカルマです。

今回は、思い切って脱サラして起業してみた
けれど、収入がゼロ・・・
なんてぞっとするような話にならない為の
対策について見ていきます。

この記事を読めば
・脱サラしても守るべき大原則とは?
・起業する際に心がけることは?
・一番おススメの起業方法は?
が分かります。

脱サラしても守るべき大原則とは?

脱サラして起業すれば、
あなたも一国一城の主
社長です。

そこで「俺は社長だ!」と
ふんぞり返っても、誰もあなたに
給料を運んできてはくれません。

サラリーマンを辞めた瞬間から
全て自己責任の厳しい世界に
放り出されたと思った方がいいです。

給料も休日も全て自己責任。

失敗しても誰も助けてはくれない
・・・・。

誰でも成功を夢見て起業するわけですが
10年後には100社中6~7社しか
生き残らない
という数字が厳しい現実
を現しています。

成功する確率は低いかもしれませんが
とりあえず失敗の確率を少しでも
低くする大原則があります。

それは・・・

収入>支出を守るということです。

「そんなの当たり前の話だろ!」
「言われなくても子供でも分かる理屈だ!」
と言われるかもしれませんが、
あえて言いました。

社長になったから生活レベルをすぐ上げる
のではなく、反対に事業に注ぎ込める
資金や時間を捻出するために

捨てなければならないものは捨てる
くらいの覚悟が必要だということです。

家賃15万円のマンションから5万円の
アパートに引っ越す。
テレビや漫画など娯楽につながるものは
置かない。
不要なら自家用車は売却する。

などなど・・・

もし、起業して上手く収益が上がらない
のであれば、固定費をなるべく削る努力が
求められます。

生活レベルを下げてもストイックに
頑張れるひとが成功を掴めるのかも
しれません。

起業する際に心がけることは?

これは初期費用をかけ過ぎない
ということです。

初期費用をかけるということは
マイナス(借金)からのスタートと
いうことです。

初期費用を回収する期間が長ければ
長いほどリスクを背負うことに
なります。

いろいろ拘りたいことはあると
思いますが、そこは背伸びせずに
利益をしっかり取りに行きましょう!

リスクは減らすべきです。

あまり悲観主義的になっても
一歩を踏み出せなくなってしまいますが
最悪の事態も想定しておかないと
いけません。

1年くらいは利益が出なくても
大丈夫なように資金を準備しておく
のがいいと思います。

一番おススメの起業方法は?

脱サラしていきなり起業するのではなく
副業から始めるのがおススメです。

副業で今の仕事の月給と同じくらい
稼げるようになってから起業するのが
ベストです。

初期費用がほとんどかからない副業として
ブログアフィリエイトがおススメです。

ブログやアフィリエイトは積み上げ式の
ビジネス
なので、本業が忙しくて
あまり時間が無い人でもコツコツと
続けることで「資産」になってくれます。

そこからある程度自動で報酬を
生み出せるようになってから起業すれば
収入がゼロになることはありません。

よりあなたがやりたいビジネスに集中
出来るでしょう。

もちろんそのまま副業を本業に切り替える
ことも出来ます。

大事なのは、副業のうちから自分で
お金を生み出す感覚を養うことです。

これが出来るようになれば、多くの人が
捉われている雇われ根性”から
抜け出す
ことが出来ます。

やはりこの考えを捨て去らないと
起業は上手くいきません。

たとえお金を失っても、何度でも復活出来る
と言い切れる知識を身につけること
が成功の
ポイントになってきます。

まとめ

①失敗の確率を減らす大原則として
収入>支出」を守ることが大切です。

②無駄な固定費を削る努力は、惜しむべき
ではありません。

初期費用をなるべく低く抑えることで
失敗のリスクを下げることが出来ます。

④おススメの起業方法は副業から始めて
そこで稼ぐ感覚を身につけてから起業する
方法です。

いかがでしたか?

どれもごくありきたりな考え方ですが
全部重要なものです。

基本と言ってもいいかもしれません。

行動基準というものを定めておかないと
ビジネスはいつまでたっても安定しません。

なにも難しいことはないと思うので
意識してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする